2017 05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 07

久しぶりの完全黒字化

kage

2012/12/07 (Fri)

今朝、米国株の終値を確認しよとSBI証券のサイトにログインしたところ、保有投信が久しぶりに完全黒字化していることに気付きました。

SBI20121207

実はトータルではずいぶん以前から黒字化していたのですが、eMAXIS新興国株式インデックスだけがなかなか赤字から抜け出せずにいました。それが昨日の基準価額が大幅高したおかげでようやく黒字に浮上してくれたため、久しぶりの完全黒字化達成となった次第です。これもこのところの円安+株高+債券高の追い風のおかげですね。

SBI証券の保有投信には、以前は時々猫パンチ投資(=1回金1万円也の小規模追加投資)を繰り出していたのですが、最近ではすっかりそれもなくなり、完全に放置状態になっています。そういう意味では、積み立て投資とタイミング投資の比較事例になっているのではないかと思います。本当なら同じ投信で定期定額積み立てと完全タイミング投資(あるいは一括投資)の比較ができればいいのですが、私の事例ではそれは不可能ですので、似たような運用方針のセゾン・バンガード・グローバルバランスファンドと世界経済インデックスファンドを比較してみたいと思います。

下記はいつものようにYahoo!ファイナンスからお借りしてきた比較チャートで、上が過去1年、下が過去2年です。

20121207_1y

20121207_2y

赤:セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド
青:世界経済インデックスファンド


ご覧のとおり、過去1年では世界経済インデックスファンドが勝ち、過去2年ではセゾン・バンガード・グローバルバランスファンドが勝っていますが、この間はおおむね似たような運用成績であったと判断できると思います。セゾン・バンガード・グローバルバランスファンドを定期定時積み立てを行った際の運用成績については以前もご紹介したようにセゾン投信のサイトで確認できます。

SAISON2012207

ご覧のとおり、比較対象の中では過去3年間積み立てを継続した時の運用成績が+6.75%で最も高くなっています。これに対して冒頭でご紹介した私の世界経済インデックスファンドの運用成績は+8.63%であり、投資タイミングが結果的に良かったという判断ができると思います。私はリスクを取って良いまとまった投資資金が手元にある時は一括投資すべきであるという考えを持っていますので(詳しくは「積み立て投資は損か得か」をご参照ください)、この結果をニヤニヤしながら眺めています。加えて世界経済が依然として混迷している現状においてこの成績であれば、問題が解決した後にはいったいどのくらいの運用成績が期待できるのか?と思わず取らぬ狸の皮算用をしたくなる気持ちを抑えきれずにおります。

(Sponsored Link)



関連記事

この記事へのコメント

kage

資産が少ないですね

資産配分や投資方法はご自由にどうぞ
という感じですが、資産と呼べるほどは投資されていませんね。
この程度の金額なら、何に投資しても別にどうでもよさそうです。

Posted at 18:45:39 2015/02/22 by つっきー

この記事へのコメント

kage

つっきーさん

2年以上前のエントリーにわざわざコメントをいただきありがとうございます。

そもそも私はインデックス投資家ではありませんのでこれらのインデックスファンドはほとんどブログネタ用に保有している感覚です。実際にその後もこれらをネタにいくつものエントリーが生まれていますので。ですから総投資額は少なくても私にとっては大切な存在です。

Posted at 19:40:58 2015/02/22 by おやじダンサー

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック