2017 04 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 06

カテゴリ:ひふみ投信 の記事リスト(エントリー順)

ひふみ投信定期積立経過報告

kage

2017/01/14 (Sat)

昨日はひふみ投信の定期積立約定日でした。そこでいつものようにひふみ投信設立時からの同額の定期積立を行っている私の運用成績をご報告させていただきます。なお毎回のご報告に書いているとおり下記運用成績は定期積立の他に猫パンチ投資(スポット購入)2発分を含んだ結果です(猫パンチ投資2発の詳細はこちらで公開しています)。

<ご参考>ひふみ投信定期定額積み立て+猫パンチ投資2発の指数
●取得単価 : 16,048円 (先月より90円上昇)
●約定価額 : 36,615円 (先月より1,996円上昇)
●騰落率 : +128.2% (先月より11.3%改善)


今月の定時報告は久しぶりに約定日の翌日に更新ができ、冒頭に「今月もまたご報告が大幅に遅れてしまいましたが」などと言い訳を書き加えずに済みました。もっともこれは私が新年を迎えて心機一転ブログ更新にやる気を出したからではなく、約定日がたまたま金曜日になったというカレンダーの巡り合わせが最大の理由なのですが(週末土曜日ならブログを更新するために多くの時間を割けますので)。ただしこの曜日配列は月次報告にとって良いことばかりではありません。何故なら以前にも何度か触れたとおり、ひふみ投信を運用するレオス・キャピタルワークス株式会社のシステム上の理由で金曜日に約定した取引の明細発行が翌営業日(今回なら週明け月曜日の1月16日)となるからです。このため昨日の取引に関して現在判明しているのは約定価額だけで、取得単価と騰落率は自力で計算しました。もし週明け月曜日に発行される取引明細と違いがあった場合は、後でこっそり修正しておきます。前置きが長くなってしまいましたが、ひふみ投信の基準価額は新年早々連日で設定来高値を更新する好調ぶりで、私個人の運用成績を示す騰落率も先月から一気に11.3%も改善しました。ただし米国のトランプ新大統領就任式を来週に控えて期待先行気味の「トランプラリー」はいったん終了の気配もあり、ここからがアクティブ運用の真価が問われる正念場になるのかも知れませんね。果たして来月の定時報告にどのような内容を書くことになるのか?楽しみと不安が相半ばする心地です。

ひふみ投信定期積立経過報告

kage

2016/12/17 (Sat)

今月もまたご報告が大幅に遅れてしまいましたが、12月12日(月)はひふみ投信の定期積立約定日でした。そこでいつものようにひふみ投信設立時からの同額の定期積立を行っている私の運用成績をご報告させていただきます。なお毎回のご報告に書いているとおり下記運用成績は定期積立の他に猫パンチ投資(スポット購入)2発分を含んだ結果です(猫パンチ投資2発の詳細はこちらで公開しています)。

<ご参考>ひふみ投信定期定額積み立て+猫パンチ投資2発の指数
●取得単価 : 15,958円 (先月より86円上昇)
●約定価額 : 34,619円 (先月より950円上昇)
●騰落率 : +116.9% (先月より4.8%改善)


先月の定時報告を書いたのは全世界が注目していた米大統領選挙の結果が判明してから1週間後のことでしたが、事前に予想されていた「トランプ・ショック」に襲われたのは結局日本の市場だけであり、翌日の日本株が「逆トランプ・ショック」により大幅高になったことを驚きと共に記しています。皆さんすでにご承知のとおりこの予想外の動きは現在進行形であり、「トランプ・ラリー」と称される明確なトレンドとなりました。この明確なトレンド転換によりほんの数ヵ月前までは「夢のまた夢」とも思えたダウ平均株価2万ドル・日経平均株価2万円・1ドル=120円などが完全に射程圏内に入っています。この「トランプ・ラリー」は多くの方々が想像するとおり期待先行型で、現在の世界的な株高+ドル高は少々速度違反(=期待を過度に織り込んでいる)気味なのかも知れません。しかしいずれ現実が期待に追い付く可能性も決してゼロではありませんし、さらには現実が期待を上回りアベノミクスならぬトランプノミクスによる大相場が到来する可能性だって完全には否定できないでしょう。そう考えると投資における売買タイミングの判断は本当に難しく思えてきます。特に現在のように明確なトレンド転換で相場が大きく動いている時には。実際にトランプ・ショックの翌日に株価が急騰する中27,469円で約定して「高値掴みになった」と大いに落胆していたひふみプラスの基準価額は昨日時点で28,578円になっていますし。こんな時こそ投資タイミングを一切考えない積み立て投資を検討する良い機会なのかも知れませんね。

ひふみ投信定期積立経過報告

kage

2016/11/19 (Sat)

今月もご報告が大幅に遅れてしまいましたが、11月14日(月)はひふみ投信の定期積立約定日でした。そこでいつものようにひふみ投信設立時からの同額の定期積立を行っている私の運用成績をご報告させていただきます。なお毎回のご報告に書いているとおり下記運用成績は定期積立の他に猫パンチ投資(スポット購入)2発分を含んだ結果です(猫パンチ投資2発の詳細はこちらで公開しています)。

<ご参考>ひふみ投信定期定額積み立て+猫パンチ投資2発の指数
●取得単価 : 15,872円 (先月より85円上昇)
●約定価額 : 33,669円 (先月より327円上昇)
●騰落率 : +112.1% (先月より0.9%改善)


先月の定時報告から今日までの間で起きた大きな出来事といえば、言わずと知れた米大統領選挙でしょう。その結果についてはすでに皆さんご承知のとおり、事前の予想を覆して不動産王ドナルド・トランプ氏の勝利となりました。さらにその直後にもうひとつ事前の予想を覆す出来事が起こりました。それはトランプ氏の勝利が世界経済に衝撃を与えるいわゆる「トランプ・ショック」に襲われたのが日本の市場だけだったことです。その後の結果についてはこれまた皆さんご承知のとおり、米国株は大幅高になり為替市場でもドル高円安が急速に進行しました。このように予想外の出来事が立て続けに起きるのを見せつけられると、「将来を予想して投資するのは本当に難しい」と痛感させられますね。今回の事例では実際に私も「トランプ・ショック」で日本株が大暴落したのを見て「今年のNISA投資 第五弾発動」を決断したところ、予想外の米国株高+円安進行を受けて翌日の日本株が前日の大暴落分を取り戻す大暴騰となり、思い切り高値で掴んでしまいましたので。このように先月の約定日から今日までは波瀾万丈の期間であったのですが、結果的に私個人の運用成績を示す騰落率はご覧のとおり先月比でわずかに改善(=ほぼ横ばい)となっており、一見するとこの1ヵ月間がまるで無風状態であったようにも思えてしまいますね。

ひふみシスターズ・コンプリート

kage

2016/10/29 (Sat)

今回のタイトルに掲げた「ひふみシスターズ」とは、レオス・キャピタルワークスが運用する「ひふみ」の名称を冠する姉妹ファンドを指す愛称です。これまでは長女がひふみ投信で次女にひふみプラスが続いておりました。ところが今般、少子高齢化が急速に進行する日本では珍しく新たに三女が誕生したのです。この歳の離れた妹とは、こちらのエントリーでもご紹介したひふみ年金に他なりません。ご承知のとおり私はひふみ投信の設定時から今日までコツコツと積み立て投資を継続しており、ファンドに対する思い入れも浅からぬものがあります。ですから長女のひふみ投信のみならず、次女のひふみプラスにも投資対象を拡大しておりました。そこに突然三女誕生のニュースが飛び込んできたわけですが、これはもう心情的に聞き流すことはできません。俄然私のコレクター心理に火が付き、こちらのエントリーでご報告したとおりSBI証券で取り扱いが始まった今月14日にスイッチングによる購入の指図(発注)を済ませました。その一連の手続きが今週になってようやく完了し、ご覧のとおりSBI証券 確定拠出年金積立プラン(個人型401K)の口座明細にひふみ年金の名前が現れ(保有額は非公開とさせていただきますが、金曜日時点の基準価額は10,293円で私個人の損益率は+0.9%です)、めでたく「ひふみシスターズ・コンプリート」を達成することができました。

ひふみ年金

ひふみ投信定期積立経過報告

kage

2016/10/17 (Mon)

今月もまたご報告が遅くなってしまいましたが、10月13日(木)はひふみ投信の定期積立約定日でした。そこでいつものようにひふみ投信設立時からの同額の定期積立を行っている私の運用成績をご報告させていただきます。なお毎回のご報告に書いているとおり下記運用成績は定期積立の他に猫パンチ投資(スポット購入)2発分を含んだ結果です(猫パンチ投資2発の詳細はこちらで公開しています)。

<ご参考>ひふみ投信定期定額積み立て+猫パンチ投資2発の指数
●取得単価 : 15,787円 (先月より93円上昇)
●約定価額 : 33,342円 (先月より1,985円上昇)
●騰落率 : +111.2% (先月より11.4%改善)


今月1日付のエントリー「祝!ひふみ投信8周年」で私は“ここに来てひふみ投信が得意とする中小型新興銘柄が俄然息を吹き返してきた感があり、私たち受益者が待ちわびていた「ひふみ投信のターン」がようやく到来したようにも見えます”と書きました。今月の定期積み立て投資約定日もまだその流れが継続していたようで、ご覧のとおり約定価額は先月より2千円近く高い33,342円となりました。これにより先月の約定日時点ではあっけなく資産倍増ライン(+100%)を割り込んでいた騰落率(私個人の運用成績)も、一気に+111%を超えるまでに回復しております。先月までの大逆風が今月は一転して追い風に変わった理由は、皆さんご承知のとおり9月の日銀金融政策決定会合において行われた金融政策の見直しでETF購入の対象を従来の日経平均株価連動型中心からTOPIX連動型中心に変更することが決まったためです。この結果、ひふみ投信が得意とする中・小型株にも俄然追い風が吹いてきたというわけですね。思えば先月までの大逆風の要因も7月の日銀金融政策決定会合においてETF購入金額の積み増しが決まったことでしたので、 英国のEU離脱決定(Brexit)以降の日本株は日銀の金融政策に翻弄されているような印象を持ちます。

祝!ひふみ投信8周年

kage

2016/10/01 (Sat)

本日10月1日は8年前(2008年)にひふみ投信が設定された(=運用を開始した)記念日であります。私は運用開始と同時に猫パンチ投資(スポット購入)を繰り出していますので(詳細はこちらをご参照ください)、私自身のひふみ投信投資歴も今日で満8年+1日となりました。そこでご参考までに昨日金曜日(9月30日、この日はひふみ投信第8期決算日でもありました)時点の騰落率(=私個人の運用成績)をご紹介しておきましょう。

<ご参考>ひふみ投信定期定額積み立て+猫パンチ投資2発の指数
●取得単価 : 15,694円 (9月12日と変わらず)
●基準価額 : 33,072円 (9月12日より1,715円上昇)
●騰落率 : +110.7% (9月12日より10.9%改善)


ちなみに上記にある9月12日とは先月の定期積み立て投資約定日です。この頃まではまだ日銀のETF購入額積み増しをきっかけにした日経平均株価優位の状況が続いておりましたので、ひふみ投信は苦戦を余儀なくされていました。しかしここに来てひふみ投信が得意とする中小型新興銘柄が俄然息を吹き返してきた感があり、私たち受益者が待ちわびていた「ひふみ投信のターン」がようやく到来したようにも見えます。これにより9月30日時点の基準価額は33,000円を超え、騰落率(=私個人の運用成績)も資産倍増水準(=+100%)を回復することができました。上記にあるとおりこの成績には猫パンチ投資(スポット購入)2発を含んでいますが、運用開始から満8年を経過した今にしてみればその影響などほとんど誤差の範囲でしょう。つまりこの数値はひふみ投信の設定以来、何も考えずにひたすらコツコツ積み立て投資を継続しただけで投資資金が2倍以上に増えたことを示しているわけです。これは嘘でも幻でもない現実であり、本当に凄いことだと思います。アクティブファンドの多くがインデックスファンドに勝てないことは紛れもない事実ですが、ひふみ投信がこの8年間で達成した功績(=私の大切な資産を2倍以上に増やしてくれた)についてはインデックス投資家の皆さんにも冷静かつ適正に評価していただきたいものですね。

ひふみ投信定期積立経過報告

kage

2016/09/18 (Sun)

ご報告が大変遅くなってしまいましたが、9月12日(月)はひふみ投信の定期積立約定日でした。そこでいつものようにひふみ投信設立時からの同額の定期積立を行っている私の運用成績をご報告させていただきます。なお毎回のご報告に書いているとおり下記運用成績は定期積立の他に猫パンチ投資(スポット購入)2発分を含んだ結果です(猫パンチ投資2発の詳細はこちらで公開しています)。

<ご参考>ひふみ投信定期定額積み立て+猫パンチ投資2発の指数
●取得単価 : 15,694円 (先月より81円上昇)
●約定価額 : 31,357円 (先月より678円下落)
●騰落率 : +99.8% (先月より5.4%悪化)


前回の日銀金融政策決定会合(7月28・29日)でETF購入額積み増しが決まって以降の日本株投資は以前に増して難解になってきているように思えます。もちろんこれはしがないハイリスク投機家に過ぎない私の個人的な印象に過ぎませんが。先月の定時報告を書いた8月20日時点の日本株は日銀のETF購入額積み増しに対する思惑が相場を下支えして為替市場で円高が進行しても日経平均株価は底堅いという不思議な相場環境になっていました。しかしそのような日銀の神通力がいつまでも続くわけもなく、9月5日を目先のピークにして直近は下落トレンドに転じています。この間ひふみ投信が得意とする中小型・新興銘柄は、日経平均株価が底堅い場面では完全に置いてけぼりを食らい、日経平均株価が下落トレンドに転じてからは律儀にお付き合いをするという状況で、結果的にひふみ投信の苦戦は今月も続くことになりました。これにより私個人の運用成績を示す騰落率はご覧のとおりあえなく資産倍増水準(=+100%)を割り込んでしまいました。ちなみに先週末時点の基準価額31,372円で計算した騰落率は99.9%ですから、定期積立約定日の成績とほとんど変わりはありません。