2017 09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 11

ミスプライス

kage

2009/10/31 (Sat)

インデックス運用が成立する前提条件となるのが「市場はおおむね効率的である(=おおむね適正な値付けがされている)」ことなのですが、ある特定の部分だけを切り取って見ると何らかの理由で間違った値付け(=ミスプライス)がされて市場が非効率になることが良くあります。分かりやすい例を挙げればバブル発生で市場が熱狂に包まれて常識では考えられないような高値が付いたり、今回の金融危機のように市場が総悲観に覆われて通常では信じられないような安値が付いたりします。さらにもっと局地的な例では流動性が低い銘柄に何らかの理由で大口の注文が入った時にピンポイントで値段が大きく動いてしまうことも珍しくありません。例えばつい数日前にも私が短期売買の対象としているロシア株式指数上場投信(1324)で大量の成り行き売りが入って一時的に株価が暴落する事態が起こりました(下記のYahoo!ファイナンスからお借りしたチャートで長い下ヒゲを付けている部分です)。

1324

<<ブログランキング参加中>> にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ 人気ブログランキング FC2ブログランキング
この状況を直近5日間のチャートで改めて確認してみると、ご覧のとおり一瞬の出来事であったことが分かります。他の日の売買動向と比較すると同等の出来高でも値段は大きく動いていませんので、たまたま買い板が薄かったところで大きな成り行き売り注文が入ってしまったために起きた事故といえそうです。ほとんどの場合このようなミスプライスは時間と共に修正されるわけですが、事故の巻き添えになって損失を抱えてしまった人はたまったものではありません。もちろん売った人の反対には買った人がいるわけですから、事故のお陰で信じられないバーゲン価格で買えた人もいるのですが、投機ではなく投資を考えるのであればこのような価格変動リスクはない方が良いことは言うまでもありません。

1324

しかしいくらその事故が一時的な需給バランスの崩れが原因とはいえ「市場で付いた価格はすべて正しい」というのも相場の真理ですから、私たち個人投資家も売買が成立したという事実は甘んじて受け入れなければなりません。しかし昨日くりっく365で起きた「大事故」はいくら何でもひどすぎるように感じます。以下はくりっく365の公式ホームページからお借りした南アフリカランド/日本円のチャートなのですが、ご覧のとおり引け間際に一気に円高に振れています。また右の数値の表示を見ても、実際に8円台で取引が成立していることが分かります。

ZAR/JPY ZAR/JPY

ちなみに下記はSBI証券からお借りした南アランド/日本円のチャートですがくりっく365のような異常な下落は見られません。またYahoo!ファイナンスの南アフリカランド/日本円の表示も「現在値(05:59) 11.453274」となっており、8円台は明らかに異常値(=ミスプライス)であることが分かります。

ZAR/JPY

このような現実を目の当たりにすると、投資信託の一日一価(=その日に発表された一つの価格で誰もが売買できる)という仕組みはほとんどの個人投資家にとって大変ありがたいものであることがよく分かります。金融商品としてETFが優れていることは私も否定しませんが、十分な流動性が確保できていない銘柄に「寄り付き成り行き」や「引け成り行き」の注文を出すと思わぬ「事故」に巻き込まれてしまう恐れがあることを私たちは十分に認識しておく必要がありそうですね。



関連記事

この記事へのコメント

kage

私も申込タイミングなどに影響されずに1日1回算出される基準価額で約定することは投資信託のメリットとも思います。

よく、ETFvs投資信託という比較があり、基本的には投資信託を基準として、ETFのメリットとして「市場の開いている時は市場価格で1いつでも取引できること」が挙げられていますが、これはあまりメリットとは思えないのです。

Posted at 23:02:57 2009/10/31 by 吊られた男

この記事へのコメント

kage

吊られた男さん

コメントありがとうございます。

野村アセットマネジメントが毎日公表しているETFの純資産額(基準価額に相当)と市場の終値を比べてみると、銘柄によっては実際の価値とかけ離れた値付けがされていることが分かります。例えば私が監視リストに入れている新興国系ETFでは出来高が突出して多いブラジル株式指数・ボベスパ連動型上場投信(1325)の乖離率がもっとも高く、流動性が確保されても必ずしも適正な値付けがされるとは限らないという現実が見えてきます。1325の実例でいえば週末の現実価値は321円なのに対して市場の終値は345円となっており、実態より7.5%も高いミスプライスが付いています。この状態では信託報酬の差など簡単に吹っ飛んでしまいますので私も吊られた男さんご指摘のとおりETFが市場価格で取引できることはメリットより無用の価格変動リスクを抱えてしまうデメリットの方が大きいと感じます。

Posted at 08:03:11 2009/11/01 by おやじダンサー

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック