2017 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 09

海外株式投信評価額(2010.09.24現在)

kage

2010/09/25 (Sat)

昨日から各マスコミの報道は尖閣諸島で海上保安庁の巡視船に自らの漁船を衝突させて公務執行妨害の容疑で逮捕されていた中国人船長が釈放された話題で埋め尽くされています。今回の事件は結果的に日本と中国の間で大きな外交問題に発展してしまいましたので私などが意見を述べるのははばかられるのですが、昨日来の各種報道を見聞きして思うところが多々ありましたので今回はあえてこの話題に触れてみたいと思います。

私には今回中国人船長が釈放されるに至った過程は鳩山前総理の普天間基地移設問題と根本的に同じ構図に映ります。すなわち鳩山前総理が普天間基地の移設先を「できれば国外、最低でも県外」と発言したのは理想論としては正しくても現実論としては実現不可能だったのと同じように今回の事件も「尖閣諸島は日本固有の領土なのでその海域で起きた事件は日本の国内法で粛々と裁く」ことが理想論としては正しくても実際問題として中国も尖閣諸島の領有を主張しており紛争の火種があるため現実論として中国人船長を逮捕したことは最善の選択ではなかったということなのではないでしょうか?

<<ブログランキング参加中>> にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ 人気ブログランキング FC2ブログランキング
誤解のないように申し添えておきますが私は理想論を語るのをやめろと言っているわけではありません。日本国内にある米軍基地のほとんどが沖縄に集中している状況も日本固有の領土であるはずの尖閣諸島で領土問題が起きることも適切な状況とはいえません。理想論が語られるからこそ私たちもこれらの事案のどこに問題があり、その問題をこれからどう解決していくべきかを考えるきっかけが生まれます。ですから私は政治家が物事の筋道を明らかにして理想論を語ることは大切なことであると思っています。しかし普天間基地移設問題も尖閣諸島領有問題も違う考え方を持つ相手のあることであり、理想論を押し通して現実論を押さえ込もうとするのであればそれ相当の覚悟が必要になります。しかし現実には鳩山前政権も菅現政権も理想論を通そうとすればどうなるかを甘く考えていたか、あるいは深く考えていなかったように思えます。そこは実務担当経験の乏しい民主党政権の弱点が現れた結果といえるのかも知れません。

今朝のあるテレビ番組では今回の事件と対比する形で2001年5月に小泉政権下で起こった北朝鮮の金正日総書記の長男・金正男氏の密入国事件が取り上げられていました。ご承知のとおりこの時の日本政府の対応は偽造旅券で密入国した容疑で身柄を拘束していた金正男氏を拘束翌日には国外退去処分としました。この時一部では金正男氏を北朝鮮との交渉カードに使えとの意見も出ましたが何をするか分からない国を相手にすることを考えれば当時の判断は極めて現実的だったといえるでしょう。だからといって私は今回の中国人船長を逮捕したことが間違いであると主張するつもりはありません。逮捕するのであれば事前に国際舞台において中国にガチンコ勝負を挑む準備と心構えを整えておくべきであると言いたいのです。今回の事件で中国人船長を逮捕するかどうかについては政府と検察の間で事前協議が行われたそうですが、正直ここまで中国が過剰反応を示して外交だけでなく経済的にも大問題に発展するとは思っていなかったのではないでしょうか?そして大問題になってしまった後でビビって釈放を決めた。「失敗は成功の母」とはいいますが、今回の失敗の代償はどうも高く付いたようです。

ところで中国人船長の釈放を発表した昨日の那覇地検の記者会見で鈴木亨次席検事が釈放に至った理由のひとつに「今後の日中関係を考慮」を挙げたことが検察本来の職務範囲を超えた政治的判断であると非難されています。しかし常日頃からハイリスク投機家として物事の裏を読もうとしている私にはあれは検察側の精一杯の抵抗であるのかも知れないと思えます。もとより今回の事件は結果的に高度な政治判断が必要な状況に発展しており、船長の釈放には何らかの政治的な意向が働いたと考えるのが自然です。政府側はあくまでも釈放の決定は検察が独自に行ったものというスタンスを貫いており、このため検察側も政治的な圧力があったとは口が裂けても言えない。だからこそ精一杯の抵抗として本来なら検察が考慮すべきではない「今後の日中関係を考慮」を挙げて暗に政治的圧力があったことをほのめかそうとしたのではないでしょうか?今回の釈放に外交問題を考慮した政治的判断があったことは誰の目から見ても明らかですがもしそれを理由として挙げるのであれば検察ではなく政府が国民に説明すべきであり、あくまでも検察独自の判断であるとするなら「被害が軽微である」とか「衝突が100%故意であるとは証明できない」などの理由で押し通すべきです。このあたりの整合性のなさに政府の場当たり的な対応が透けて見えるような気がします。

個人的には今回の事件で私たち国民が改めて考えなければならない別の課題が明らかになったと考えています。それはジャイアン(中国)にいじめられたのび太(日本)が「助けてドラえもーん」とアメリカに泣き付く構図を今後も続けていくのか?ドラえもん(アメリカ)が四次元ポケットから取り出してくれる「核兵器」、「海兵隊」、「第7艦隊」などを今後も頼りに生きていくのか?ドラえもんを頼らずに独力でジャイアンに立ち向かうとかスネ夫やしずかちゃんの協力を得てこちらに有利な包囲網を構築するとかジャイアンと仲良くする方策を考えるとかを私たち一人ひとりが真剣に考えなければならない時代に来ていることは確かです。アニメと違って国際社会は今までの構図が永遠に続くわけではありませんので。

マネックス証券
MX100924

SBI証券
ET100924

先週持ち越していた短期売買ポジションの上場インデックスファンド海外新興国株式(1681)はおかげさまで火曜日にすべて利益確定できました。またコツコツと売り上がっていたに日経225連動型上場投資信託(1321)は昨日の寄り付きが安かったためいったんすべて利益確定しました。昨日は為替介入第2弾を思わせる動きがあったため結果オーライかと思ったのですが結局為替も株価も「行って来い」で終わっており現時点ではこの利益確定が正解であったのかどうかは分かりません。しかし個人的には為替介入第2弾は必ずあると予想しているため本格的な売り建てはそのタイミングで行うつもりです。



関連記事

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック