2020 03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2020 05

インターネット証券4社専用投資信託に対する懸念

kage

2011/05/17 (Tue)

本日インターネット証券4社(SBI 証券、カブドットコム証券、マネックス証券、楽天証券)による投資信託の販売協力プロジェクト「資産倍増プロジェクト」専用投資信託の第1回設定ファンドの委託先が決定し公表されました。

インターネット証券4社 専用投資信託 選定結果のお知らせ(PDFファイル)

「資産倍増プロジェクト」第1回設定ファンドとして決定したのは下記の3本です。なお上記ニュースリリースによると候補となったファンドは全部で71本だったそうです。

1.4社専用投資信託の設定について
資産倍増プロジェクトにおきまして専用投資信託3本の設定準備を進めることとなりました。それぞれ三菱UFJ投信株式会社およびDIAMアセットマネジメント株式会社に委託し、設定する予定です。3本の投資信託は、次の通りです。

・日本株式を投資対象とした投資信託 (運用会社)三菱UFJ 投信株式会社
・国内新興市場を投資対象とした投資信託 (運用会社)DIAMアセットマネジメント株式会社
・新興国中小型株式を投資対象とした投資信託 (運用会社)DIAMアセットマネジメント株式会社

各商品の具体的な内容につきましては、当該投資信託の有価証券届出書の届出後にお知らせいたします。


<<ブログランキング参加中>> にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ 人気ブログランキング FC2ブログランキング
上記ニュースリリースに記された今回の選考基準は下記の3点でした。

(1) ネット投資ならではの低コストで、個人投資家に末永く愛される従来にない商品の提供を目指す。
(2) お客さまの資産形成に十分貢献することのできるクオリティの高い商品であること。
(3) 東日本大震災で被災された方々、または震災から立ち上がる日本企業を少しでも応援するものであること。


現時点ではまだファンドの詳細が明らかになっていませんので細かい論評は避けるべきなのでしょうが上記ニュースリリースを読んで私がふと感じた懸念を正直に書いてみようと思います。

懸念1・本当に低コストなのか?

今回選ばれた3本はいずれもアクティブ運用のようですので普通に考えればコスト増要因となります。特にDIAMアセットマネジメントの2本は投資対象が国内新興株と新興国中小型株のため絶対的な低コストは望めないような気がします。もしかしたらここでいう低コストとは「同じようなタイプの既存ファンドと比較して低コスト」という相対的な意味なのでしょうか?

以下は私の完全な邪推ですがもし私が今回の選考に参加した運用会社の担当者なら私にとっての顧客はインターネット証券4社ですから証券会社の利益(信託報酬+その他の費用)にも十分配慮した商品提案をするだろうと思います。真に個人投資家の利益だけを考えてシンプル&低コストを追求した商品では勝ち目がないと考えるのが自然だと思いますので。今回高コストと推測されるアクティブファンドばかりが選ばれた背景にはこのような意図が働いていると勘ぐるのは単なる邪推でしょうか?

懸念2・リスクが高過ぎないか?

投資に関心のある方なら一見してお分かりになると思いますが今回選ばれた3ファンドはいずれもハイリスクです。それもニュースリリースに書かれた順番でリスクが増し、一番下の新興国中小型株式タイプなどは相当なハイリスクとなることが容易に予想できます。上記ニュースリリースにはお客さまの資産形成を全力で支援していくことが証券会社の果たすべき役割だと考え「資産倍増プロジェクト」を始動したと書かれていますがもし私が友人・知人の資産形成を全力で支援しようと考えた時にこれらのファンドを自信を持って勧められるかと問われれば正直言って答えは否です。

以下は私の完全な邪推ですがもしかすると今回の選考では「資産倍増」にこだわり過ぎているのではないでしょうか?リスクを大きく取れば高いリターンが期待できます(ハイリスク・ハイリターン)ので「資産倍増」を実現できる可能性が高いファンドが優先的に選ばれたのかも知れません。しかし資産倍増の可能性が高いということは資産半減の可能性も高いことを意味します。これこそがハイリスク・ハイリターンが意味するところです。加えてもしかすると鳴り物入りでスタートしたプロジェクトだけに専用ファンドにも独自性を求め過ぎているのかも知れませんね。しかし真に個人投資家のことを考えるのならすでに定評のあるファンドをベースに徹底的にコスト削減に取り組むようなアプローチの方が私は嬉しいです。

以上、私の懸念が杞憂に終わることを切に願うばかりです。



関連記事

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック