2017 04 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 06

カテゴリ:資産運用 の記事リスト(エントリー順)

外貨建保険

kage

2017/02/05 (Sun)

先日、ある知人からこんな相談を受けました。「妻が知り合いの保険外交員から外資の生命保険を勧められたのだがどう思う?」と。「外資の生命保険」と聞いて私はテレビCMなどでおなじみのカタカナ系社名の保険会社を思い浮かべたのですが、話を聞いてみるとどうやら違うようです。それでは日本ではなく海外で営業している保険会社との直接契約を指すのか?と思ったらそれも違うようでした。そして詳しい事情を聞く内に判明したのが今回のタイトルに掲げた「外貨建保険」、すなわち外貨建ての生命保険だったというわけです。そもそも私は生命保険に対する関心が薄く、外貨建ての生命保険の仕組みについても詳しくは知らなかったのですが、いろいろと問題が指摘されていることだけは風の噂で聞いていました。そこで私はその知人に対して即座に「止めておけ」と答えました。その理由として私が説明した主旨はおおむね以下のとおりです。「リスクを覚悟して為替差益を狙うこと自体は否定しない。かく言う私自身も積極的に為替リスクを取っている。しかしそれを生命保険で行う必要はまったくない。為替リスクを負う覚悟があるのなら他にもっと良い方法がたくさんある。」万が一の事態に備える生命保険ではあらかじめ必要な保障額を計算して契約するはずなのに、為替レート次第で実際の受け取り額が変わってくるのでは生命保険本来の役割が果たせません。さらには保険料を運用するのは保険会社の仕事なのですから、保険会社が為替リスクを負って上手に運用してくれればいいわけで、そのリスクを契約者に押し付けるのはいかがなものか?とも思います。契約者はただでさえ高い手数料を支払っているのですから、もし私なら外貨建保険を勧める保険外交員に対して「為替リスクはそちらで負ってよ。あなた方は運用のプロなんでしょ?」と言ったでしょう。

リスクとリターン

kage

2017/02/04 (Sat)

今回のタイトルに掲げたリスクとリターンは、投資の世界に足を踏み入れた方なら誰でも頻繁に耳にすることになる単語です。分かりやすい例を挙げるなら、「高いリスクを取れば一攫千金も夢ではないが反対に大損する可能性も高まる(=ハイリスク・ハイリターン)」や「リスクを抑えれば大損する可能性を低減できるが反対に大儲けには期待できない(=ローリスク・ローリターン)」などがあります。このようにリスクとリターンは基本的に正比例の関係にあると考えてよいでしょう。ちなみにリスクは一般的には「危険性」という意味合いで捉えられますが、投資におけるリスクは損をする危険性を指すのではなく、想定リターンから上下に乖離する幅の大きさを指します。この振れ幅は時計の振り子やメトロノームと同じように、取ったリスクの大きさに応じて左右に(投資では上下に)同じだけ振れるものなのです。すなわち、高いリスクを取れば取るほどリターンの予測は困難になるわけで、そこが投資の難しいところであり醍醐味でもあるのかも知れませんね。「将来の値動きは誰にも分からない」が相場の真理である以上、自分が取ったリスクがどれほどのリターンをもたらすのか?についても結局のところは終わってみなければ分かりません。しかし一方で過去の実績を検証することは誰にでも簡単にできます。「過去の実績は将来を保障しない」という相場の真理もありますので、過去を振り返ってみても意味はないと思われるかも知れませんが、結果的にその投資対象は優れていたのか?(=自分の選択は正しかったのか?)を知ることは決して無駄にはならないでしょう。そこで今回は過去のリスクとリターンを視覚的に分かりやすく確認できる資料をぜひご紹介させてください。

投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2016

kage

2017/01/17 (Tue)

こちらのエントリーで私自身が投票したことをご報告していた「投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2016」の結果が発表されました。そこでいつものようにあまり参考にはならないと思いますが私の投票内容を公表して言い訳をさせていただきたいと思います。なお「投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2016」の投票結果につきましては下記公式サイトをご参照下さい(このエントリーを書いている時点ではまだ掲載されていませんが近日中に更新されるはずです)。また発表会当日の模様については実際に参加された投信ブロガーの皆さんがすでに記事にされておりますので、そちらをご覧いただくと臨場感を味わえると思います。

投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2016

皆さんの記事を拝読しますと、ランキングが発表される前に金融庁の森信親長官からのメッセージが読み上げられ、会場は大いに盛り上がったようですね。何の後ろ楯もない個人の投信ブロガーによる手作りのアワードに対して金融庁長官からメッセージが届くとは、私も驚愕しました。メッセージの全文は上記リンク先に掲載されていますが、日本に真っ当な投資を根付かせたいという思いがヒシヒシと伝わってきます。ただ根っからの天の邪鬼である私はどうしても言葉の裏を読もうとしてしまいます。少子高齢化の急速な進行で経済成長が期待できない日本にとって個人の金融資産1,700兆円は最後の希望であること。日本経済はもはや大企業が牽引できなくなっており、新たな成長の種を育てることが急務であること。しかし我が国にはかつてのライブドア事件のように出る杭を抜いて叩き潰す悪弊があり、江戸時代から続く「お金を働かせるのは卑しいことだ」という考え方も根強く残っています。ギリシャも真っ青な巨額の借金を抱え、誰もが将来の社会保障に不安を感じているこの国において、この1,700兆円が動くかどうかで私たち国民一人ひとりの将来も大きく左右されることになるのでしょう。もちろんリスクを取ることが必ずしも正解とは限りませんが、リスクを取って成長の種をまかなければ明るい未来像は描けません。もしかすると金融庁は国民のためではなく国の将来を考えて1,700兆円を動かそうとしているのかも知れませんが、経済成長と国民生活は表裏一体の関係ですから本音などどうでもいいのです。少なくとも金融庁が本気で国民の意識改革に取り組もうとしていることだけは今回のメッセージでハッキリと分かりました。

今年のNISA投資を終了

kage

2016/12/28 (Wed)

ご報告が一日遅れてしまいましたが、昨日(12月27日)をもって今年のNISA投資を終了いたしましたので謹んでご報告させていただきます。過去のエントリーでもご報告したとおり、今年のNISA投資については銘柄選択を丸投げするために一貫してひふみプラスを選んできました。しかし株価が暴落して「今こそNISA投資のチャンスだ!」と判断し、実際に行動に移せたのは結局5回のみでした。今年のNISA投資において私は毎回金10万円也でひふみプラスを買い付けてきましたので、結果的に120万円の枠の内50万円分しか消化できず、70万円分の枠を残したまま昨日を迎えた次第です。ご承知のとおり、昨日は今年のNISA投資枠が使える最後の日でした。これは昨日が12月度権利付最終売買日だったためで、昨日までに株式を買えば受渡日が3営業日後の12月30日(この日は東京証券取引所で年内最後の売買が行われるいわゆる「大納会」当日です)となるのです。反対に今日12月28日に買った株の受渡日は3営業日後の1月4日(この日は東京証券取引所で新年最初の売買が行われるいわゆる「大発会」当日です)となるため、残念ながら今年のNISA枠はもう使えません。ですから私がNISA口座を開設しているSBI証券のサイトで口座管理のページを開いてみても、そこに表記されているNISA投資可能枠は来年2017年のものだけで、今年2016年の表記は跡形もなく消え去っておりました。ご承知のとおり現在は「トランプ・ラリー」がもたらした世界的な株高+ドル高の恩恵で投資環境は一気に好転しております。しかし裏を返せばこの状況は追加投資を考えるタイミングとしては「最悪」とも思えるわけで、私も一度は「70万円のNISA投資枠はこのまま放棄しよう」と考えました。

三度目の資産倍増回復

kage

2016/12/18 (Sun)

本エントリーは2つ前のエントリーで触れていた「別のブログネタ」です。ちなみに今回のタイトルに掲げた「三度目の資産倍増回復」の対象は私の運用資産全体ではありません(もしそうならどんなに嬉しかったことでしょう)。執筆のためにSBI証券のサイト閲覧が必要だったという点からお察しのとおり、昨日月次のご報告をしたひふみ投信でもありません。それではいったい何を指しているのか?と申しますと、当ブログで時々ネタとして活用させていただいているSBI証券で放置し続けているインデックスファンド群の中のeMAXIS全世界株式インデックスとSMTグローバル株式インデックス・オープンでありました。これらのインデックスファンドは長らく買い増しも売却も行わず、ずっと放置を続けています。それがアベノミクスがもたらした円安の恩恵を受けて資産倍増(=騰落率+100%超え)を達成したのは2014年11月のことでした。それをネタにしたエントリーが「インデックスファンドで資産倍増を達成」です。しかし2015年の夏頃に為替が円高方向に振れ1ドル=120円を割り込んだあたりで資産倍増ラインをあっさり下回ってしまいました。そしてその後ドル円が再び1ドル=120円を回復したことで再度資産倍増ラインを回復したことをネタにしたのが2015年10月に書いた「ようやく資産倍増回復」です。しかしその後はドル円が何度も1ドル=100円ラインを割り込むという外貨建て投資にとっては「冬の時代」を迎え、両ファンドの騰落率は+60%を割り込む寸前の水準にまで低下しました。もちろん+60%でも十分にありがたいのですが、過去に何度も資産倍増ラインを超えた記憶がどうしても脳裏を離れず冷静かつ客観的な判断ができなくなるもので、当ブログでも両ファンドの話題はあれ以来登場しておりません。ところが今般の「トランプ・ラリー」による世界的な株高+ドル高の恩恵を受けあれよあれよと言う間に騰落率が改善し、約1年2ヵ月ぶりに資産倍増ラインを回復したのですから本当に投資における目先の値動きは読めないものだと痛感させられます。

マイ確定拠出年金リターンランキング

kage

2016/12/10 (Sat)

実は今朝起床するまでは別のブログネタを考えていたのですが、執筆のために必要なSBI証券のサイト閲覧が臨時システムメンテナンス作業のため不可能となっていたため急遽ネタを差し替えたのが本エントリーです。過去のエントリーをご覧いただければお分かりのとおり、私の確定拠出年金口座もSBI証券なのですが運用元が別会社(SBIベネフィット・システムズ)であるため、こちらのサイトはアクセス可能だったもので。ということは同じSBI証券でも確定拠出年金用のサイトの方が利便性が高いのか?と思われるかも知れませんが、実体は全く逆なのです。具体的には確定拠出年金用サイトの閲覧可能時間は月曜日~土曜日(祝祭日を含む)が6:00~23:59で、日曜日が13:00~23:59となっており、思った以上に利用が制限されてしまうのです。これに対してSBI証券のサイトの方は、毎週末にメンテナンスを行っていた以前と比べると現在は閲覧不可時間が格段に少なくなっていますので。もっとも確定拠出年金はその名が示すとおり最速でも60歳までは受け取りができない年金ですので、毎日損益率を確認して一喜一憂するのも不毛ですから、これくらいの制限がある方がかえって好都合なのかも知れませんね。とはいえSBI証券の確定拠出年金口座のサイトは閲覧可能時間が限定されていることは紛れもない事実ですので、これから口座開設を検討される方は一応頭の片隅に留めておいてください。

SBI証券個人型確定拠出年金プランのラインナップがさらに充実

kage

2016/12/04 (Sun)

ブログネタとしてはすっかり出遅れて新鮮味が薄れてしまいましたが、11月29日(火)よりSBI証券 確定拠出年金積立プラン(個人型401K)に新規取り扱いファンド6本が加わり、そのラインナップがさらに充実しました。

安定運用が魅力の「ベタイン」と、「eMAXIS 最適化バランス」シリーズ5本の取扱いを開始!

なお今回新たに取り扱いを開始したファンド6本の内訳は下記のとおりです。

国際債券

・SBIボンド-SBI-PIMCOジャパン・ベターインカム・ファンド(愛称:ベタイン)【SBIボンド・インベストメント・マネジメント】
 信託報酬(税込):0.572%程度

バランス

・eMAXIS 最適化バランス(マイゴールキーパー)【三菱UFJ国際投信】
 信託報酬(税込):0.54%
・eMAXIS 最適化バランス(マイディフェンダー)【三菱UFJ国際投信】
 信託報酬(税込):0.54%
・eMAXIS 最適化バランス(マイミッドフィルダー)【三菱UFJ国際投信】
 信託報酬(税込):0.54%
・eMAXIS 最適化バランス(マイフォワード)【三菱UFJ国際投信】
 信託報酬(税込):0.54%
・eMAXIS 最適化バランス(マイストライカー)【三菱UFJ国際投信】
 信託報酬(税込):0.54%