2017 10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 12

正しい投資の始め方 Vol.2

kage

2011/10/10 (Mon)

正しい投資の始め方 Vol.1」の続きです。

すべての投資家は平等。
しかしやることは一人ひとり違う。

どれだけの投資期間か
義務(扶養義務のある家族の有無など)
目標
技能
制約
リスク許容度
説明責任(自分と家族だけならいいが)

ゲームの難易度
A:長期の目標とアセットミックス
B:株式ミックス-成長株、割安株、その他
C:アクティブ運用かパッシブ運用か
D:運用会社選択
E:銘柄選択

難易度が高い順番はA→E
付加価値が高い順番もA→E
しかしコストが高い順番はE→A

<<ブログランキング参加中>> にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ 人気ブログランキング FC2ブログランキング
キーナンバー(最高機密)

筆者注:最高機密でメモも不可とのことでしたので(エリス氏のジョークだとは思いますが)、数字を伏せて結論のみ書きます。

アクティブマネージャーに支払うフィーはリターンを上回る。
期間と共にアンダーパフォームする率が高まる。

私たち自身の責任

自分自身を知る
投資目標を明確に定める
戦略的ポートフォリオを設計する
選択する
みだりに方針を変えない
フォルスタッフの名言:「自らに真実であれ」
自分に合った投資を選ぶ

筆者注:スキー初心者なのに無謀にも上級者コースに挑もうとしていませんか?ということですね。

市場の現実と自分(筆者注:ここはこれしかメモを取っていませんでした。)

運用会社選択の方法

コンサルタントの「データ」に用心(自分にとって都合の良いデータだけ使う)
多くの運用会社と「デート」しない
小売業の教訓(いいものは自然に売れる)

義理の父は海軍軍人だった。結婚の前に彼女の家に行くと義理の父が「隣の部屋で話そう」と言った。そして二人で隣の部屋に入ると義理の父は私に「自分のことを話してくれ」と言った。私は一生懸命に自分の優れている点を探して話した。それを聞いた義理の父の答えは「却下はしない」だった。何事にもコミットし過ぎてはいけない。期待しすぎると失望の原因になる。運用会社も完璧だと思ってはいけない。

優秀な運用会社の条件

商売より職務に忠実(最近は商売に熱心な運用会社が増えた)
長期的な視野
自立的な思考
健康的な環境
人の選択と教育
組織とコミュニケーション
給与体系

一番大切な目標は?

本当のゴールを理解する
リスク許容度
不確実性への許容度
決めた方針を貫ける能力

筆者注:あなたの一番大切な目標(本当のゴール)は投資に成功することなのですか?そうではないでしょう?ということですね。まず一番大切な目標(本当のゴール)を決めて、それを実現するための投資戦略を決めて、運用会社を決めて、商品を選ぶのがエリス氏の言う「正しい投資の始め方」なのだと私は理解しました。

重大な損失を招かない

損失確定で一時的な損失を永遠の損失に変えてしまう
用心し過ぎる
大胆になりすぎる(若い人に多い)

堅い守り(筆者注:ここはタイトルしかメモしていませんでした)

もっと!

(もっと!は)やさしいようで実現は難しい
欲張りが支払うコストは大きい
過去の「データ」は将来を予測しない
「緊急事態」に囚われると本当に大切なものを失う
一生懸命になるほど結果が悪くなる

ハリー・ポッターの教訓

「ハリー・ポッターよ、人の値打ちを決めるのはどんな能力を持っているかではなくて、何を選択したかなのだ。」

人生の目標 → そのために適した運用・投資法
市場を上回ろうとすると失望する

正しい投資の始め方 Vol.3」に続きます。



関連記事

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック