2017 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 09

日本航空

kage

2010/01/13 (Wed)

株式の価値が事実上ゼロとなる100%減資の懸念から連日投げ売り状態が続いている日本航空株ですが、今日はいったんストップ安の7円で寄り付きその後何度か売買が成立したのですが、最終的にはまたストップ安売り気配に戻り大引けを迎えました。このブログを書いている時点(午後11時30分ごろ)でSBI証券のPTS取引を見ると日本航空株は4円にまで下落しており、もし本当に100%減資が決まればかなり高い確率で1円でも売れない状況になると思われます。

日航株、終値ストップ安水準の7円 売買高は過去最高

13日の東京株式市場で日本航空株が連日で値幅制限の下限(ストップ安)まで売り込まれた。大引けは前日比30円安の7円で、旧日本エアシステムとの統合後の最安値を連日で更新した。日本航空の経営再建を主導する企業再生支援機構が100%減資による上場廃止で株主責任を問う姿勢を示しており、株式が無価値となることへの警戒感から損失覚悟の売りが膨らんだ。ただ、13日は「マネーゲーム」感覚の買いも増え、売買高は8億2296万8000株と前日の878万株から急増。発行済み株式数の3割に達し、1銘柄の売買高としては昨年12月16日にみずほFGが記録した7億0889万2400株を上回って過去最高となった。東証1部全体の26%を占めた。(日本経済新聞より)


<<ブログランキング参加中>> にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ 人気ブログランキング FC2ブログランキング
それにしてもこの日本航空株は日経平均採用銘柄なんですよね。以前私はこちらのエントリーで日経平均を学校のひとつのクラス(学級)に例えて、優秀な生徒の代表として「ファーストリテイリング」君を採り上げ、優秀ではない生徒の代表として「日本航空」君を採り上げましたが、今は学業成績(=企業業績)の心配どころか命の心配をしなければならない状況に陥っているといえます。リーマンショックの真っ直中で書いたインデックス運用が抱える自己矛盾で私はインデックス運用が参照する代表的な株価指数に経営危機で事実上国営化されたような企業が入っているのは不都合ではないかという意見を述べました。具体的にはこの時点でダウ平均の採用銘柄にシティやGMが含まれていたことを不都合と感じていました。これと同様に現在日本を代表する株価指数である日経平均に日本航空が含まれていることも私にははなはだ不都合に感じます。これは果たして今の日本航空は日本を代表する日経平均構成銘柄にふさわしい企業といえるのかという感情的な疑念もありますし、上記記事にあるとおり日本航空株の売買だけで東証1部の1/4を占めたり、指数が上昇した1月12日のデータで日経平均下落寄与度の4位に入るなど、株式市場の波乱要因となっているという現実的な問題もあります。このような状況を見ると個人的にはダウ平均や日経平均のようなその国を代表するような株価指数構成銘柄には高いハードルを設定してGMや日本航空のような状況になる前に機械的にご退場いただく仕組みを設けるべきではないかと感じます。現状のままだと明日日経平均連動型のインデックスファンドを買う人は強制的に日本航空の株にも投資させられることになるわけで、私なら日本航空は外して他の224銘柄への投資にして欲しいと思いますので。



関連記事

この記事へのコメント

kage

JAL以外にも日立、みずほ、CSKなど優良銘柄ではない企業は多く入っているように思います。225銘柄もあるといろいろ問題のある企業もあるように思います。


おやじダンサーさんの考え方には時価総額でフィルタリングした「ファンダメンタルインデックス+大型株」あたりが一番適している気がしますが、いかがでしょうか?


日経平均に戻りますが、株式市場を混乱させる企業ということになると難しいですよね。野村、三菱UFJ、三井住友、みずほなどは大幅増資で市場を混乱させました。他にも大企業ほどソニーショックやトヨタショックというように大企業ほど市場に大きな波乱を起こしてしまいます。
市場に大きなインパクトを与えられる=日本を代表する大企業ともいえるのかも・・・この視点で見ると市場に大きなネガティブインパクトを与えられるJALは、皮肉にも日本を代表しているともいえそうな気がします^^;

Posted at 22:32:08 2010/01/14 by 吊られた男

この記事へのコメント

kage

吊られた男さん

コメントありがとうございます。

乱発される大型増資についてはさすがに東証もハードルを設けて規制しようと動いているようです。また著名大企業の業績が市場に動揺を与えるのは株式投資が人気投票の側面を持っている限り仕方ないと思っています。しかし日本航空についてはすでに債務超過で、公的支援がなければ倒産は不可避であることを考えると日経平均構成銘柄に残っていることが不自然に思えます。

ちなみに日経平均という指数についてはバブル時の大幅銘柄入れ替えで連続性が失われてしまったという経緯から個人的に長期投資の対象にすることは否定的に考えています。また最近ではファーストリテイリングやソフトバンクなどの株価動向に指数が大きな影響を受けることがよく見られますのでやはり投資の対象としては不安を感じます。

そこで現状において私自身が出した結論は極めて一般的ではありますがなるべく投資先を増やしてリスクを分散する方法を支持しています。具体的には日経平均よりTOPIX、ダウ平均よりS&P500を選ぶことで日本航空のようなイレギュラーの影響を低減したいと考えます。

Posted at 07:43:12 2010/01/15 by おやじダンサー

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック

kage

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

東京株式市場 株価
香港株式市場、東京株式市場、今後10年投資するならどちらが有利でしょうか。 香港株式市場、東京株式市場、今後10年投資するならどちらが有利でしょうか。(続きを読む) ファニーメイとフレディマックが国有化を検討されると東京市場の株価があがるのは.... ファニーメ...

2010.01.14 (Thu) | 今日の話題の事件は!?

日本エアシステム 株価
東急 JAL株 経営危機で全株売却!|経済・金融感覚養成講座!ニュースを ... 東急は旧日本エアシステム(JAS)の親会社だったが、02年に日航がJASと経営統合したのを機に日航株を取得。昨年9月末時点で、普通株を8042万8000株(持株比率2.94%)を保有する筆頭株主だっ?...

2010.01.16 (Sat) | 最新!最旬!ニュース速報