2017 09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 11

新たなファンドを購入しました

kage

2006/03/29 (Wed)

31日のHSBCブラジルオープン発売を前にして、海外分散投資の主旨であるリスク管理の観点から新興国市場偏重のポートフォリオに問題を感じ、欧米系ファンドをひとつ追加しました。新たに購入したファンドの名称は「朝日 Nvest グローバル バリュー株オープン(Avest-E)」。日本市場以外の割安株を発掘して投資する国際株式型投資信託です。以下にこのファンドの主な特徴を転記します。

・一貫した投資哲学に基づきバリュー株を発掘し厳選投資を行う株式運用で、米国を代表する運用会社である「ハリス・アソシエイツ社」に運用を委託します。
・日本を除く世界中の株式を対象として、企業訪問を含め企業調査を基本としたボトムアップアプローチを重視した銘柄選択を行います。エマージング諸国も投資対象としますが、ポートフォリオの30%以内の投資制限を設けます。
・徹底した企業調査により銘柄を厳選し、その時々で最も割安で魅力的と判断する30~50銘柄に絞り込みます。
・国や業種などにはこだわらず、個別の銘柄選択の積み上げにより、銘柄本位でポートフォリオを構築します。
・対円での為替ヘッジは原則として行いません。

ちなみに3月24日現在の投資地域比率は欧州47.9%、北米46.0%、アジア3.3%、オセアニア2.7%となっています。 実は今回Avest-Eを選んだ理由のひとつは、最近ちょっと気になっている独立系投資信託・ありがとう投信に組み入れられていたからでした。この投信、名前は面白いですが運用方針は極めてまっとうですので、例えば投資初心者の親戚や知人から「何か良い投資信託をひとつ紹介してくれ」というような相談を受けた場合には有力な選択肢となるでしょう。少なくとも銀行や郵便局で係員から勧められるままに手数料の高いファンドを購入するくらいだったらありがとう投信を選んだ方が良いと私は思います(4月から販売手数料が無料になるそうです)。

手数料といえば今回購入したAvest-Eの場合、マネックス証券 では1.575%の販売手数料がE*トレード証券 では3.15%(1億口未満)と、同じファンドなのに異なっているんですね。ただし逆のケースもあり、私が国内株式型投資信託の中で注目しているDKA株式オープンでは、E*トレード証券 はノーロード(無料)なのに、マネックス証券 は2.1%の販売手数料がかかります。このように新たにファンドを購入する場合は運用面だけでなく、条件面でも十分な検討が必要ですね。

人気blogランキングに参加しています
人気blogランキングへ

関連記事

この記事へのコメント

kage

株初心者お役立ちブログランキング

株初心者お役立ちブログランキング作りました!!

日本経済を救うのは株投資家だ!
株初心者を育てることが日本を救う!

株初心者の方、
ブログのアクセスの欲しい方、
ランキング上位入賞で
モチベーションアップをはかりたい方は、
是非ご参加下さい!!

Posted at 21:17:08 2006/03/30 by 株初心者お役立ちブログランキン

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック