2020 03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2020 05

HSBC投信等評価額(2006.02.24現在)

kage

2006/02/25 (Sat)

昨日、HSBC投信の新ファンド設定を伝える下記のニュースが流れました。新たに設定されるのはBRICs諸国のひとつであるブラジルに投資するHSBCブラジルオープン。われわれHSBCファンにとっては間違いなく要注目のファンドです(笑)。

HSBC投信、日本初のブラジルファンドを設定へ

 HSBC投信は、国内で第1号ファンドとなるブラジル連邦共和国の株式に投資する「HSBCブラジルオープン」を3月31日に設定する。募集上限額は500億円で、販売は、いちよし証券、コスモ証券、高木証券、極東証券、丸和証券、香川証券、安藤証券、但馬銀行、マネックス証券(3月31日から)の9社。
 ファンドの運用はファミリーファンド方式で、投資先となるのは「HSBC ブラジル マザーファンド」。同マザーでは、ブラジルの証券取引所に上場している株式や、投資対象企業のADR(米国預託証書)、GDR(グローバル預託証書)等に投資する。運用においては、HSBCインベストメンツグループに加え、HSBCグループ内の情報ソースをフルに活用し、マザーファンドは、HSBC バンク ブラジル エス エイ- Banco Multiploに運用を委託する。ベンチマークは、MSCIブラジル10/40指数(円ベース)。
 HSBC投信では、「ブラジルは、約850万平方キロメートルという南米大陸の約半分を占める広大な国土に、鉄鉱石や石油などの豊かな天然資源があるほか、コーヒー、大豆といった国際競争力の高い農産物が穫れる。人口も約1.8億人と人的資源も豊富で、世界一のバイオエネルギー(エタノール)生産国でもある。過去の超インフレを克服し、経済は成長軌道に乗っている」として投資対象としてのブラジルの魅力を挙げている。
 HSBC投信は、既に、国内公募投信として設定・運用している新興国ファンドに「HSBCチャイナオープン」、「HSBCインドオープン」、「HSBC BRICsオープン」の3本があり、この3本のファンドの純資産残高は23日現在、合計で2459億円にのぼっている。今回、新たにブラジルファンドを出すことで、同社では、個人投資家に人気の高いBRICs(ブラジル、ロシア、インド、チャイナに投資する)ファンドにおいて、ロシア単体ファンドを除き全ての投資機会を提供することになる。
 「HSBC ブラジル オープン」の取得手数料(税込み)は3.675%を上限に販売会社が決める。信託報酬(税込み)は純資産総額に対し年率1.995%(内訳は委託1.155%、販売0.735%、受託0.105%)で、信託財産留保額はない。受託は三菱UFJ信託銀行となっている。(ロイターより)


人気blogランキングに参加しています
人気blogランキングへ 記事にあるとおり、あとはロシアオープン(仮称)が設定されればBRICs諸国はすべて個別にカバーできますね。この新ファンドもマネックス証券で購入可能のようですので、HSBC投信コレクターの私としてはもちろん購入の方向で検討を進めるつもりです。

さて、申し遅れましたが今回よりこの定時報告の表題を少し変えました。実は4月から実施予定だった国際分散投資の積極展開を少し前倒しして、新たにHSBC投信以外の外国株式ファンドを追加したのです。このため表題に「等」を追加しました。

ちなみに今回追加したのは「トヨタアセットバンガード海外株式ファンド」です。その特徴をマネックス証券のサイトより転載します。

・主として、米国バンガード社が設定したインデックス型の4つの米ドル建て米国籍外国投資信託の受益証券に投資します。
・米国バンガード社の4つのインデックス・ファンドの基本配分比率は、日本を除くグローバルな株式市場の時価総額を勘案して、概ね以下の比率で投資を行ないます。
バンガード・グロース・インデックス・ファンド ……… 約32.5%
バンガード・バリュー・インデックス・ファンド ……… 約32.5%
バンガード・ヨーロピアン・ストック・インデックス・ファンド ……… 約30.0%
バンガード・エマージング・マーケット・ストック・インデックス・ファンド ……… 約 5.0%

上のふたつは米国市場のファンドですので投資先は米国65%、欧州30%、新興国5%となります。米ドル建てのため為替リスクがあります。私も購入早々円高の洗礼を浴び、マイナススタートとなってしまいました。ちなみにこのファンドは購入手数料無料のいわゆるノーロードファンドです。管理費込みの信託報酬も一昨年実績で1.29%とリーズナブルな設定になっています。

HSBC投信も円高の直撃を受けていますが、チャイナとBRICsが堅調だったおかげで含み益が再び10万円を越えて来ました。国際分散投資は今後も積極的に進めていく予定です。

HSBC007


関連記事

この記事へのコメント

kage

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Posted at 14:01:36 2006/02/26 by

この記事へのコメント

kage

HSBC BRICs 少額ながら始めてみました。またお邪魔させていただきます。

Posted at 22:57:44 2006/02/26 by KEN-FU

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック

kage

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

『但馬銀行』の知識
但馬銀行株式会社但馬銀行(たじまぎんこう) は、兵庫県豊岡市に本店を持つ、兵庫県で唯一の地方銀行。但馬地方を中心とした兵庫県内の市町村と、大阪府および京都府に支店と出張所を持っている。なお、神戸支店は神戸市中央区のJR三ノ宮駅のすぐ北に自社ビルを構えており

2007.03.06 (Tue) | 銀行の知識


極東証券略称 = 国籍 = 郵便番号 = 〒103-0025本社所在地 = 東京都中央区 (東京都)|中央区日本橋茅場町1-4-7電話番号 = 03-3667-9171設立 = 1947年(昭和22年)3月13日業種 = 証券・商品先物統一金融機関コード = SWIFTコード = 事業内容 = 代表

2007.09.07 (Fri) | 東証で上場している会社一覧です(その21)