2017 09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 11

分配回数でコストに差が付かないことが問題なのです

kage

2012/11/08 (Thu)

という趣旨のエントリーを5年前に書いたことをふと思い出しました。

マネックス資産設計ファンドに感じる小さな疑問(2007-10-21)

売りたい商品に販促費を投入して「お得」に見せる手法は投資信託に限らず多くの業界で一般的ですので、この状況を頭から否定することはできません。しかしそこに「歪み」が生じていることもまた事実です。販促費を投入するのであればもっと分かりやすいキャンペーンなどを活用して欲しいと個人的には思っています。

<<ブログランキング参加中>> にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ 人気ブログランキング FC2ブログランキング
関連記事

この記事へのコメント

kage

私のエントリーと似てたので

小さな疑問であるのに差が付かないことが問題とは矛盾していないでしょうか?
差がつかないほど小さな問題なので、コストに差がないと思うのですが。
「お得」に見せる手法と本件も関係ないかと。

Posted at 13:05:49 2012/11/08 by 毎月分配型なら-のりたま

この記事へのコメント

kage

毎月分配型なら-のりたまさん

コメントありがとうございます。

現在の信託報酬は「すべて込み込みで1%でいいよ」というイメージです。実際に決算や分配にかかったコストを明らかにして堂々と請求してもらう方が顧客のためになるというのが私の考えです。

Posted at 20:08:25 2012/11/08 by おやじダンサー

この記事へのコメント

kage

今回の件は、恐らく、差をつけるほどの差がないのだと思うところなのですが、
確かに全て開示して明細にしてもらった方が納得はいくものですよね。

ありがとうございました。

Posted at 10:28:55 2012/11/09 by 毎月分配型なら-のりたま

この記事へのコメント

kage

毎月分配型なら-のりたまさん

「今の信託報酬で十分に儲かっているので毎月分配のコストくらいオマケしてあげよう」である可能性だってありますよね?しかし「すべて込み込み」である限り真相は闇の中です。

Posted at 20:24:28 2012/11/09 by おやじダンサー

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック