2020 03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2020 05

米株大幅下落の原因はブログ記事?

kage

2009/04/21 (Tue)

今朝終わった米国株式市場はバンク・オブ・アメリカがクレジットカード部門の貸倒引当金を大幅に積み増したことを嫌気して2割超の下落となり、売り圧力が金融株全体に広がってダウ平均は大幅な下落となりました。しかし下記のロイターの報道によると金融株大幅安の一因はあるブログの記事にあったようです。

一部大手銀行が破たんしているとの見方、根拠ない=米財務省

ワシントン 20日 ロイター:米財務省のウィリアムズ報道官は20日、ストレステスト(健全性審査)の対象となった大手銀行のうち何行かが「厳密には破たんしている」との見方は「根拠がない」と言明した。ブログ「ターナー・ラジオ・ネットワーク」はストレステストを受けた19行中16行が「厳密には破たんしている」と述べ、米政府のリポートに基づく情報としていた。報道官はこれについて「根拠はない。財務省はまだ結果を入手していない」と述べた。同ブログは「厳密には破たんしている16行のうち、キャッシュフローが途切れたり、不良債権の状況が一段と悪化したりした場合に持ちこたえることができる銀行は1行もない」と述べた。また「16行のうち2行が破たんした場合、連邦預金保険公社(FDIC)の保険金の残りをすべて使い切ってしまう」としていた。同ブログはタイム・ワーナー傘下のターナー・ブロードキャスティング・システムとは関係がない。一部報道機関が書き込み内容を報じたほか、あるトレーダーが引用したことで、銀行株の下落につながった。ターナー・ラジオ・ネットワークは一部では白人至上主義グループとみなされている。


<<ブログランキング参加中>> にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ 人気ブログランキング FC2ブログランキング
もし「ターナー・ラジオ・ネットワーク」が伝えた内容が正しければスクープですし、根拠のないものであればいわゆる風説の流布となります。上記記事にある「ターナー・ラジオ・ネットワークは一部では白人至上主義グループとみなされている」という部分を深読みすれば、オバマ大統領に打撃を与えたいという意図が働いている可能性も否定できません。いずれにせよ本当にストレステスト(健全性審査)の内容がヒドイものであれば何らかの対策(例えば不良債権を買い取るバッドバンクの設立)とペアで発表されるのではないかと私は予想しますのでハイリスク投機家の視点で本日は短期的な買い出動のチャンスかも知れないと考えたりしています。

それにしてもいくら市場参加者が疑心暗鬼になっているとしてもブログの記事が株価を大きく動かしてしまうという現実に時代は変わったとの思いを強くします。米国株式市場の動向は世界の株価に大きな影響を与えますので結果的に真偽が確かでないこのブログ記事が私たち日本の個人投資家にも影響を及ぼすことになるわけで、改めてブログというメディアの影響力が増していることを実感します。「ターナー・ラジオ・ネットワーク」に比べて当ブログの影響力などは微々たるものですが、私もブログ開設者の一人としていい加減な記事は書けないなと気持ちを引き締めています。



関連記事

この記事へのコメント

kage

ファン宣言!

読んでいて楽しかったです。ありがとうございます。

Posted at 07:49:33 2009/04/21 by なお

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック