2020 02 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2020 04

バランスファンドの資産配分比率は気にするな?

kage

2011/10/24 (Mon)

すでに多くの投資系ブログで紹介されていますが、三菱UFJ投信のeMAXISシリーズにeMAXISバランス(8資産均等型)とeMAXISバランス(波乗り型)が追加設定されることになりました。eMAXISバランス(8資産均等型)は8資産に12.5%ずつ均等投資する構成になっています。この割り切った&ある意味で大胆な資産配分のファンドがどのような値動きになるのか、個人的には興味津々です。均等配分ではGDP比率配分や時価総額比率配分と比べて、どうしても国内比率の高さや新興国比率の高さが気になりますので。

そこで参考になるかどうかは分かりませんが、ザックリ資産配分の先輩であるSBI資産設計オープン(資産成長型)(愛称:スゴ6)と私が毎月積み立て投資を継続している時価総額比率配分のセゾン・バンガード・グローバルバランスファンドの値動きを比較してみようと思い立ちました。

それではまず最新の月報から、9月30日時点の両ファンドの資産配分比率を確認しておきましょう。なお、内=国内、外=海外、新=新興国、株=株式、債=債券、不=REITを指します。

 内株内債外株外債新株新債内不外不
セゾン4.311.136.940.36.50.9
スゴ618.817.719.819.211.911.01.7

このように資産配分比率は大きく異なる両ファンドですが、Yahoo!ファイナンスからお借りしたチャートでスゴ6設定以来の値動きを比較してみると、驚くべき結果となりました。

SBI vs SAISON

青:セゾンバンガード・グローバルバランスファンド
赤:SBI資産設計オープン(資産成長型)


ご覧のとおり、両者の値動きはビックリするほど似通っているのです。ご参考までに、マネックス資産設計ファンド(育成型)との比較チャートもご紹介しておきます。

SBI vs MONEX

青:マネックス資産設計ファンド(育成型)
赤:SBI資産設計オープン(資産成長型)


これは単なる偶然なのでしょうか?スゴ6設定以来4年近くの比較なので単なる偶然とは言えないような気がします。もしかするとバランスファンドは、ある程度資産を分散しさえすればどれも似たような結果になる、という仮説が成り立つのかも知れませんね。



関連記事

この記事へのコメント

kage

この2つの結果を見ると偏りがあって独自性のある比率でもないと他と差が出ないのかもしれませんね。
バランスを考えるほど何らかの中心的なインデックスに集約するのかも。
そんな風に思わせてくれる記事でした。

Posted at 20:57:30 2011/10/24 by チェキ

この記事へのコメント

kage

チェキさん

コメントありがとうございます。

個別株投資でも主要セクターから代表的な数銘柄を選べばインデックスファンドと似たような動きになると聞いたことがありますので、分散は徹底する必要はないのかも知れませんね。過度に分散するとコスト面や管理面で不利になりますし。

Posted at 07:47:36 2011/10/25 by おやじダンサー

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック