2020 03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2020 05

またまた新規ファンドを追加しました

kage

2006/04/05 (Wed)

先週、HSBCブラジルオープンと朝日Nvestグローバル・バリュー株オープン(Avest-E)をポートフォリオに追加したばかりなのですが、今週さらに新たなファンドをひとつ追加しました。新規追加ファンドの名称は「T&Dアセットマネジメント・欧州新成長国株式ファンド」で、ロシアと東欧諸国の株式に投資する国際株式型投資信託です。以下にこのファンドの主な特徴を転記します。

・中東欧諸国およびロシアの株式を実質的な主要投資対象とし、投資信託財産の積極的な成長をめざして運用を行います。 当ファンドは、アイルランド籍外国投資信託「メッツラー・イースタンヨーロッパ・オポチュニティファンド」を通じて、中長期的に高い経済成長が見込める中東欧諸国およびロシア(欧州新成長国といいます)の企業が発行する株式に投資するファンド・オブ・ファンズです。
・欧州新成長国に幅広く投資します。当ファンドは、Nomura Central and Eastern Europe Index (NOMURA-CEE インデックス)を参考指数とするため、他の当該地域を対象とする指数と比較して投資対象国が幅広く且つ分散されています。さらに、当該インデックスに採用されている国以外の国にも投資する場合があります。
・外国籍投資信託の運用は、欧州新成長国への投資実績があるメッツラー・アセット・マネジメント(独・フランクフルト)が行います。同社は当該地域の株式に投資する投資信託の販売を2000年10月からヨーロッパの投資家向けに、2002年には米国内でも開始しています。当ファンドは、これら投資信託と同様の運用を行う別の投資信託(ミラーファンド)となります。
・独メッツラー社による厳格な運用プロセスが収益の源泉となります。各国別の経済・金利情報等を総合的に分析し国別資産配分を決定するカントリーアロケーション、欧州成長国の優良株を中心に業種毎の投資候補を決定するセクタースクリーニングに加え、メッツラー社独自の積極的な企業訪問などによる丹念な調査に基づく銘柄選択を行い、中小型株の組入れも行います。
・原則として為替ヘッジは行いません。

ちなみに2月末時点の国別組入比率はロシア38%、ポーランド18%、ハンガリー12%、チェコ11%、トルコ9%、ルーマニア4%となっています。 欧州新成長国株式ファンドはHSBCブラジルオープンと同時にマネックス証券 で取り扱いを開始した6つのファンドのひとつです。私自身、ブラジルオープンにばかりに目を奪われていて見逃していたのですが、このファンド、実は販売手数料が無料(ノーロード)なのです。新興国市場の株式を扱うノーロードファンドは魅力的ですし、BRICs諸国に重点的に投資している私にとってHSBCブラジルオープン購入により結果的に一番手薄となったロシアを補完する意味でもピッタリの商品でしたので購入を決断しました。今後はBRICs諸国ごとの成長度合いを楽しみに見守っていきたいと思います。

人気blogランキングに参加しています
人気blogランキングへ

関連記事

この記事へのコメント

kage

こんにちは

いつも役立つ情報ありがとうございます


私もサイトを開設しましたのでもしよろしければ

一回見に来てください


ではこれからも良い情報待っています


ではがんばってくださいね

Posted at 02:12:28 2007/03/25 by 株で稼ぐ野郎

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック