2017 09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 11

ひふみ投信第4期決算

kage

2012/11/04 (Sun)

もうすぐひふみ投信4周年でも触れたとおり、ひふみ投信は10月1日で設定4周年を迎えました。ひふみ投信にとって10月1日は設定記念日であると同時に決算日でもありした。ちなみに本来の決算日は9月30日なのですが、今年は日曜日だったため設定記念日=決算日となったわけです。なお第4期の運用報告書はひふみ投信の公式サイトに10月31日付で掲載されており、ファンド購入者に限らず誰でも閲覧可能です。

第4期 運用報告書(注意:クリックするとPDFファイルが開きます)

ひふみ投信の全組入銘柄については通常はファンド購入者向け限定の月報(ひふみのあゆみ)で公開されており、誰でも閲覧可能な簡易版の月報では組入上位10銘柄しか確認できません。しかしこの運用報告書には10月1日時点の全組入銘柄が記載されています。ですからこの運用報告書は、ひふみ投信に関心はあるがまだ購入には至っていない方にも大いに参考になると思います。

思い起こせば3年前の第1期決算の時に書いた「ひふみ投信の運用報告書が届きました」ではひふみ投信とさわかみファンドのコスト比較をしておりました。そこでご参考までに今回も比べてみることにしました。なお、さわかみファンドの数値は2012年8月23日決算の第13期運用報告書(注意:クリックするとPDFファイルが開きます)に記載されていたものです。

項目ひふみ投信さわかみ投信
(a)信託報酬
 (投信会社)
 (販売会社)
 (受託銀行)
132円
(60)
(61)
(11)
111円
(61)
(39)
(11)
(b)売買委託手数料
 (株式)
44円
(44)
1円
(1)
(c)保管費用等1円
 合計177円112円

この数値はいずれも1万口当たりの実績ですので、基準価額の異なる投信の間で絶対額を比較しても意味はありません。それぞれの期末の基準価額で計算したザックリとしたイメージでは、ひふみ投信の実際のコストは177円÷13,415円=1.32%、さわかみファンドの実際のコストは112円÷10,200円=1.10%となります。なお、ひふみ投信の方にだけ存在する保管費用等は監査費用等と説明されていました。

コストの絶対額は比較できませんが、こうしてコストの内容を並べてみるとそれぞれの特徴が見えてきます。一番大きな違いは3年前と同様に「(b)売買委託手数料」の差です。すなわち、さわかみファンドの運用方針は相変わらずBuy&Holdであり、ひふみ投信は組入銘柄や株式保有比率を臨機応変に動かしていることが分かります。次に大きな差があるのは「(a)信託報酬」の中の「販売会社」の部分ですね。ご承知のとおり、ひふみ投信もさわかみファンドも直販が中心ですので、信託報酬の中身を投信会社と販売会社に分けることにあまり意味はありません。個人的にはこの差が生まれた要因は純資産額の差、すなわちスケールメリットの差であると考えています。さわかみファンドとひふみ投信の純資産額の差はまだ2桁もありますが(11月2日時点の純資産額はさわかみファンドが205,943百万円、ひふみ投信が2,794百万円です)、この差が縮小するに従ってひふみ投信の運用も効率的になり、信託報酬の差も縮小するのではないかと期待しております。もっとも、それぞれの決算期間を通じてひふみ投信の基準価額がさわかみファンドを大きく上回っていたことを考えると、トータルではすでにさわかみファンドより効率的な運営ができていると考えることもできます。それぞれの期末の基準価額を基に信託報酬率を算出してみると、さわかみファンドは111円÷10,200円=1.088%、ひふみ投信は132円÷13,415円=0.984%となりますので。

今回のコスト比較で改めて感じたことは、アクティブファンドに関してはコストをかけてもそれを上回る結果を出してくれれば顧客としては文句はないということです。基準価額が上がれば運用元に入る信託報酬の絶対額も上がりますので、これにより顧客と運用元がWin&Winの関係になることがファンド運営の理想であるといえます。ひふみ投信にはぜひ第5期もこの好循環を追求していただきたいと私も顧客の一人として大いに期待しております。

ひふみ投信



関連記事

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック

kage

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ひふみ投信 第4期運用報告書が出ました。
私も投資している「ひふみ投信」の第4期の運用報告書が開示されました。(ひふみ投信 第4期運用報告書)11月3日には運用するレオス・キャピタルワークスにおいて運用報告会が開 ...

2012.11.04 (Sun) | レバレッジ投資実践日記