2017 09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 11

ETF市場、個人が存在感

kage

2009/07/27 (Mon)

本日の日本経済新聞の報道によると、昨今の世界経済底打ち感の台頭を背景にして個人投資家がETF取引を活発化させており、取引シェアも外国人投資家を抜いて東証・大証共にトップに立つ勢いとのことです。

ETF市場、個人が存在感 東・阪証取で首位も

国内の上場投資信託(ETF)市場で個人投資家の存在感が増している。2009年1~6月の個人の売買金額シェア(委託売買ベース)は外国人を上回る45%を確保。すでに個人が中核を占める大阪証券取引所に続き、東京証券取引所でもシェアが外国人を6年ぶりに上回る可能性が出ている。上場銘柄数がこの6月末までの1年間に8割近く増加。商品性の多様化も進み、銘柄選別の巧拙が問われる個別株への投資などより手掛けやすい点が注目されている。

ETF市場での個人の売買シェアは03年に43.6%と外国人の25.8%を上回っていたが、05年には23.2%まで急低下した。世界的な過剰流動性を背景にした外国人による大口取引が増えたことや、個人がネットなどを通じた個別銘柄の売買に傾いたためだ。(日本経済新聞より)


<<ブログランキング参加中>> にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ 人気ブログランキング FC2ブログランキング
個人投資家がETFの売買を増やしていることは誠に結構なことですが、これを長期投資家の増加と捉えるとおそらく間違うと思います。低コストのETFは個人投資家が長期投資を行う際に有力な投資対象となるのは間違いありませんが、実際に売買を増やしているのは私のようなETFを使って短期売買を繰り返すハイリスク投機家なのではないでしょうか?また本来なら年金資金のような長期視点で投資を行う大口投資家にこそETFを積極的に活用してもらいたいのに個人投資家の存在感に負けてしまっている現状は日本のETFの将来を考えると喜べません。

それでは短期売買中心の投機家がETFの売買を増やすことは良くないことかというと必ずしもそうではありません。なぜなら短期売買を行う投機家は市場に流動性を与えるという重要な役割を担っているからです。ご承知のとおり日本のETFの大きな欠点のひとつが流動性の低さです。これにより売買したい時に売買できなかったり少しまとまった注文が入ると値段が大きく動いてしまったりする弊害が生じます。短期売買が増えると流動性が増し、これらの弊害が解消される可能性が高まります。そういう意味では一概に短期売買を否定的に考えるのは間違いであるといえます。

ただ実際に新興国ETFを使って短期売買を行っている私にとってみればETF市場に短期資金が入ってくることは痛し痒しです。私はいつも前場と後場の寄り付き前に注文状況を見ながら、「さすがにここまでは来ないだろう」と思う水準に指値で売り注文や買い注文を入れておくのですが、結構これがヒットするのです。ETFの売買量が増えるとこのようなテクニックは使えなくなる可能性が高まります。また上場インデックスファンド中国A株CSI300(1322)のようにマイナス乖離(市場で実際の基準価額より低い値付けがされている)が大きい銘柄を狙う方法もできなくなります。このように投機家が増えると投機の旨味がなくなり、結果的に長期投資家の助けになるという現実があることをぜひご理解いただき、私のようなハイリスク投機家の存在も寛容な目で見ていただけるようお願いいたします。



関連記事

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック