2017 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 09

三菱UFJ信託、貴金属ベースの上場投信投入へ

kage

2010/04/16 (Fri)

本日の産経新聞の報道によるとETFのMAXISシリーズや低コストインデックスファンドのeMAXISシリーズでおなじみの三菱UFJ投信が三菱UFJ信託銀行が新たなETFの上場を準備しているとのことです。

【訂正】新ETFの設定元は下記記事にあるとおり三菱UFJ信託銀行でした。誤表記をお詫びし訂正いたします。

三菱UFJ信託、貴金属ベースの上場投信投入へ

三菱UFJ信託銀行は15日、金などの貴金属に投資する上場投資信託(ETF)を提携先の証券会社を通じて今夏にも発売することを明らかにした。貴金属を投資対象にした国内製ETFは業界初。貴金属は株式などと比べ値崩れがしにくい安定資産で、新興国の資源需要も追い風に市況は上昇基調を続けている。金融危機で遠ざかっていた個人マネーを、投資信託に取りもどす起爆剤になる可能性もある。

貴金属を取り扱う鉱山会社や商社から三菱UFJ信託が貴金属を預かり有価証券化。これを東京証券取引所にETFとして上場する。現物の貴金属は三菱UFJ信託が直接管理するため、投資家は保管場所などを気にせず投資ができる仕組みだ。


<<ブログランキング参加中>> にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ 人気ブログランキング FC2ブログランキング

平成19年の信託法改正で、貴金属などの現物商品を有価証券化することが可能になったことで開発に着手。すでに海外では同様のETFがつくられているが、国内信託銀行が扱うのは初めて。貴金属への投資人気は高まっており、国内では従来の高齢富裕層に加えて20~40代の個人投資家の需要も増えてきた。田中貴金属工業によると、初心者向けの純金積み立ての新規申し込みは昨年、前年比で倍増したという。

リーマン・ショック以降に冷え込んだ投資信託市場も、21年度末で純資産残高が3年ぶりに前年同期を上回るなど盛り返しをみせており、個人が安心して投資できる新商品の開発はこれからも続きそうだ。(産経ニュースより)


ご覧のとおり三菱UFJ信託銀行が新たに上場を準備しているのは貴金属ETFとのことで日本の株式市場では貴金属ETFばかりがドンドン充実していく感を強くします。とはいえ上記記事にあるように未曾有の金融危機以降金投資人気が高まっていることは事実ですのでニーズのあるところに新商品を投入するという三菱UFJ信託銀行の経営判断は極めて順当であるといえます。

ここにきて金価格はまたジリジリと上昇を続けています。すなわちこれは金(Gold)と通貨の価値比較で金が上昇し通貨が下落していることを示しており、視点を変えてみれば金価格が上昇しているのではなく通貨全体の信用が失われていると捉えることもできます。その象徴的な出来事がギリシャの財政危機によるギリシャ国債の信用低下がもたらしたユーロの下落です。しかし米国債もバブルが指摘されて久しいですし増発に歯止めがかからない日本国債の信用問題もいつ表面化するか分かりません。今は世界中の国々が未曾有の金融危機の影響で巨額な財政出動を余儀なくされていますので世界的なソブリンリスクは確実に高まっているといえます。そう考えると代替通貨としての貴金属に投資するETFが充実することにはそれなりの意義があることなのかも知れませんね。



関連記事

この記事へのコメント

kage

三菱UFJ信託銀行は、三菱UFJ投信とはちがいまっせ。

Posted at 21:50:46 2010/04/16 by

この記事へのコメント

kage

誤表記のご指摘ありがとうございました。思い込みのケアレスミスでした。早速本文を訂正させていただきました。

Posted at 22:21:34 2010/04/16 by おやじダンサー

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック