2017 05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 07

ひとりごと

kage

2011/10/16 (Sun)

これだけ長くデフレが続くと、日本はもう永遠にデフレから脱却できないのではないか?という絶望感に襲われることがありますが、もちろんそんなことはありません。デフレがこのまま続けば、いつか否応なしにデフレの終焉を迎えることになります。なぜならデフレ・スパイラルで経済規模の縮小が続けば、いつか日本の財政は破綻してしまうからです。そうなると私たちを襲ってくるのはハイパー・インフレということになります。この件については1年10ヵ月前の下記のエントリーで触れています。読み返してみると、我ながら熱く語っていますね。

海外株式投信評価額(2009.12.11現在)

よく最良の投資は自分に対する投資だと言われます。しかしもし日本のデフレが止まらず財政破綻を迎えるとしたら、あるいは欧州債務危機がスペインやイタリアにまで飛び火して世界経済がクラッシュするような事態になるとしたら、果たして自分のスキルで食いつなげるのか?という不安を打ち消すことができません。今から日曜菜園でも始めて農業の勉強をしておこうかな。

そんな極端な悲観論は心配するだけ無駄かも知れませんが、もし為替が円安に転換したら食料品などがものすごい勢いで値上がりしそうで心配です。今は円高効果で輸入品の値上がり分が相殺されているだけなのですから。となるとやはり対策は日曜菜園かな?

<<ブログランキング参加中>> にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ 人気ブログランキング FC2ブログランキング
関連記事

この記事へのコメント

kage

ハイパーインフレ、、、怖いですね。
過去のハイパー・インフレの事例を見ると、需要と供給バランスが大幅に崩れている所にしか起きていないので、そういった事態が来るということですか。

需要が増えるというのは貨幣をたくさん刷るってことでそれは考えられるけれど、、、供給が崩れるというのが考えづらいです。う~ん、戦争でも起きれば供給は大きく崩れるのでしょうけれど^^;

Posted at 17:34:02 2011/11/29 by IPP

この記事へのコメント

kage

IPPさん

コメントありがとうございます。

日本の財政破綻が現実的になれば、国債は暴落して長期金利が跳ね上がり、為替では超絶円安が進行して、結果的にハイパー・インフレとなります。

ただし現在の日本は、民間も含めて国家としての収支はまだ黒字ですので、そう簡単に財政破綻は起こりません。

それでもこのままデフレが続き、年金や医療の改革が進まなければ、いずれ日本も今のギリシャやイタリアのように市場からレッドカードを突きつけられることになります。

為替が円安トレンドに転換して喜んでいたら、徐々に円安進行のスピードが増し、食料品や光熱費の値段が跳ね上がる、というシナリオが現実的なのかも知れませんね。

Posted at 21:34:49 2011/11/29 by おやじダンサー

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック