2017 06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 08

ひふみ投信定期積立経過報告

kage

2012/12/13 (Thu)

昨日はひふみ投信の定期積立約定日でした。そこでいつものようにひふみ投信設立時からの同額の定期積立を行っている私の運用成績をご報告させていただきます。なお毎回のご報告に書いているとおり下記運用成績は定期積立の他に猫パンチ投資(スポット購入)2発分を含んだ結果です。

<ご参考>ひふみ投信定期定額積み立て+猫パンチ投資2発の指数
●取得単価 : 11,752円 (先月より38円上昇)
●約定価額 : 14,119円 (先月より558円上昇)
●騰落率 : +20.1% (先月より4.3%改善)


先月の約定日(11月12日)以降のひふみ投信の基準価額は、2日後(11月14日)の13,522円を目先の底として上昇に転じ、11月29日にはついに14,000円を突破しました。その後一時的に13,000円台に転落したもののまたすぐに14,000円台を回復し、今回の約条価額は先月より558円も高い14,119円となりました。ちなみに本日の基準価額はさらに上がって14,132円となり、設定来最高値を更新しています。つまり先月の定期積立は、結果的に絶好の押し目買いとなったわけですね。

ここ数年の日本株は良くも悪くも為替次第という傾向が顕著です。すなわち円高になれば下がり、円安になれば上がるという分かりやすい値動きになっています。論より証拠で最近の為替(ドル/円)と日経平均株価の動向を確認してみましょう。下記チャートはいつものようにYahoo!ファイナンスからお借りしてきました。まずはドル/円の3ヵ月チャートをご覧ください。

ドル/円

それでは次に日経平均株価の3ヵ月チャートをご覧ください。

日経平均株価

ご覧のとおり、どちらも11月14日を境に急激に動き出していることが分かります。この日に何があったのかといえば、国会の党首討論で野田総理が衆議院の解散に言及したのです。これに自民党の安倍総裁が日銀に強力な金融緩和を求める発言が加わり、ドル円は一気に円安トレンドが鮮明になりました。これに引きずられるように日経平均株価もわずか1ヵ月あまりで1,000円も値上がりしています。

先月の定時報告でも触れたように、このような日本株急騰場面をひふみ投信は苦手にしています。冒頭の説明だけを読むとひふみ投信のこのところの運用成績は絶好調のように思えるかも知れませんが実態は違います。下記のチャートをご覧いただければ一目瞭然ですが、過去1ヵ月のひふみ投信の運用成績はさわかみファンドにもTOPIXにも惨敗しています。

20121213_1m

赤:ひふみ投信
青:さわかみファンド
緑:TOPIX


ちなみに先月の定時報告でも言及したセゾン資産形成の達人ファンドにも負けています。

20121213_1m_b

赤:ひふみ投信
青:セゾン資産形成の達人ファンド
緑:TOPIX


過去の総選挙でも投票までは改革の期待が高まり株価が上がり、投票が終わると期待がしぼんで株価も下がるというアノマリー(根拠のない経験則)があるそうです。今回も同じような動きになるとしたら、投票日前後でどう動くかが各ファンドマネージャーの腕の見せ所となりそうですね。

(Sponsored Link)

ひふみ投信



関連記事

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック