2017 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 09

HSBC投信評価額(2006.01.20現在)

kage

2006/01/21 (Sat)

いきなり本題から外れますが、今週はライブドアショックで個人投資家にとっては激動の一週間となってしまいましたね。私はライブドア関連銘柄は一切保有していませんでしたが、ショックが全市場に波及したおかげでコツコツと積み上げてきた含み益をすべて吹っ飛ばしてしまいました。

これに加え、昨年末から信用取引に手を出していたために18日夜の時点では追証寸前まで追い込まれる始末。結果的に19日に全市場が大反発してくれたおかげで追証は免れることができました。さらに昨日の後場の弱さを見て信用建玉の整理を行い、何とか一息つくことができました。

私は世界同時多発テロ後の大暴落やソニー株を保有してソニーショックを迎えた経験があるのですが、信用取引をしながらの暴落は初めてで、また新たな怖さを実感する結果となりました。この経験で改めて分散投資の大切さを痛感しました。 また前置きが長くなってしまいました。それでは1月20日時点でのHSBC投信の評価額をご覧ください。

HSBC002


日本国内市場の混乱をよそに極めて順調な結果を出してくれています。今週は相変わらずチャイナオープンが絶好調ですが、インドオープンが上昇して全ファンドが黒字化したことが嬉しいです。

実は私はこれ以外に外貨建てMMFも保有しています(米ドルと豪ドルです)。年末の円高時に香港預金資産の為替差損を少しでも埋めようと安易な気持ちで手を出し、その後ナンピン地獄に陥って予定以上に抱えてしまい、失敗したと後悔していました。しかし今にして思えば、HSBC投信と外貨建てMMFに資金を分散させておいて本当に良かった。

金曜日の米市場はナスダック・ダウともに原油高懸念で大暴落。月曜日の動向を心配しつつ、相場の格言「卵は同じカゴに盛るな」を改めて噛みしめています。

人気blogランキングに参加しています
人気blogランキングへ

関連記事

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック