2018 01 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28. »  2018 03

セゾン投信定期積立経過報告

kage

2018/01/27 (Sat)

またまたご報告が遅れてしまいましたが、1月23日(火)はセゾン・バンガード・グローバルバランスファンドの定期積立約定日でした。そこでいつものようにセゾン投信設立時から同一金額の定期積立のみを行っている(=定期積立の増額やスポット買いを一切行っていない)私の運用成績を公開させていただきます。

<ご参考>セゾン投信設立時より定額で定期積立のみを続けた場合の指数
●個別元本 : 9,614円 (先月比27円上昇)
●約定価額 : 14,942円 (先月比181円上昇)
●騰落率 : +55.4% (先月比1.4%改善)


年が明けて2018年一発目の約定価額はご覧のとおり14,942円となったわけですが、その後は為替市場で急速に円高が進行したこともあり、昨日時点の基準価額は14,907円となっております。すなわち今年も「まるで定期積立約定日を狙ったかのように目先の高値を付けやすいというあまり嬉しくないアノマリー(根拠の無い経験則)」が継続していることになりますね。このアノマリーは積み立て期にはデメリット(欠点)に思えますが、取り崩し期に入ると一転して大きなメリット(利点)に変わりますので、もしこのまま永遠に続いてくれるのであれば私たち受益者が受ける影響もイーブン(五分五分)なのだと考えることも可能でしょう。要はそもそも定期積立投資においては約定のタイミングを自分でコントロールすることはできないのですから、そうとでも考えて自分で自分を納得させるしかないということです。とりあえず目先は為替市場で少々の円高が進行したとしても米国株がガンガン史上最高値を更新してくれていますので、今回の約定価額が目先の高値になってしまう可能性は低いのではないでしょうか?週明けの為替動向次第では早々に設定来最高値を更新して、初の基準価額15,000円超えを達成するかも知れませんしね。

ひふみ投信定期積立経過報告

kage

2018/01/20 (Sat)

年が明けても相変わらず遅いご報告となり恐縮ですが、1月15日(月)はひふみ投信の定期積立約定日でした。そこでいつものようにひふみ投信設立時からの同額の定期積立を行っている私の運用成績をご報告させていただきます。なお毎回のご報告に書いているとおり下記運用成績は定期積立の他に猫パンチ投資(スポット購入)2発分を含んだ結果です(猫パンチ投資2発の詳細はこちらで公開しています)。

<ご参考>ひふみ投信定期定額積み立て+猫パンチ投資2発の指数
●取得単価 : 17,218 円 (先月より103 円上昇)
●約定価額 : 53,419 円 (先月より3,117 円上昇)
●騰落率 : +210.3% (先月より16.4%改善)


思い起こせば「祝!ひふみ投信基準価額5万円超え」を書いたのは先月9日のことでした。そしてその3日後には定期積立投資約定日を迎え、50,302円で約定したことを先月の定時報告に書いております。さらに先月21日には私個人の運用成績を示す騰落率がめでたく+200%を超え、「ついに資産3倍増を達成」することができました(この時点の基準価額は51,484円です)。そして今般の約定価額はご覧のとおり53,419円となり、わずか40日あまりで3,345円(率にして6.68%)も上昇した計算になるわけです。このような絶好調ぶりを目の当たりにすると、いくら世界的な株高傾向が継続しているとはいえ、やはり「順調過ぎてかえって怖い」という複雑な心境が生まれてしまうのを禁じ得ません。しかしそんな受益者の不安を吹き飛ばすように昨日時点の基準価額は見事に設定来最高値を更新する53,941円となって週末を迎えており、現時点でひふみ投信の受益者は誰一人として損をしていないというアクティブファンドにとっては理想的な状態です。もとより私はストロングホールド継続でこの上昇が行き着くところまでトコトンお付き合いする覚悟ですが、受益者の中にはいくらなんでもそろそろ売り時では?と悩まれている方も少なからずおられるのではないでしょうか?しかし将来の値動きは誰にも分からない(=神のみぞ知る)が相場の真理である以上、絶好の売り時も結局は後になってみなければ分かりません。それでもあえてどんな時が売り時なのかを申し上げるなら、それは「売りたくなった時」で間違いないでしょう。自分の気持ちに正直に行動した方が、後々どんな結果になったとしても一番納得できるはずですから。

投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2017

kage

2018/01/15 (Mon)

こちらのエントリーで私自身が投票したことをご報告していた「投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2017」の結果が発表されました。そこでいつものようにあまり参考にはならないと思いますが私の投票内容を公表して言い訳をさせていただきたいと思います。なお「投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2017」の投票結果につきましては下記公式サイトをご参照下さい。また発表会当日の模様については実際に参加された投信ブロガーの皆さんによる報告記事をご覧いただくと臨場感を味わえるのではないでしょうか?

投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2017

回を重ねて今回で11回目となった本アワードですが、昨年は記念すべき10周年でありながら投票者数が前年より減ってしまい、先行きに一抹の不安を抱かせる結果になりました。このため個人的には今回の結果発表でランキング以上に投票者数がどうなるのか?に注目しておりました。そして果たしてその結果は?と申しますと、今年から始まったつみたてNISAに対する関心の高まりもあってか一昨年をも上回る大幅増となったようで、まずはホッと一安心といったところです(ちなみに直近3年分の有効総投票者数の推移は以下のとおりです:2015年159名→2016年139名→2017年198名)。投票結果については上の方で公式サイトをご参照くださいと書きましたが、下記記事に掲載されたランキングには純資産総額も併記されており、いろいろな意味で参考になると思いますので、ぜひご覧になってみてください。

投信ブロガーが選んだのは? 1位はRV全世界株・Fund of the Year 2017(QUICK Money World)

現状の仮想通貨投資は非効率?

kage

2018/01/13 (Sat)

今回は昨年12月10日付のエントリー「ビットコインバブル」に引き続き、ビットコインに代表される仮想通貨に関して思うところをつらつらと書き連ねてみたいと思います。タイトルに掲げたとおり、私個人としては現時点における仮想通貨への投資(投機)は極めて効率が悪いと判断しています。ただしその理由は仮想通貨自体の問題(バブルであるとかそもそも価値があるのか?など)ではありません。それではどこに問題があると感じているのか?といえば、株式や為替などの取引と比較してまだ投資環境が全然整っていない点です。その代表例が税制であり、国税庁のサイトに掲載された下記の通達をご覧いただければお分かりのとおり、ビットコインの取引で得た利益の税目は昨年4月1日になってようやく決まったような状況なのです。このように現状においては投資環境の整備が完全に後手後手になっており、投資(投機)で負うリスク以外の部分で思わぬ不利益を被る可能性が否めません。

No.1524 ビットコインを使用することにより利益が生じた場合の課税関係

[平成29年4月1日現在法令等]

 ビットコインは、物品の購入等に使用できるものですが、このビットコインを使用することで生じた利益は、所得税の課税対象となります。

 このビットコインを使用することにより生じる損益(邦貨又は外貨との相対的な関係により認識される損益)は、事業所得等の各種所得の基因となる行為に付随して生じる場合を除き、原則として、雑所得に区分されます。

(所法27、35、36)

確定拠出年金のスイッチングを実施

kage

2018/01/07 (Sun)

タイトルにあるとおり、このところすっかり月末月初の恒例行事となっている個人型確定拠出年金(iDeCo:イデコ)のスイッチングを1月4日(木)に実施いたしましたので謹んでご報告申し上げます。実は今回も昨年の日本株に見られた「1日は高い」というアノマリー(根拠のない経験則)に合わせて昨年末の12月29日(木)(大納会当日)にスイッチングの指図を執行して年明け1月4日(木)(大発会当日)の基準価額で売却注文が約定するように調整するつもりでおりました。しかし年末年始の特別なスケジュールでもあったのか12月28日(水)の朝にスイッチングの指図を出そうとサイトを開いたところ、すでに締切日の欄には年明けの日付が表示されており、否応なく1月4日(木)の指図執行→1月5日(金)の基準価額で売却注文が約定という運びとなったわけです。結果的に年が明けても世界的な株高傾向は継続しているためより高い基準価額で売却でき結果オーライではあったのですが、もしもこの流れがこのまま続くのであれば買い付け注文の約定が1日遅れればより高い基準価額で購入せざるを得なくなりますので、損得勘定はプラスマイナスゼロということになりそうです。ただし現在のような右肩上がりの強気相場が継続している状況では売却から購入までのタイムラグで生じる機会損失(=本来得られていたはずの値上がり益を享受できない)も無視できません。そういう意味では強気相場におけるスイッチングは機会損失も勘案すればマイナス効果の方が大きいとも考えられ、痛し痒しといったところですね。

なお今回のスイッチングも内容自体はこれまでとまったく変わらず、セレブライフ・ストーリー2055を取り崩してiFree 8資産バランスの購入に充てます。引き続き口数は非公開とさせていただきますが、今回もこれまでと同等の「お試し買い」のレベルです。過去のエントリーにたびたび書いているとおり、この「お試し買いレベル」で今後も継続してスイッチングを実施すると仮定すると完全移行まで2年半近くもかかってしまう計算になるのですが(正確にはあと27ヵ月です)、その間にもっと魅力的なスイッチング対象が登場する可能性も大いにありますので、引き続きブログネタ確保の観点からもこのペースを維持するつもりです。

スイッチング

2017年NISA投資顛末記

kage

2018/01/06 (Sat)

遅ればせながら本エントリーが2018年最初の更新となります。本年も引き続きしがないハイリスク投機家の戯れ言にお付き合いいただければ幸いでございます。

このように新年のスタートを飾る節目となるべき本エントリーですが、まずは昨年の積み残しから片付けておきましょう。その積み残しとはタイトルにあるとおり、昨年のNISA投資に関するご報告に他なりません。こちらのエントリーにも書いたとおり、昨年のNISA投資については年末近くまでまったく手付かずのままで来てしまい、最終的に私に残された選択肢は下記の3点に絞られておりました。

1.このまま2017年のNISA投資枠には手を付けない。
2.生活防衛資金を取り崩してNISA投資枠を埋める。
3.残り7営業日の短期売買で使い切る。


それで結局のところ私はどれを選んだのか?と申しますと、ズバリ3の短期売買でありました。ただし皆さんご承知のとおりNISA最大のデメリット(欠点)は確定損失に対する救済措置が一切ないことですので、できれば損切りは避けたいところです。そこで短期売買であっても銘柄選択は「長期で保有してもよいと思える株」という条件で行いました。一般的に短期売買は目先の値動きが激しい銘柄がターゲットとなりますが、長期投資目線で選んだ銘柄はどうしても値動きが悪くなりがちで、正直なところまったく短期売買向きではありません。それでも細かい利食い(=利益確定)を何度も繰り返し、何とか昨年のNISA投資枠120万円を1円たりとも残すことなく、すべて使い切ることができました。

山崎バズーカ第13弾炸裂 後編

kage

2017/12/31 (Sun)

それでは前編に引き続き、後編も放送の一部を文字に起こしてご紹介いたしましょう。後編のテーマも引き続き「今週のキキタイ」で、業界の急激な変化に対応できない日本企業の危機をお伝えします。なお毎度のご注意となり誠に恐縮ですが、以下に掲載する出演者のご発言は私の判断で言い回しを変えておりますので、ご本人の真意とズレてしまっている可能性のあることをあらかじめご承知置きください。

田村淳さん:小売業界では百貨店の売上がドンドン下がっていく中、コンビニがすごく伸びている。この状況は山崎さん、どういう風に捉えればいいんですかね?

山崎さん:百貨店はコストも高いし、値段も下げられない。ただコンビニだけが伸びているわけではなく、ネット通販などもドンドン拡大してきている。一度何かを買って、もう一度同じものを買おうとする時はネット通販でポチッとするのがやはり便利。そういう風にショッピングの形が変わってきているということ。コンビニも相当飽和してきている感じはある。ただ銀行の代わりにコンビニのATMでいいやって流れにドンドンなっている。

田村淳さん:僕もだいたいコンビニでお金おろしますし、振込もコンビニでやりますもんね。

山崎さん:まあ郵便局は大事ですけどね(町田さんに向かって)。

町田さん:銀行業にとってコンビニのATMは大変な脅威。

田村淳さん:そうなんですか?