2017 05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 07

三井住友銀行がインターネット・モバイル専用ファンド申込手数料0円キャンペーンを実施

kage

2010/06/21 (Mon)

今朝残高照会のためにたまたま三井住友銀行のサイトにアクセスしたところ表記のキャンペーンが実施されるとの告知が目に止まりました。詳細を見てみるとメガバンクにしては珍しく使えそうな内容でしたのでご紹介させていただきます。

インターネット・モバイル専用ファンドお申込手数料0円キャンペーン

キャンペーン期間

平成22年7月1日(木)~平成22年8月31日(火)15時のお申込受付分まで

キャンペーン内容と対象となるお取引

○キャンペーン期間中に、SMBCダイレクト(インターネットバンキング・モバイルバンキング)でインターネット・モバイル専用ファンド(以下、ネット専用ファンド)をご購入いただいた場合、お申込手数料を無料とします。

通常のご購入に加え、投信自動積立でのご購入についても対象となります。

○平成22年6月30日(水)15時30分~24時までのネット専用ファンドのご購入申込は、平成22年7月1日付のご購入申込として受け付けいたします。お取引が成立した場合、お申込手数料は無料となります。


<<ブログランキング参加中>> にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ 人気ブログランキング FC2ブログランキング

対象ファンドと費用について

キャンペーン開始時点でお取り扱いしているすべてのインターネット・モバイル専用ファンド(なお、購入手数料無料(ノーロード型)ファンドはキャンペーン終了後もお申込手数料は無料です)

信託報酬等、お申込手数料以外のその他の手数料は各ファンドに設定された料率を適用します。

キャンペーン終了後は各ネット専用ファンドに設定された料率が適用されます(通常の購入に加え、投信自動積立による購入も同様となります)。

※各ネット専用ファンドの費用について、くわしくは、ネット専用ファンド一覧内の「投資エリア・決算回数・費用など」よりご確認ください。

インターネット・モバイル専用ファンド一覧

その他のご留意点についてはこちらをご覧ください。


上記リンク先の一覧をご覧いただければお分かりのとおり三井住友銀行のインターネット・モバイル専用ファンドは全部で16本あります。その中で3本のインデックスファンドがノーロード(申込手数料無料)ですので今回のキャンペーンで実際に恩恵を受けるのは残りの13本ということになります。その中で個人的に関心があるのは「香港ハンセン指数ファンド(申込手数料1.05%)」やすでに保有している「ブラックロック・ゴールド・ファンド(申込手数料3.15%)」などです。またハイリスク投機家を自認する私の目線ではメガバンクにしては珍しい「PCAインドネシア株式オープン(申込手数料3.15%)」も少し気になったりします。もっとも今もし私が新興国投資を積み増すのなら迷わず「eMAXIS 新興国株式インデックス」を選びますし、今リスクを取るのなら債券ではなく株式だろうという思いもありますので私は今のところ今回のキャンペーンを使うつもりはありません。ただこのリストにあるファンドを買いたいと思っている方であれば今回のキャンペーンは間違いなくお得ですのでぜひ有効にご活用ください。



関連記事

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック