2017 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 09

またまたまた少し買いました

kage

2011/06/03 (Fri)

新たに猫パンチ投資を繰り出すたびにタイトルの「また」を増やすのはそろそろ見苦しくなってきましたので今回で最後にします。米国の経済指標悪化から景気後退懸念が広がり株価は下落し為替が円高に振れたことから本日いつもの4ファンドに猫パンチ投資を1発ずつ(それぞれ金1万円也)繰り出しました。週明け月曜日の基準価額で約定の予定です。

SBI20110603

もしかすると今日発表予定の重要指標である米雇用統計を確認してから猫パンチ投資を繰り出した方が良かったのかも知れませんが直近の米国株の下落幅が大きかったことから悪い数字はある程度織り込み済みだと判断して今日の実行を決断しました。最近の市場解説を見るとこのまま米経済指標の悪化が続き株価が軟調に推移するならどこかのタイミングでFRBからQE3(量的金融緩和第3弾)の発動を匂わすような発言があるかも知れないとのことでしたのである程度リスクを覚悟で買い出動しました。何せ今年は米国株が過去に一度たりとも下げたことがないという大統領選挙前年ですのであらゆる政策を総動員して株価を守るだろうと勝手に都合良く解釈しています。こうして米国は金融緩和を続け、欧州はギリシャ財政危機の援助にまた大量の資金を投入し、日本も震災の復興対策のために大規模な公共投資を余儀なくされるわけです。世界の三大主要通貨であるドル・ユーロ・円が市場にジャブジャブに供給され続けるわけですから相対的に通貨の価値は下落するに違いないと私は推測しています。実際に円高が続く日本でさえ食料品の値上がりや電気・ガス料金の値上がりが起こっておりインフレ(物価上昇=通貨価値の下落)の足音は確実に迫っているのかも知れません。
関連記事

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック