2017 09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 11

eMAXISが2つのランキングに入賞!

kage

2010/02/04 (Thu)

昨日、SBI証券のWebサイトを訪問してみると標記のタイトルを冠した下記のような広告があるのが目に止まりました。

eMAXIS

<<ブログランキング参加中>> にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ 人気ブログランキング FC2ブログランキング
ローコストインデックスファンドとして個人投資家の支持を集めているeMAXISシリーズが入賞を果たしたという2つのランキングが具体的に何かについては上記広告にある表記をそのまま引用してご紹介させていただきます。

(1)日経マネー2月号『FP20人が厳正審査!金融商品・サービス優良度番付2009』「西の大関」にランクイン!
(2)『投信ブロガーが選ぶFund of the Year 2009』でeMAXIS 新興国株式インデックスが第2位にランクイン!


まず(1)については、広告の中にある「三菱UFJ投信のプレスリリースはこちら」を開いてみると(クリックするとPDFファイルが開きます)日経マネー2月号『FP20人が厳正審査!金融商品・サービス優良度番付2009』の掲載ページを見ることができます。この企画のユニークなところは対象を投資信託などの金融商品に限らずサービスや制度にまで広げているところで、実際にご覧いただければお分かりのとおり東西の横綱は制度・サービスが受賞しています。入賞番付を見た私の感想はやはりFP(ファイナンシャルプランナー)が投票した結果だけに真に顧客目線に立った評価になっていると思いました。個人のお金まわりの相談に乗ってくれるFP(ファイナンシャルプランナー)は金融先進国といわれる米国などでは個人の生活に深く密着する存在になっているそうですが、日本では残念ながらお金を払ってお金まわりの相談に乗ってもらうという文化がなかなか定着しないのが現実です。

それでは実際に多くの日本人が誰にお金まわりの相談をするかというと銀行や証券会社の従業員が一般的です。これは「無料で気軽に相談できる」という点がメリットとして広く受け入れられているという証拠であり、テレビ東京系の朝の経済情報番組「モーニングサテライト」でよく目にする某証券会社のCMなどは下記のような内容で自社の優位性をアピールしています。

女性A:「私ね、投資信託とか株とか始めようと思って。でも証券会社って何で選んだらいいのかしら?」
女性B:「いい相談相手のいるところね。私は○○証券。××のマークよ。」
ナレーション:一人ひとりに、価値あるアドバイスを。○○証券。


さてここで冷静に考えてみてください。FP(ファイナンシャルプランナー)は個人のお金まわりの相談に乗るのが仕事ですから適正な対価(料金)をもらってサービス(アドバイス)を提供します。それでは無料で相談に乗ってくれる銀行や証券会社の従業員は慈善事業でサービスを提供してくれているありがたい存在なのでしょうか?もちろんそんなはずはなく、銀行や証券会社が無料で相談に乗ってくれるのはあくまでも自社で扱う金融商品を買ってもらうことを前提とした販促活動の一部なのです。ですからあえて極端な表現をするならば、FP(ファイナンシャルプランナー)は常に顧客の利益を第一に考えるのに対して、銀行や証券会社の従業員はまず会社の利益を第一に考えなければならないという制約が存在するわけです。これは顧客に提供するサービスの対価が会社から支払われるのですから当然といえば当然ですね。私自身は銀行や証券会社に相談に行くことはテレビ局に行って「どの番組が面白いでしょうか?」と聞いているようなものだと思います。もしテレビ局にそんな相談をしたら当然のことながら自局の番組以外は紹介しませんよね。これと同じで銀行や証券会社で相談しても自社で扱っている金融商品しか紹介できないという限界が存在します。また購入することを前提に相談しているという大前提があるため、詳しく聞いてみるとさまざまな状況から金融商品を買うべきではないと判断できる顧客に対しても立場上なかなかNOとは言いにくいでしょう。これらの観点から私自身は金融機関における無料の相談が本当に顧客のメリットになっているのかについては大いに疑義を持っています。昔から「ただより高いものはない」といいますからね。

顧客と販売のどちらの立場に近い評価かという点では私自身も投票に参加させていただいた(2)の『投信ブロガーが選ぶFund of the Year 2009』は顧客の立場である投信ブロガーが選んだという意味で商品選びの参考としては大いに役立つと思います。私の投票内容をご報告した当ブログのエントリー「投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2009」をご覧いただければお分かりのとおり、私もeMAXIS 新興国株式インデックスに1票を投じています。このエントリーで私はその選出理由を「何よりも純粋に私自身が買いたいと思ったことが選択理由の第一です」と書きました。そうです、この広告にある「純粋に自分自身が買いたいと思った」というコメントは私のものなのです。上で偉そうにいろいろと書き連ねてきましたが、結局本エントリーを立てた理由はこれを紹介したかったからなのでした。以上、大変失礼いたしました。

<PR>私はSBI証券でeMAXISシリーズを買い付けています。





関連記事

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック