2020 02 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2020 04

みらいの地球債

kage

2010/02/22 (Mon)

本日マネックス証券のサイトにアクセスしたしたところ、トップページに下記の案内が追加されていることに気付きました。

投資で地球を救う!みらいの地球債(豪ドル建、南ア・ランド建)(マネックス証券)

私自身は現在特に外貨建て債券を買いたいと思っているわけではないのですが、単純にどんな金融商品なのだろうと気になってリンク先を確認してみると、欧州投資銀行(EIB)が発行元となって調達した資金を再生可能エネルギーやエネルギー効率化の分野に融資するプロジェクトに充てられることが分かりました。このような有意義な主旨であれば投資の動機付けとしては十分であると思います。加えて興味深かったのはこの債券が日本の個人投資家に人気の高金利通貨である豪ドル建てと南アフリカランド建てに分けて発行されることであり、これは投資信託で売れ筋の通貨選択型のスキームを参考にしたのではないかと想像させます。このようにみらいの地球債はテーマを環境保護として高金利通貨選択型の形式を採用しているあたり、日本でどんな金融商品が人気があるのかを綿密に調べた上で企画されたのではないかと深読みしたくなります。

ちなみにみらいの地球債はSBI証券でも取り扱うようで、下記の案内を見る限りはその内容はマネックス証券と同一のようです。

自然エネルギー開発プロジェクト等を支援する「みらいの地球債」販売開始のお知らせ(SBI証券)

<<ブログランキング参加中>> にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ 人気ブログランキング FC2ブログランキング
参考までにこのみらいの地球債に関して発行元の欧州投資銀行の正式発表を見たいと思いネットで検索してみたのですが、残念ながら探し当てることができませんでした。その代わりブルームバークの配信した下記のニュースを見つけることができました。

欧州投資銀行、「みらいの地球債」発行へ-日本の個人投資家向け

2月15日(ブルームバーグ):欧州投資銀行(EIB)は、環境保護プロジェクトの資金調達としては初となる日本の個人投資家向け債券の募集を始めた。EIBは欧州連合(EU)の資金調達部門。

EIBが15日公表した資料によれば、「みらいの地球債」と呼ばれるこの債券はオーストラリア・ドル、南アフリカ・ランド、ブラジル・レアル建て。年限は4、5、6年。

「債券発行を通じて調達した資金は、国際的な気候保護の取り組み上で鍵となる分野である再生可能エネルギーやエネルギー効率化で、EIBが将来手掛ける主要プロジェクト向けの投資資金として活用する」という。

EIBは2007年にユーロ建て、09年にはスウェーデン・クローナ建てで同様の債券を発行しており、格付け会社のスタンダード・アンド・プアーズ(S&P)、フィッチ・レーティングス、ムーディーズ・インベスターズ・サービスから最上級投資適格格付けを付与されている。


この記事に書かれた内容で興味深いのはマネックス証券やSBI証券で扱われる豪ドル建てと南アフリカランド建て以外にブラジルレアル建ての設定もあることです。そこでYahoo!で「みらいの地球債」をキーワードにして検索してみると下記のブラジルレアル建てバージョンの販売案内を見つけることができました。

欧州投資銀行 みらいの地球債ブラジル・レアル建円貨決済債券(安藤証券)

みらいの地球債ブラジル・レアル建円貨決済債券(東海東京証券)

さらに債券発行の主幹事を勤めるHSBCのニュースリリース(クリックするとPDFファイルが開きます)を見るとブラジルレアル建てにはディスカウント債券(割引債、ゼロクーポン債)の設定もあることが分かります。もし私が今回発売されるみらいの地球債の中からどれかを買わなければならないとしたらこのディスカウント債券を選ぶと思うのですが、なぜマネックス証券やSBI証券ではディスカウント債券も含めたブラジルレアル建ての取り扱いがないのでしょうか?3つの高金利通貨の中でもっとも人気が高いためネット証券には販売枠が回ってこないのかと勘ぐりたくもなるのですがぜひその真相を関係者に聞いてみたいものです。



関連記事

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック