2020 06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2020 08

イーバンク銀行が名称を「楽天銀行」に変更

kage

2009/06/04 (Thu)

2月の増資により楽天の株式保有率が5割弱にまで増えて楽天の連結子会社になったイーバンク銀行ですが、本日の日本経済新聞の報道によると商号を「楽天銀行」に改めて楽天グループの銀行という立場をより一層明確にするようです。

イーバンク銀行、名称を「楽天銀行」に

インターネット専業銀行のイーバンク銀行は4日、楽天銀行に商号変更することを決めたと発表した。29日開催予定の定時株主総会で正式に決めたうえで、2010年6月の定時株主総会までに実施する。理由について「2月に楽天の連結子会社になったことを受け、楽天グループとしての位置付けを明確化し、楽天グループ各社との相乗効果を最大限に発揮するため」と説明している。

同時に、本店を7月21日に現在の東京都千代田区から、楽天本社がある東京都品川区に移転することも発表した。(日本経済新聞より)


<<ブログランキング参加中>> にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ 人気ブログランキング FC2ブログランキング
イーバンク銀行の今回の決断で俄然苦境に立たされるのがマネックス証券を傘下に置くマネックスグループです。なぜなら以前「マネックスはどこへ行く?」でご紹介したようにマネックスグループはかつての提携関係の名残から多額の評価損に苦しみながらもイーバンク銀行の株式を保有し続けているからです。しかし今回の商号変更でマネックスグループが「楽天銀行」の株式を保有することになりますのでその必然性を株主に納得してもらうことはますます難しくなるのではないかと予想されます。やはりここは潔く楽天に頭を下げてイーバンク銀行株を引き取ってもらう決断をすべきではないでしょうか?私はもうすでに株主ではありませんがマネックス証券の顧客として松本社長の決断に注目しています。



関連記事

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック