2020 03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2020 05

政府が日銀にETF購入を要請?

kage

2009/02/26 (Thu)

一昨日にTOPIXが一時バブル後最安値を割り込んだことあり、政治の世界でも何らかの株価対策を打ち出す必要があるとの認識が高まっています。本日のロイターの報道によるとその一つの案として日銀に対してETFの購入を要請しようという動きが出ているようです。

日銀にETF購入働きかける案、迅速対応に期待感

東京 26日 ロイター:政府・与党が検討に入った株価対策で、日銀にETF(上場投資信託)購入を働きかけるアイデアが出てきた。法律改正を伴わずに迅速な対応が可能な日銀への期待感が背景にあるが、その実現性や効果は、その他の構想と同じで不透明なまま。政府・与党の迷走ぶりを示しているとも言えそうだ。


<<ブログランキング参加中>> にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ 人気ブログランキング FC2ブログランキング
なお記事が長文であるため、以下に個人的に気になった部分のみ引用させていただきます。全文はこちらでご確認ください。

こうした中で、政府・与党内に出てきたアイデアが、日銀によるETF買い取り案だ。日銀法38条には「信用秩序の維持に重大な支障が生じるおそれのあるとき」には、首相および財務相が日銀に対して「信用秩序の維持のため必要と認められる業務を行うことを要請することができる」としている。日銀の買い支えを強く求めている民主党の関係者も「株価が急落する場面でこの規定を使うことで日銀に資産の買い取りを要請することが可能になる」と歓迎している。

日銀の野田忠男審議委員は26日の沖縄県での記者会見で、日銀によるETFの購入について「可能であるとも、不可能であるとも、今は答えられる段階ではない」と言及を避けている。

投資信託協会によると、1月末に国内市場で流通しているETFは64本で残高は2.3兆円に過ぎない。日本証券業協会の幹部は「株価底割れの懸念の中でPKOには期待を寄せざるを得ない」としているが「ETFは残高分までしか買えないし、投資家もいるのですべてを購入できるわけではない。2兆円程度なら市場に与えるインパクトは、いかにも小粒の印象だ」と述べている。


1990年代の金融危機の際に日銀は銀行などが保有する株式を買い取りましたが、今回の案では日銀が直接株式市場からETFを買い付けることが望まれているようです。しかし記事を読む限りはまだ法的に可能かどうかも分からず、もし可能であったとしても効果は限定的のようですので過度な期待は持たない方が良いように思います。しかしもし日銀が株式市場から直接株式を買い付ける際にはある特定の銘柄を買うよりETFを買った方が公平性の観点からはモア・ベターであることは間違いありません。また本来の主旨とは異なりますが、広く一般にETFの認知を拡大する効果もあるように思いますので、とにかく今は予断を持たずに可能な政策をすべて注ぎ込んで日本経済崩壊の危機を乗り切っていただきたいものです。

さて以下は余談ですが、ETFつながりとしてある特定の条件下でのみ有効なちょっとお得なETFの買い方をご紹介したいと思います。その条件とはズバリ逆日歩(ぎゃくひぶ)の付いている銘柄を制度信用で買うことです(一般信用は不可)。逆日歩の詳しい説明は野村證券のこちらのページなどが参考になりますが、要は空売りが増え過ぎた時に売るために借りる株を調達するのにかかる手数料のことで、売り方が支払い、買い方がもらうことになります。

現時点でこの条件に当てはまるのがインデックス投資家にもおなじみのTOPIX連動型上場投資信託(1306)です。1306の逆日歩実績は日本証券金融のこちらのページで確認できますが、ご覧のとおりここ数日は1単位あたり0.5円となっており、制度信用で最低買付単位の10単位(今日の終値で7,580円)を買っておけば逆日歩として毎日5円がもらえる計算になります。ちなみに逆日歩はFXのスワップ金利と同様に土日祝日ももらえます。

実は私自身が年度末の株価維持圧力に期待してSBI証券の制度信用を使って1306を買っていますので、ご参考までに2月17日の建玉の明細をご紹介しましょう。

1306

諸経費欄の「新規建手数料」は買付手数料のことで、「日歩」は信用取引で借りたお金にかかる金利です。これらの経費は決済時に支払わなければなりませんが、「逆日歩及び貸株料」にある金額は逆にもらえます。すなわち上記建玉の昨日時点の諸経費は5+6-40=-29となり、通算で29円もらえる計算になります。ちなみに以前こちらのエントリーでご紹介した貸株サービスを使えば年利0.5%の金利がもらえ、建てた時の7,710円で計算すると1年で39円となりますが、今回の逆日歩ではわずか9日でそれを超える40円を稼いでいますので上手く利用すれば大変お得な運用法になるはずです。ただしもし毎日逆日歩がもらえる状態が続いたとしても決算をまたげば権利処理等手数料(名義書換料)がかかったり、1カ月以上持ち続けると別途管理費がかかったりしますので、信用取引の仕組みを十分にご理解の上でご活用ください。



関連記事

この記事へのコメント

kage

とても魅力的な記事でした!!
また遊びにきます。
ありがとうございます!!

Posted at 19:20:35 2011/09/29 by 株の勉強

この記事へのコメント

kage

株の勉強さん

古いエントリーにコメントをいただきありがとうございます。

この時は奇想天外と思われていた日銀のETF購入が今では当たり前のように行われているのは隔世の感がありますね。

恐らく評価いただいたのは後半の部分だと思いますが念のため調べてみるとTOPIX連動型上場投資信託(1306)は今も1円の逆日歩が付いているのでこの裏技は有効ですね。

Posted at 08:48:30 2011/09/30 by おやじダンサー

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック