2017 08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 10

都合がよいサンプルを選んだデータに騙されるな

kage

2012/03/24 (Sat)

本エントリーは相互リンクさせていただいている吊られた男の投資ブログ (一般人の投資生活)の「都合がよい期間を選んだデータに騙されるな」に触発されて書いています。

「5年前に100万円を投資する」という条件で日本国債が優れたパフォーマンスを残したことは事実です。誰もこの事実を覆すことはできません。しかしながら日本国債を選択することがベストであったか?と問われれば、もちろんそんなことはありません。日本国債より高いパフォーマンスを残したアセットクラスはおそらくたくさんあるはずです。その候補として私の脳裏にすぐに浮かんで来たのは当ブログでも頻繁に取り上げている金(Gold)です。ご承知のとおり金(Gold)の価格は、過去5年どころか10年間でもほぼ右肩上がりで値上がりを続けています。ただし金(Gold)の取引は米ドル建てが基本ですのでドル円相場が絡んできます。もし5年前に100万円を金(Gold)に投資していたら、実際にはどうなっていたのでしょうか?

<<ブログランキング参加中>> にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ 人気ブログランキング FC2ブログランキング
下記のチャートは貴金属販売でおなじみの田中貴金属工業株式会社のサイトよりお借りしてきた過去5年間の金価格推移です。左側の赤い文字が円/グラムで、右側の青い文字が米ドル/トロイオンスになっています。

GOLD5年チャート

ご覧のとおり円建ての金価格はリーマンショック時に一度大きく下落していますが、それ以外はほぼ右肩上がりで値上がりを続けています。グラフ左端の2007年1月時点の田中貴金属平均小売価格は2,473円/グラムで、グラフ右端の2012年2月時点は4,434円/グラムとなっていますので、単純計算で1.79倍になっています。つまり5年前に金(Gold)に100万円を投資していたら、現在では179万円になっている計算になります。国が巨額の借金を抱えて暴落の噂もある日本国債に投資するより、人類史上一度も価値を失ったことがない金(Gold)に投資した方が有利だったという結果になりますね。

公表されるデータには往々にして意図的な工作や取捨選択が行われているものです。それは自分が会議やプレゼンで使用するデータを作るケースを考えれば分かりやすいと思います。何かをアピールしたいという前提でデータを作成しますよね?公表されているデータは作成者が見せたいものを見せているのだという前提で、まずは疑ってかかるべきなのかも知れませんね。



関連記事

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック