2017 09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 11

投資信託定期売却サービスの注意点

kage

2012/03/15 (Thu)

明日よりSBI証券が投資信託定期売却サービスを開始します。

(プレスリリース)投資信託定期売却サービス開始のお知らせ

私の記憶が正しければ、投資信託定期売却サービスの先駆者は独立系投信「ありがとう投信」のライフサポートサービス(定期売却サービス)でした。改めて確認してみたところ、当ブログで初めてライフサポートサービスをご紹介したのは今から5年近く前の下記のエントリーでした。

海外株式投信評価額(2007.06.15現在)

以来私は「定期売却サービス」の信奉者となり、以下のエントリーでその必要性について訴え続けて参りました。

毎月分配は絶対悪か?(2009-09-09)
定期売却サービスに関するメモ(2009-12-17)
続・あえて毎月分配型投資信託を擁護してみる(2011-01-06)
もしネット証券4社が液晶テレビを販売したら(2011-06-30)

ですから今般のSBI証券の決断には心から敬意を表すると共に、微力ながら「定期売却サービス」の周知をお手伝いしたいと考えています。その皮切りとして本エントリーでは「投資信託定期売却サービスの注意点」について触れてみたいと思います。その注意点を一言で表現するとすれば下記のとおりとなります。

定期分配≠定期売却

定期分配と定期売却は行う内容は似通っているのですが、制度上(特に税制上)の扱いはまったく別物ですので注意が必要です。その違いを簡単にまとめると下記のようになります。

定期分配定期売却
個別元本<基準価額(利益有り)税目配当所得株式等の譲渡所得
損益通算
個別元本>基準価額(損失有り)税目なし(非課税)株式等の譲渡所得
損益通算不可

ご覧のとおり両者の一番の相違点は税目です。具体的には定期分配は個別株の配当と同じ扱いで、定期売却は個別株の売却と同じ扱いとなります。ただし両者とも利益への税率は10%(2013年末に証券優遇税制が期限切れになった後は20%)で、株式や投資信託の売却損との損益通算も可能ですので利益がある場合は現実的には大きな違いはありません。大きな相違点が生じるのは損失がある場合です。

損失を抱えた状態で出される分配金は「特別分配金」と呼ばれ、元本を払い戻してもらうという扱いで課税されません。非課税ですから損益通算をしたくてもできません。特別分配金が支払われると個別元本がその分だけ減少しますが抱えた含み損はそのままです。このあたりの仕組みについては以前「特別分配金の罠」で触れていますのでよろしければご参照ください。これに対して定期売却では損失確定(いわゆる損切り)を行うことになります。もし同一口座内に株式や他の投資信託の売却で生じた利益があれば自動的にそれと相殺されますので特に気にすることはありません。しかし不幸にして年末にトータルで赤字が残ってしまった場合は確定申告で損失の繰り越しをしなければ利益と相殺する権利が消滅してしまうのです(確定申告を行えば翌年以降最大3年間損失の繰り越しが可能です)。投資信託定期売却サービスを利用されるに当たっては、特別分配金では気にする必要がなかった損失の処理を常に気にしておく必要がある点にご注意ください。

【追記】

その後、本エントリーの内容に関連した「投資信託の定期分配と定期売却は同じではありません」を書いておりますので、よろしければ合わせてご参照ください。



関連記事

この記事へのコメント

kage

この情報はすごいですね

情報有難うございます。
今までも野村など似たようなサービスが有りましたが、取扱商品数が少ないなどまだまだだなぁーと思っていましたが、結構凄いことかも。
今後は、無分配ものでもこのサービスの組合せで取引するラインナップが広がった気がします。

Posted at 23:53:55 2012/03/16 by 毎月分配型なら-のりたま

この記事へのコメント

kage

毎月分配型なら-のりたまさん

コメントありがとうございます。

このサービスを活用すれば受け取る金額の設定は自由自在ですし、ファンドの調子が良い時は金額を少なく、調子が悪い時は金額を多くという戦略も可能になります。資産取り崩し期の方だけでなく、のりたまさんのように分配金を戦略的に活用される方にぜひ使っていいただきたいサービスです。

Posted at 18:09:12 2012/03/17 by おやじダンサー

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック