2017 05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 07

絶好の買い場を判断するのは難しい

kage

2012/02/05 (Sun)

今年に入ってからも欧州危機をはね除けて上昇を続けてきた米国株ですが、先週金曜日の終値でNYダウは約3年9ヵ月ぶりの高値を付ける結果となりました。ナスダックに至っては約11年2ヵ月ぶりの高値とのことで、欧州危機の影響を強く受けて低迷している欧州、日本、新興国の株式とは明らかに違った動きになっているようです。

ダウ、3年9カ月ぶり高値 NY株、米景気拡大を期待

3日のニューヨーク株式市場は、米景気の回復が加速するとの期待から大幅反発し、ダウ工業株30種平均は前日比156.82ドル高の1万2862.23ドルで取引を終えた。終値でリーマン・ショック前の2008年5月以来、約3年9カ月ぶりの高値水準を回復した。

ハイテク株主体のナスダック総合指数も45.98ポイント高の2905.66と急伸し、00年12月以来、約11年2カ月ぶりの高値水準をつけた。(後略)(産経新聞より)


<<ブログランキング参加中>> にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ 人気ブログランキング FC2ブログランキング
それではSBI証券からお借りした週足5年チャートでそれぞれの値動きを確認してみましょう。まず始めはNYダウの過去5年間の値動きです。

NYダウ5年チャート

ご覧のとおり、リーマン・ショック以前の高値はまだ超えていませんが、明らかに当時の水準に戻っていることがわかります。それでは次にナスダックの過去5年間の値動きを見てみましょう。

ナスダック5年チャート

ご覧のとおり、こちらは明確にリーマン・ショック前の高値を抜いてきました。チャート的には本格的な強気相場入りを予想させます。両者のチャートを見比べて、結果論で判断すれば、米国株がリーマン・ショックの影響で暴落した2008年後半から2009年前半にかけての時期が「絶好の買い場」であったことが分かります。その後は多少の押し目を形成しながらもほぼ右肩上がりで回復を続けていますので、「リーマン・ショックの後遺症が心配だ」とか「欧州債務危機拡大の懸念がある」といった理由で投資を先延ばしした投資家は、すっかり置いて行かれたことになります。

このように米国株は好調なのですが、私たちの米国株投資の成績は思ったほど好調ではありません。その理由は皆さんご承知のとおりの円高です。その影響の凄まじさはドル/円の5年チャートを見れば一目瞭然です。

ドル円5年チャート

ご覧のとおり、過去5年のドル/円相場は明確な円高トレンドになっています。以下は単なる数字のお遊びですが、リーマン・ショック前のNYダウ14,000ドルを当時の為替レート:1ドル=120円で換算すると168万円、現在のNYダウ13,000ドルを現在の為替レート:1ドル=76.5円で換算すると99.45万円となります。つまりドル建てでは92.9%まで回復していても、円建てでは59.2%にしかならないのが現実なのです。それでもリーマン・ショック時の7,000ドルを当時の為替レート:1ドル=90円で換算すると63万円ですから、結果論として2008年後半から2009年前半にかけての時期が「絶好の買い場」であったことには変わりはありませんが。

米国株が好調なのは米国の中央銀行に相当するFRBがQE1やQE2に代表される大胆な金融緩和政策を実行しているからです。この金融政策を超ザックリと説明すると「どんどんドル紙幣を印刷して景気を刺激する」ということになります。ですからドルの価値が下がるのは当然といえば当然で、現在の株価や為替の動向はFRBの想定どおりということなのでしょうね。

ご参考までに、最後にわが日本の株価動向もご紹介しておきます。左が日経平均株価、右がTOPIXで、どちらも過去5年間の値動きです。

日経平均株価5年チャート TOPIX5年チャート

TOIXのチャートを見れば良くお分かりいただけると思いますが、日本株はリーマン・ショック時が「絶好の買い場」であったのかどうかは現時点では怪しくなって来ています。少なくとも東日本大震災直後の暴落場面は「絶好の買い場」ではありませんでした。これほど「絶好の買い場」を判断するのは難しいことなのです。過去5年間のチャートで明確な「絶好の買い場」が判明している米国株だって、今後の欧州状況の変化によって未来がどうなるかは誰にも分かりません。結局のところ相場の真理は「絶好の買い場は後になってみなければ分からない」であり「もし仮に絶好の買い場が分かっても、そこで勇気を持って投資できる人は少ない」だということを、米国株高値更新のニュースを見ながら再確認した次第です。



関連記事

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック