2017 09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 11

HSBC投信評価額(2006.01.27現在)

kage

2006/01/28 (Sat)

昨日(1/27)の日経平均爆上げは凄かったですねぇ。私は昨日午後はずっと会議だったため、夕方になってチャートを見てビックリしました。昨日の報道によるとライブドアショックの際も個人投資家は盛んに買いを入れていたことが分かったとのこと。相変わらず個人の買い意欲は旺盛で、それが海外の投資家を巻き込んで強い相場を演出しているようです。

私が2000年以降の長期下落相場の中で学んだ相場の常識は「株式市場は外資や国内の機関投資家に支配されており、個人投資家はカモにされている」というものでした。しかし、昨年から明らかに流れは変わってきています。「個人投資家の買いで安心感が広がり、海外投資家が追随した」という市場解説を見ると、日経平均が8,000円を割り込んだソニーショックのころと比べてわずか数年とはいえ隔世の感を強くします。

ソニーショックといえば(何度も書いていますが)私はソニー株を抱えてその時を迎え、真っ青になりました。昨日の大幅上昇はソニーの好決算によるソニーサプライズとのことですが、こんな時にはソニー株は持っていませんでした。現在の日経平均株価はハイテク銘柄中心で算出されますので、電機やハイテク株を持っていない私のような投資家にとっては昨日の暴騰も実感が湧かないのではないでしょうか?

そんな私が現在勝負をかけている銘柄はズバリ三菱商事(8058)です。来週火曜日(1/31)が第3四半期の決算発表ですが、業績の好調さに反して株価は上値が重く、ちょっと不安です。この結果は追ってご報告いたします。 さて、激変の日本株をよそにHSBC投信は至って順調に利益を積み上げてくれています。

HSBC003

今週は特にBRICsオープンが好調だったようですね。HSBC投信は長期保有の方針なので短期の動きで一喜一憂するのは本来無意味なのですが、購入後わずか1ヵ月で5%のリターンが得られた計算になりますね。

一方、ここ数日で対ドルでの円安が急速に進んでおり、ナンピン地獄に陥っていたドル建てMMFもついに黒字転換しました。この動きは為替リスクをヘッジしないHSBC投信にとっては力強い追い風となりますので今後の動きがますます楽しみです。

人気blogランキングに参加しています
人気blogランキングへ

関連記事

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック