2017 04 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 06

カテゴリ:セゾン投信 の記事リスト(エントリー順)

セゾン投信定期積立経過報告

kage

2016/11/26 (Sat)

毎度毎度ご報告が遅くなり大変恐縮ですが、11月24日(木)はセゾン・バンガード・グローバルバランスファンドの定期積立約定日でした。そこでいつものようにセゾン投信設立時から同一金額の定期積立のみを行っている(=定期積立の増額やスポット買いを一切行っていない)私の運用成績を公開させていただきます。

<ご参考>セゾン投信設立時より定額で定期積立のみを続けた場合の指数
●個別元本 : 9,270円 (先月比22円上昇)
●約定価額 : 12,735円 (先月比633円上昇)
●騰落率 : +37.4% (先月比6.5%改善)


投資の世界においては往々にしてあることですが、何かをきっかけにしてひとたび流れが変わったとたんに値動きが急に軽くなり、あれよあれよと言う間に高値や安値を更新したりするものです。現在、私たち個人投資家が直面している状況がまさにこれであり、目の前で実際に起きている急速な円安や株高を見て、「今までの価格形成はいったい何だったんだ?」と愚痴のひとつもこぼしたくなりますよね。今回の相場転換のきっかけは言うまでもなく米大統領選挙におけるドナルド・トランプ氏の勝利なのですが、事前にこうなることを予想できた人はかなり少なかったのではないでしょうか?例えトランプ氏の勝利は的中できたとしても、その後に訪れた円安+株高まではなかなか予想困難だったと思いますので。おそらくは多くの人が予想していなかったからこそ、予想外の方向へ動く速度も急になっているという一面もあるのでしょうね。いずれにせよ、このような状況を目の当たりにして改めて痛感させられるのは相場動向を先読みして投資することがいかに困難かという現実です。今にしてみれば今年6月のBrexit(ブレグジット)ショックから今月のトランプ・ショック(結局日本市場限定でしたが)までの間の円高局面が外貨建て資産に投資する絶好のチャンスだったわけですが、いったいどれだけの個人投資家が「今こそチャンスだ!」と判断して積極的に行動を起こせたでしょうか?もちろん将来の値動きは分かりませんので、これから前回を上回る「絶好のチャンス」が訪れる可能性も否定できませんが、そんなことを考えていたらいつまでも行動は起こせないわけで、結局は「相場動向を先読みして投資することがいかに困難か」という認識を強くさせるばかりです。その点積み立て投資は本当に楽ちんですよ。投資タイミングを考える必要はまったくないのですから。投資タイミングを重要視するハイリスク投機家の私が言うのも何なのですが、絶好のタイミングをいくら予想しても的中しないのであれば思い切って考えるのを止めるというのもひとつの合理的な解答といえるのではないでしょうか?

セゾン投信定期積立経過報告

kage

2016/10/22 (Sat)

昨日はセゾン・バンガード・グローバルバランスファンドの定期積立約定日でした。そこでいつものようにセゾン投信設立時から同一金額の定期積立のみを行っている(=定期積立の増額やスポット買いを一切行っていない)私の運用成績を公開させていただきます。

<ご参考>セゾン投信設立時より定額で定期積立のみを続けた場合の指数
●個別元本 : 9,248円 (先月比20円上昇)
●約定価額 : 12,102円 (先月比203円上昇)
●騰落率 : +30.9% (先月比2.0%改善)


私と共にセゾン号に乗船して長期投資の航海を続けておられる受益者の皆さまなら先刻ご承知のとおり、セゾン・バンガード・グローバルバランスファンドは外貨建て資産の組入比率が著しく高いため基準価額の動向は為替相場の影響を強く受けてしまいます。ちなみに最新の月報によると9月末時点の日本円建て資産の割合は、国内株式4.0%+国内債券7.7%+短期金融資産等(いわゆるキャッシュポジション)1.0%=12.7%ですので、ここから逆算した外貨建て資産の割合は100%-12.7%=87.3%でした。さらに言えば、この外貨建て資産の約57%が米ドル建てであるという現実にも留意しておかなければなりません。実際に最新の月報を確認してみますと、9月末時点の米ドル建て資産の割合は米国株式27.0%+米国債券23.7%=50.7%なっており、全体でも半分以上を占めていることが分かります。ですから今月の約定価額が3ヵ月ぶりに12,000円台を回復したのも、私個人の運用成績を示す騰落率が+30%を回復したのも、ひとえに為替市場でドル円が先月よりドル高円安方向に振れてくれたお陰と考えてもあながち的外れではないでしょう。時価総額比率で世界分散投資を行うと(加えて新興国債券を投資対象から外すと)どうしても米国偏重投資にならざるを得ず、分散投資という名の下で米国に集中投資をしているというおかしな状況になってしまうのは悩ましいですね。ちなみにGDP比率の世界経済インデックスファンドの最新の月報によると全体に占める米国の割合は29.15%になっており、分散効果の観点ではこちらの方が優れているように思えますね。ただし分散効果の優位が直ちに運用成績の優位につながらないところが投資の難しいところでもあります。いずれにせよ外貨建て資産に投資している以上は、一か八かの為替取引を同時に行っているという自覚も必要なのかも知れません。実際に私の実感では為替の先行きだけは全然読めませんので。

セゾン投信定期積立経過報告

kage

2016/09/24 (Sat)

昨日はセゾン・バンガード・グローバルバランスファンドの定期積立約定日でした。そこでいつものようにセゾン投信設立時から同一金額の定期積立のみを行っている(=定期積立の増額やスポット買いを一切行っていない)私の運用成績を公開させていただきます。

<ご参考>セゾン投信設立時より定額で定期積立のみを続けた場合の指数
●個別元本 : 9,228円 (先月比18円上昇)
●約定価額 : 11,899円 (先月比16円上昇)
●騰落率 : +28.9% (先月比0.1%悪化)


世界中の市場関係者や投資家が注目していた日米中央銀行の金融政策決定会合がとりあえず無事に通過し、幸いにもマーケットに大きな波乱をもたらすことはありませんでした。具体的には日本銀行の金融政策決定会合では過去の政策に対する総括的検証が行われ、金利操作の対象を長期にも拡大することや購入するETFをこれまでの日経平均型重視からTOPIX型重視に変更することなどが決まりました。市場はこの決定を好感して一気に株高+円安が進んだのですが、翌日の米FOMCで追加利上げが見送られたことで為替市場では逆にドル安(=円高)が進行し、私たち日本の個人投資家にとってはプラス面とマイナス面が相殺し合って結果的に「大きな波乱なし」という状況に落ち着いたように思えます。これを受けて今月の約定価額は先月からほぼ変わらない11,899円となりました。なお約定価額が先月より上昇しているのに騰落率(=私個人の運用成績)が下落しているのは個別元本の上昇率より約定価額の上昇率が低いために起こる数字のマジックです。個人的には今回の日銀金融政策決定会合はゼロ回答(=現状維持)で株価急落もあり得ると覚悟していたのですが、そこはさすがにサプライズ演出がお上手な黒田さん(日銀総裁)だけのことはあり良い意味で私の予想を裏切ってくれました。しかし安堵と共に私の脳裏に浮かんだのは「山崎バズーカ第三弾炸裂」でご紹介した経済評論家・山崎元さんのコメント“(黒田日銀総裁のような責任ある立場の人は)「いついつまでにいくらになります」と断言しなければならない。その情報を市場が真に受けてくれないと政策の効果が出ない。そういう意味では絶えず新しく信用してもらえるような嘘をつき続けなければならない。”でした。今回は幸いにも市場は日銀の決定を好感してくれましたが、いずれ信用を失って足元を見られるようなことにならなければいいが、と余計な心配をしております。

セゾン投信が個人型確定拠出年金に参入

kage

2016/09/08 (Thu)

すでに何人かの投信ブロガーが記事にしておられますが、セゾン投信が楽天証券と組んで個人型確定拠出年金に参入するとのこと。ちなみに私はこの第一報をファイナンシャル・ジャーナリスト竹川美奈子さんの下記のツイートで知りました。


セゾン投信定期積立経過報告

kage

2016/08/27 (Sat)

今月もまたご報告が大変遅れてしまいましたが、8月23日(火)はセゾン・バンガード・グローバルバランスファンドの定期積立約定日でした。そこでいつものようにセゾン投信設立時から同一金額の定期積立のみを行っている(=定期積立の増額やスポット買いを一切行っていない)私の運用成績を公開させていただきます。

<ご参考>セゾン投信設立時より定額で定期積立のみを続けた場合の指数
●個別元本 : 9,210円 (先月比19円上昇)
●約定価額 : 11,883円 (先月比560円下落)
●騰落率 : +29.0% (先月比6.4%悪化)


先月の定時報告では英国のEU離脱(Brexit)ショックの影響が予想外に限定的であったことに安堵していたのですが、今月は英国のEU離脱(Brexit)ショックが再燃したわけでもないのに約定価額が先月より560円も下落してしまいました。実際には悪材料どころか米国株の代表的な指数であるダウ平均株価やS&P500指数が再度史上最高値を超え、ハイテク株中心のNASDAQ総合指数も遂に2000年のITバブル時の高値を超えて史上最高値を更新するという歴史的快挙を達成したのに、なぜこんなことになったのでしょうか?おそらくその「主犯」は為替であると思われます。ご承知のとおりセゾン・バンガード・グローバルバランスファンドは外貨建て資産の組み入れ比率が極めて高く(8月の月報によると円建て資産の割合はわずが12.4%に過ぎません)、為替の影響を強く受けるという特徴があります。その為替がこの1ヵ月間で急速に円高に傾いたため(ドル円は1ドル=106円半ばから一時100円割れまで、ユーロ円では1ユーロ=118円から一時113円割れまで)、基準価額の低迷を余儀なくされたのでしょう。この為替市場における円高トレンドを転換させるきっかけになると思われるのは米国の中央銀行に相当するFRBが追加利上げに踏み切ることですが、それはそれで株価下落の要因にもなりかねませんので私たち受益者にとっても「痛し痒し」といったところですね。だからこそ「基準価額の先行きなど自分には読めない」と潔く認めて、淡々と積み立て投資を継続するしかなさそうです。

セゾン投信定期積立経過報告

kage

2016/07/24 (Sun)

今月もまたご報告が大変遅れてしまいましたが、7月21日(木)はセゾン・バンガード・グローバルバランスファンドの定期積立約定日でした。そこでいつものようにセゾン投信設立時から同一金額の定期積立のみを行っている(=定期積立の増額やスポット買いを一切行っていない)私の運用成績を公開させていただきます。

<ご参考>セゾン投信設立時より定額で定期積立のみを続けた場合の指数
●個別元本 : 9,191円 (先月比22円上昇)
●約定価額 : 12,443円 (先月比470円上昇)
●騰落率 : +35.4% (先月比4.8%改善)


先月の定時報告はちょうど英国のEU離脱(Brexit)ショック直後だったこともあり、私自身も「基準価額11,000円割れ(=騰落率+20%割れ)も覚悟しておくべきなのかも知れません」と弱気な一文を書いておりました。ところが皆さんご承知のとおり、その後の現実は少々違っていました。これは「事実は小説よりも奇なり」とでも表現すべきでしょうか、英国のEU離脱(Brexit)ショックが世界経済に与えた影響は今のところ限定的であり、セゾン・バンガード・グローバルバランスファンドの基準価額も6月28日の11,458円が目先の底になった形で結局11,000円割れはなかったのです。それどころかその後は史上最高値を更新し続ける米国株に下支えされる形で7月13日に12,000円を回復し、今月の約定価額はご覧のとおり先月より470円高い12,443円となりました。もっともこれは「とりあえず目先の緊急事態は回避できた」という状況に過ぎません。何故なら前回のエントリーにも書いたとおり英国のEU離脱交渉はこれからが本番ですし、11月には米国の大統領選挙も控えているのですから。私たち個人投資家としてもその結果次第ではまだ一波乱も二波乱もあると今から覚悟をしておくべきなのでしょう。

セゾン投信定期積立経過報告

kage

2016/06/25 (Sat)

前回のエントリーにも書いたとおり、まさかまさかの英国EU離脱で悠長に混乱前のご報告をするような雰囲気ではなくなってしまいました。しかし毎月の定時報告は自分で自分に課した決め事ですので、市場が混乱したからといって勝手に中止するわけにもいきません。そこで今月の定時報告もいつものフレーズで始めさせていただきます。今回もご報告が大変遅くなってしまいましたが、6月22日(水)はセゾン・バンガード・グローバルバランスファンドの定期積立約定日でした。そこでいつものようにセゾン投信設立時から同一金額の定期積立のみを行っている(=定期積立の増額やスポット買いを一切行っていない)私の運用成績を公開させていただきます。

<ご参考>セゾン投信設立時より定額で定期積立のみを続けた場合の指数
●個別元本 : 9,169円 (先月比19円上昇)
●約定価額 : 11,973円 (先月比343円下落)
●騰落率 : +30.6% (先月比4.0%悪化)


先月の定時報告で私は「これからは長期投資家といえども世界経済という名のジェットコースターに乗っている自覚を持ってシートベルトの再確認をしておくべきなのかも知れませんね」と書いておりましたが、まさかわずか1ヵ月後にこのような形(=英国のEU離脱)でジェットコースター級の恐怖を味わうことになろうとは夢にも思っていませんでした。まさに相場の世界は「一寸先は闇」ですね。このように世界市場が大混乱に陥っているのに混乱前の騰落率(=私個人の運用成績)をご報告しても空しいだけですから、一応昨日金曜日(6月24日)の基準価額11,565円で再計算しておくと+26.1%になります。だたし昨日の大混乱が基準価額に反映されるのは週明けになってからですので、基準価額11,000円割れ(=騰落率+20%割れ)も覚悟しておくべきなのかも知れません。一般的に今回の英国EU離脱のように例え確率は低くても事前に想定されていた「最悪のシナリオ」は、ひとたび現実になってしまえば市場に一時的な大混乱をもたらした後でいわゆる「悪材料出尽くし」となることが珍しくないのですが、何しろEU加盟国の離脱は創設以来初めてのことであり、英国分裂の可能性(=残留派が多かったスコットランドの独立運動が再燃)も急浮上しているため、まだまだ予断を許さない状況が続くものと考えておくべきなのだろうと思います。多くの市場関係者が指摘しているとおり、市場が何よりも嫌うのは悪材料ではなく不透明さ(=何が起きるのか分からない)なのですから。