2017 08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 10

個人投資家の約7割が年収500万円未満

kage

2009/11/18 (Wed)

投資に対する理解がなかなか深まらない日本ではいまだに「投資=金持ちの道楽」という偏見が強いようですが、本日ロイターが伝えた日本証券業協会の調査によると日本の個人投資家の実態は一般的なイメージとは大きく異なっているようです。

個人投資家の約7割が年収500万円未満=日証協

東京 18日 ロイター:日本証券業協会が全国の個人投資家に行った意識調査で、個人投資家の約7割が年収500万円未満であることが明らかになった。調査は全国2112人(有効回収は1095人)を対象に行われた。

調査結果によると、個人投資家の年収は300万円未満が42.3%と最も多く、続いて300-500万円未満が25.4%だった。合わせると約7割(67.7%)が年収500万円未満となる。また、個人の金融商品(預貯金を含む)の保有額は1000万円未満が50.6%と半数を超えた。証券商品の保有額は100-300万円未満が26.3%と最も高かった。調査は2010年度の税制改正要望の参考にする。

日証協の安東俊夫会長は18日の定例会見で、「証券に関する軽減税率が廃止されるようなことになれば株価への影響は大きい。ドイツなどは非課税にすることで個人投資家が約20%拡大している。金持ち優遇ではないことを理解して欲しい」と述べた。


<<ブログランキング参加中>> にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ 人気ブログランキング FC2ブログランキング
この調査結果を見ると日本の一般的な個人投資家像として「将来の年金や医療の不安に備えるために苦しい家計をやりくりして投資を行っている」という姿が想像できます。以前こちらのエントリーでご紹介したセゾン投信のセミナーで竹川美奈子さんは「公的年金に頼れない現役世代は真剣に“じぶん年金”づくりを考えるべき」とおっしゃっていましたが、実際に日本の個人投資家の7割近くがすでに「決して豊かではないが将来に不安や危機感を抱いてリスク覚悟で投資を行っている」層で占められていることが明らかになったわけです。

このように好むと好まざるとに関わらず「将来に不安を抱えている人にこそ投資が必要」という状況は私もかねてよりヒシヒシと感じていましたので、実は当ブログでは投資の重要な心得とされているある言葉を意識して書かないようにしてきました。それはズバリ「投資は余裕資金で行う」です。そもそも私は余裕資金の定義についても疑問があり、以前こちらのエントリーでネタにしたこともありました。「余裕がない人にこそ投資が必要」という現状は決して理想的な投資の姿とはいえませんが、私たちはその現実に正面から向き合う必要があるのではないでしょうか?

それでも生活に余裕がないのに大切な資産を投資でリスクにさらすことは適切ではないとお考えの方も少なくないのではないかと想像します。しかし投資の目的は何も運用でお金を増やすことばかりではありません。インフレや為替変動から大切な資産を守ることも立派な目的のひとつなのです。私の個人的な感覚ではこれからの10年、20年を考えると資産を日本円建てのみで保有することは極めてリスクが高い選択であると感じます。生活に余裕がなく自分や家族の将来にとって大切な資産の毀損は許されないからこそ、分散投資でリスクの分散・低減を図るという考え方も重要であることをぜひご理解いただきたいと思います。

政府にとっては自らリスクを負うという自助努力で将来の不安に備えようと行動してくれる個人投資家の存在はありがたいはずですから、日本の個人投資家の大多数は苦しい家計をやりくりしてコツコツと投資をしている中・低所得層であることを認識して、ぜひ投資を優遇・促進させるような政策の実施をお願いしたいものです。



関連記事

この記事へのコメント

kage

年収で経済水準を図るのはやや詭弁的かも…

その統計が意味するところは、個人投資家の少なからぬ割合を年金生活者が占めていて、そして彼らは年収は少なくとも、保有資産は相当に大きいかもしれない…。

証券税制が金持ち優遇なのかどうなのかを議論するのであれば、やっぱり保有資産を基にした統計で議論するのが適正なのではと…。

まぁ、金持ち優遇の是非はまた別の次元の話ですが(苦笑)

Posted at 11:39:47 2009/11/20 by gadgetster

この記事へのコメント

kage

gadgetsterさん

コメントありがとうございます。

確かにgadgetsterさんご指摘のとおり、今回の調査結果を年齢別で見ると60歳以上の比率も7割だったという結果になるのかも知れませんね。

それでも例え理由は道楽であったとしても投資を行ってくれる高齢者はまだありがたい存在であり、経済活動にとって本当に困るのは多額の資産を預貯金に退蔵させている高齢者の存在です。

過去のエントリーにも書いたことがありますが、私は景気回復の近道は金持ちいじめではなく、むしろ金持ちを思い切り優遇して気持ちよくお金を使ってもらうことだと思っていますので現政権には証券税制に限らず広い視野で経済にお金を流す仕組みを考えて欲しいものですね。

Posted at 12:56:38 2009/11/20 by おやじダンサー

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック