2018 06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2018 08

カテゴリ:資産運用 の記事リスト(エントリー順)

投資信託格付けチェック(2017年版)

kage

2018/03/04 (Sun)

本エントリーは昨年2月12日に書いた「投資信託格付けチェック」の改訂版です。ですから基本的な内容は1年前と変わりはありません。タイトルは相変わらずお正月の人気テレビ番組のパクリですし、チェック項目も引き続きリスクとリターンのたった2つのみです。また比較対象も投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2017のランキングからピックアップさせていただきました。変わった点はランキングの変化に伴う選択ファンドの一部入れ替えと、格付けチェックを現時点の最新データで行ったことです。なお昨年同様にチェックに用いる元データは過去3年間のものを使いますので、設定から3年未満のファンドは残念ながら対象外となります。また今回も海外ETFは対象外とさせていただきました。さらに12位のひふみプラスも6位のひふみ投信と同じマザーファンドで運用されるため、比較対象から除外しました。ここで念のためになぜ過去3年のデータで格付けチェックを行うのかをご説明しておきましょう。それは過去1年では相場環境があまりにも好調過ぎてファンドの実力が判定できず、過去5年ではアベノミクス開始による株高・円安の恩恵が成績に下駄を履かせる格好になるためです。本当ならリーマンショックの影響を加味した過去10年のデータで比較したいのですが、それではピックアップできるファンドがほどんどなくなってしまいこの企画自体が成立しません。そこで消去法的に過去3年が残るわけですが、この期間に起きたチャイナショックやブレグジットによる市場混乱がファンドの成績に少なからず影響を及ぼしているため、実力判定にふさわしいと考えました。ただ実際にこの条件で対象ファンドを選出してみると、今年は昨年以上に対象外が多く、最終的に同率24位まで掘り下げなければ合計10以上になりませんでした。ちなみに同率24位で対象になったファンドが3つあったため、結局今回の比較対象は11ファンドとなっております。それではその栄えある(?)格付けチェック出場者の顔ぶれをご覧ください。

確定拠出年金のスイッチングを実施

kage

2018/03/03 (Sat)

タイトルにあるとおり、このところすっかり月末月初の恒例行事となっている個人型確定拠出年金(iDeCo:イデコ)のスイッチングを2月28日(水)に実施いたしましたので謹んでご報告申し上げます。この日付からお分かりのとおり、今回も昨年来の日本株に見られた「1日は高い」というアノマリー(根拠のない経験則)に合わせて3月1日(木)に売却注文が約定するように指図を出しました。しかしながら結果的に今回は久しぶりにこのアノマリーが成立せず、連続記録も20回連続(20連勝)でついに途切れたのです。株価が下落したこともあってか為替も円高方向に振れたため、今回の売却はタイミングとしては完全に失敗となってしまいました。とはいえ今は先月から始まった相場大混乱の渦中にいるわけですから、売買のタイミングが吉と出るか凶と出るかは文字通りおみくじのようなものであり、運を天に任せるしかありません。思えば前回は相場が大混乱に陥る前に売却して大混乱後に購入するという理想的なスイッチングができたわけですから、今回がもし裏目に出たとしても「合わせてチャラ」ということで無理矢理にでも納得することにしましょう。それに購入のタイミングが吉と出るか凶と出るかは実際に約定してみなければわかりませんしね。来週の米国株がいわゆる二番底を探る展開となり、思わぬ安値で買えてラッキー!というケースだって十分に想定できますので。

なお今回のスイッチングも内容自体はこれまでとまったく変わらず、セレブライフ・ストーリー2055を取り崩してiFree 8資産バランスの購入に充てます(こちらのエントリーに書いていたひふみ年金への資金移動は熟慮の末、今回は見送りとしました)。引き続き口数は非公開とさせていただきますが、今回もこれまでと同等の「お試し買い」のレベルです。過去のエントリーにたびたび書いているとおり、この「お試し買いレベル」で今後も継続してスイッチングを実施すると仮定すると完全移行まで約2年もかかってしまう計算になるのですが(正確にはあと25ヵ月です)、その間にもっと魅力的なスイッチング対象が登場する可能性も大いにありますので、引き続きブログネタ確保の観点からもこのペースを維持するつもりです。

スイッチング

こんな時だから相場格言に学ぼう

kage

2018/02/10 (Sat)

今週は個人投資家にとって、まさに激動の一週間となりましたね。これには普段目先の相場動向に一喜一憂しない冷静な長期投資家も大いに翻弄されたのではないでしょうか?かく言う私はハイリスク投機家を自認するだけあって、とても冷静でいられるはずもありません。実際に今朝もニューヨーク株式市場の動向が気になって夜中に目が覚め、大暴落に落胆してふて寝したところ、朝になってみればまさかまさかのプラス転換にビックリと、目先の相場動向に大いに一喜一憂させられております。このように今回の大波乱の震源地となったニューヨーク株式市場がいまだに乱高下を繰り返していますので、私たち個人投資家としてもまだしばらくは市場の混乱が続くと覚悟しておくべきなのかも知れません。そこで今回は先人が残した相場格言を紐解き、その教訓とは何か?を学び直してみましょう。相場が好調な時はなかなか教訓に聞く耳を持てないものですが、相場が大混乱となった今であれば素直に耳を傾けることができると思いますので。それでは早速始めることにしましょう。今般の米国株大暴落を見て、最初に私の脳裏に浮かんだのがこれです。

登り百日、下げ十日

確定拠出年金のスイッチングを実施

kage

2018/02/03 (Sat)

タイトルにあるとおり、このところすっかり月末月初の恒例行事となっている個人型確定拠出年金(iDeCo:イデコ)のスイッチングを1月31日(水)に実施いたしましたので謹んでご報告申し上げます。この日付からお分かりのとおり、今回も昨年来の日本株に見られた「1日は高い」というアノマリー(根拠のない経験則)に合わせて2月1日(木)に売却注文が約定するように指図を出しました。結果的に今回も「1日は高い」というアノマリーは生きており、株高に合わせて為替も円安ドル高方向に振れてくれたため、思惑通り高く売ることができました。ちなみに月初高はこれで20回連続(20連勝)とのことで、昨年来どころか一昨年から続いているのですね。ある相場解説によるとその要因の一つは個人投資家の積立投資買付が1日に設定されているケースが多く、それを狙ったヘッジファンドが買いを入れるためだとか。その真偽は定かではありませんが「1日は高い」というアノマリーが20回連続で成立していることは紛れもない事実なのですから、積立投資の買付日を1日に設定されている皆さんは変更を検討された方がいいのかも知れませんね。逆に売却をされる際には私のように1日を狙い撃ちする手法をぜひご検討ください。

なお今回のスイッチングも内容自体はこれまでとまったく変わらず、セレブライフ・ストーリー2055を取り崩してiFree 8資産バランスの購入に充てます。引き続き口数は非公開とさせていただきますが、今回もこれまでと同等の「お試し買い」のレベルです。過去のエントリーにたびたび書いているとおり、この「お試し買いレベル」で今後も継続してスイッチングを実施すると仮定すると完全移行まで2年以上もかかってしまう計算になるのですが(正確にはあと26ヵ月です)、その間にもっと魅力的なスイッチング対象が登場する可能性も大いにありますので、引き続きブログネタ確保の観点からもこのペースを維持するつもりです。

スイッチング

投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2017

kage

2018/01/15 (Mon)

こちらのエントリーで私自身が投票したことをご報告していた「投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2017」の結果が発表されました。そこでいつものようにあまり参考にはならないと思いますが私の投票内容を公表して言い訳をさせていただきたいと思います。なお「投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2017」の投票結果につきましては下記公式サイトをご参照下さい。また発表会当日の模様については実際に参加された投信ブロガーの皆さんによる報告記事をご覧いただくと臨場感を味わえるのではないでしょうか?

投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2017

回を重ねて今回で11回目となった本アワードですが、昨年は記念すべき10周年でありながら投票者数が前年より減ってしまい、先行きに一抹の不安を抱かせる結果になりました。このため個人的には今回の結果発表でランキング以上に投票者数がどうなるのか?に注目しておりました。そして果たしてその結果は?と申しますと、今年から始まったつみたてNISAに対する関心の高まりもあってか一昨年をも上回る大幅増となったようで、まずはホッと一安心といったところです(ちなみに直近3年分の有効総投票者数の推移は以下のとおりです:2015年159名→2016年139名→2017年198名)。投票結果については上の方で公式サイトをご参照くださいと書きましたが、下記記事に掲載されたランキングには純資産総額も併記されており、いろいろな意味で参考になると思いますので、ぜひご覧になってみてください。

投信ブロガーが選んだのは? 1位はRV全世界株・Fund of the Year 2017(QUICK Money World)

現状の仮想通貨投資は非効率?

kage

2018/01/13 (Sat)

今回は昨年12月10日付のエントリー「ビットコインバブル」に引き続き、ビットコインに代表される仮想通貨に関して思うところをつらつらと書き連ねてみたいと思います。タイトルに掲げたとおり、私個人としては現時点における仮想通貨への投資(投機)は極めて効率が悪いと判断しています。ただしその理由は仮想通貨自体の問題(バブルであるとかそもそも価値があるのか?など)ではありません。それではどこに問題があると感じているのか?といえば、株式や為替などの取引と比較してまだ投資環境が全然整っていない点です。その代表例が税制であり、国税庁のサイトに掲載された下記の通達をご覧いただければお分かりのとおり、ビットコインの取引で得た利益の税目は昨年4月1日になってようやく決まったような状況なのです。このように現状においては投資環境の整備が完全に後手後手になっており、投資(投機)で負うリスク以外の部分で思わぬ不利益を被る可能性が否めません。

No.1524 ビットコインを使用することにより利益が生じた場合の課税関係

[平成29年4月1日現在法令等]

 ビットコインは、物品の購入等に使用できるものですが、このビットコインを使用することで生じた利益は、所得税の課税対象となります。

 このビットコインを使用することにより生じる損益(邦貨又は外貨との相対的な関係により認識される損益)は、事業所得等の各種所得の基因となる行為に付随して生じる場合を除き、原則として、雑所得に区分されます。

(所法27、35、36)

確定拠出年金のスイッチングを実施

kage

2018/01/07 (Sun)

タイトルにあるとおり、このところすっかり月末月初の恒例行事となっている個人型確定拠出年金(iDeCo:イデコ)のスイッチングを1月4日(木)に実施いたしましたので謹んでご報告申し上げます。実は今回も昨年の日本株に見られた「1日は高い」というアノマリー(根拠のない経験則)に合わせて昨年末の12月29日(木)(大納会当日)にスイッチングの指図を執行して年明け1月4日(木)(大発会当日)の基準価額で売却注文が約定するように調整するつもりでおりました。しかし年末年始の特別なスケジュールでもあったのか12月28日(水)の朝にスイッチングの指図を出そうとサイトを開いたところ、すでに締切日の欄には年明けの日付が表示されており、否応なく1月4日(木)の指図執行→1月5日(金)の基準価額で売却注文が約定という運びとなったわけです。結果的に年が明けても世界的な株高傾向は継続しているためより高い基準価額で売却でき結果オーライではあったのですが、もしもこの流れがこのまま続くのであれば買い付け注文の約定が1日遅れればより高い基準価額で購入せざるを得なくなりますので、損得勘定はプラスマイナスゼロということになりそうです。ただし現在のような右肩上がりの強気相場が継続している状況では売却から購入までのタイムラグで生じる機会損失(=本来得られていたはずの値上がり益を享受できない)も無視できません。そういう意味では強気相場におけるスイッチングは機会損失も勘案すればマイナス効果の方が大きいとも考えられ、痛し痒しといったところですね。

なお今回のスイッチングも内容自体はこれまでとまったく変わらず、セレブライフ・ストーリー2055を取り崩してiFree 8資産バランスの購入に充てます。引き続き口数は非公開とさせていただきますが、今回もこれまでと同等の「お試し買い」のレベルです。過去のエントリーにたびたび書いているとおり、この「お試し買いレベル」で今後も継続してスイッチングを実施すると仮定すると完全移行まで2年半近くもかかってしまう計算になるのですが(正確にはあと27ヵ月です)、その間にもっと魅力的なスイッチング対象が登場する可能性も大いにありますので、引き続きブログネタ確保の観点からもこのペースを維持するつもりです。

スイッチング