2020 02 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2020 04

確定拠出年金の時限爆弾がついに爆発?

kage

2009/06/07 (Sun)

先ほどNIKKEI NETの報道を見て驚いたのですが、確定拠出年金の時限爆弾とも揶揄されているあの悪名高き特別法人税がついに爆発する時を迎えることになるかも知れません。

確定拠出年金、規制緩和要望を見送り 10年度税制改正で厚労省

厚生労働省は2010年度の税制改正に向け、毎年提出してきた確定拠出年金(日本版401k)の規制緩和要望を見送る見通しだ。企業年金の積立金に課税する特別法人税の凍結措置を10年度末に解除するのに合わせ、企業年金の税体系を抜本的に見直す。

確定拠出年金は運用成績に応じて受け取る年金額が変わる。厚労省は制度の普及を目指し、加入対象者の拡大などを要望してきた。今通常国会には非課税限度額の引き上げなどを盛り込んだ確定拠出年金法改正案を提出している。(日本経済新聞より)


<<ブログランキング参加中>> にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ 人気ブログランキング FC2ブログランキング
特別法人税については以前こちらのエントリーでご紹介したように、積立金に対して毎年1.173%(住民税込み)が課税されるものです。ただしこの税制にはかねてから多方面から撤廃要望が上がっており、現時点では2011年(平成23年)3月31日までの凍結が決定しています。しかし上記の報道によると厚生労働省は凍結の解除を望んでいるようです。確定拠出年金の運用手法は投資信託を使った長期投資と基本的に同じですので毎年1.173%課税されるということはそれだけ信託報酬が増えるのと同じ意味になってしまい、信託報酬が安い確定拠出年金専用投信を選べるというメリットは霧散してしまいます。なおこの税金は特別法人税という名前ですが、企業年金だけでなく個人が利用する個人向け確定拠出年金にも適用されます。

これまで確定拠出年金の普及を目指して加入対象者拡大のための要望をしてきた厚労省がなぜその要求を取り下げて課税強化の動きに出ようとしているのかはこの報道だけでは分かりませんが、もしかすると今国会で成立予定の国民年金法等改正案で国民年金に相当する基礎年金部分の国庫負担割合が現行の1/3から1/2に引き上げられることに伴い、その税源とする目的があるのかも知れません。いずれにせよこの時限爆弾が爆発すると確定拠出年金の魅力は一気に低下してしまうことは確実です。ただし上記記事には「企業年金の税体系を抜本的に見直す」との一文もありますので、とりあえず今後の動向に注目していきたいと思います。



関連記事

この記事へのコメント

kage

非課税枠のほうが縮小?

初めまして。Werder Bremenと申します。その件、ホンネの資産運用セミナーに書込みしておきました(↓)。参考まで。

http://fund.jugem.jp/?eid=1127

非課税枠縮小ならば、1)非課税枠を超えないように掛金を減らす。2)非課税枠に収まるように、退職金と年金に分けてもらう(併給)、の二つが作戦として考えられますね。

ところで、おやじダンサーさんはSBI・個人型401Kですか。例の個別株解禁の進捗状況についてもコメント欄に書き込みしてあります。参考まで。それにしても、特別法人税、調べてみたら、確定拠出年金だけじゃなく、厚生年金、適格退職年金、確定給付年金、挙げ句の果ては”財形貯蓄”なんてものまで課税対象だったんですね!日本のサラリーマン、これらのどれかには関わっていますから401K固有の問題というより、サラリーマン、全員の老後の死活問題とも言えそう。ある意味、人質がいると考えられなくもない。財形貯蓄なんて、今どき、1%も利回りないのに1%以上の特別法人税を課税されたら「元本逓減型貯金」...orz。洒落にもなりません。

ではでは

Posted at 12:05:13 2009/06/14 by Werder Bremen

この記事へのコメント

kage

Werder Bremenさん

コメント並びに詳細な情報提供、誠にありがとうございます。大変参考になりました。

それにしてもかつて年金は非課税であったことを考えるといくら少子高齢化が進行しているとはいえ国民はお上から上手に税金を搾り取られるとの印象を拭いきれませんね。特に確定拠出年金に関しては運用益非課税というメリットの裏側に運用損失に対する手当が一切ないというデメリットが隠れていますので、今回の金融危機のような時に年金の受給を開始すると運用損を抱えたまま税金を払うことになりますので非課税枠の縮小は深刻です。

ただ証券優遇税制を巡る迷走でも分かるように、税制を最終的に決めるのは国会であり、また省庁間の対立(証券税制では金融庁と財務省が対立していたように、年金税制については厚生労働省と経済産業省が対立しているはずです)もありますので、今は今後の推移を見守るしかないのかなと思っています。

SBI証券の確定拠出年金で個別株が買えるようになる件についてもその後のアナウンスがなく気になっていましたが、こちらも今後の推移を見守るしかないようですね。

Posted at 18:10:46 2009/06/14 by おやじダンサー

この記事へのコメント

kage

鹿児島銀行・個人型401Kを超える・・・

スーパースクープ記事が聞き取り調査終了、確認後、近日中に、Rennyさん、カエルさん又はとよぴーさんのブログからリリースされます。個人型401Kでも大企業401K並み、場合によっては、それ以上の驚愕、破格の好待遇!とう、ご期待を!

Posted at 21:21:16 2009/06/14 by Werder Bremen

この記事へのコメント

kage

Werder Bremenさん

大変興味深い速報ありがとうございます。詳細の公開を楽しみにお待ちしております。

Posted at 06:10:01 2009/06/15 by おやじダンサー

この記事へのコメント

kage

大企業型401Kも上回る・・・

401K、ニュース・リリースです!

http://kaeru.orio.jp/blog/2009/06/401k.html#comments

http://renny.jugem.jp/?eid=1006

Posted at 00:40:59 2009/06/16 by Werder Bremen

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック

kage

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

頭を冷やす良い機会かと
確定拠出年金 規制緩和要望を見送り 10年度税制改正で厚労省 (NIKKEI-NET) 厚生労働省は2010年度の税制改正に向け、毎年提出してきた確定拠出年金(日本版401k)の規制緩和要望を見送る見通しだ。企業年金の積立金に課税する特別法人税の凍結措置を10年度末に解除する?...

2009.06.10 (Wed) | The企業年金BLOG