2017 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 09

間違ったダイエット法

kage

2005/10/17 (Mon)

このサイトではダイエットについても熱く語る予定だったのですが、自分自身、いまいち効果が出ていないためになかなか筆が進みません。それでもアクセス解析を見ると、ダイエット関係で当サイトをご訪問下さる方が予想以上の多く、驚くと同時に貧弱な内容で申し訳なく思っています。そこで今日は話題探しのためにとダイエットについていろいろ検索していて、こんな記事を発見しました。

肉食べなければ太らない? 肥満学会で誤った常識紹介(共同通信より)

札幌市で開かれている日本肥満学会で14日、「肉を食べなければ太らない」といった誤った“常識”に基づくダイエットをしている例が少なくないことが報告された。最近増えている「減量教室」での効果的な指導方法などを話し合うセミナーで紹介された。

思い込みの具体例としては、豆腐4分の1丁(100グラム)は赤身の肉50グラムのカロリーに相当するにもかかわらず、「豆腐はカロリーが少ない」「肉を一切食べなければ太らない」と考えていること。

極端に脂質を抑えた偏った食事や、健康食品に頼り過ぎる方法など、誤ったダイエットを行っている人が多いことも指摘された。


人気blogランキングに参加しています
人気blogランキングへ 私が過去に成功体験のあるバリアトリックス減量法をスッパリとやめたのも、極端な偏食が体に良くないと思ったからです。前にも書きましたが実際に会社の上司から「お前、最近顔色が良くないぞ」と言われましたし。炭水化物や脂質、糖分や塩分などを控えめにして、バランスの取れた栄養補給に心がけ、適度な運動を続けることが健康的なダイエット方法です。例え効果が絶大でも、健康を害するダイエットでは本末転倒です。「肉を一切食べなければ太らない」という論法が明らかな間違いであることは、ベジタリアンでも太っている人がたくさんいることで証明されます。

とは言いつつ、天の邪鬼な私はこの記事を読んで、あえて突っ込みを入れたくなりました。実は私、豆腐大好き人間であることもあり、ご飯代わりに豆腐を食べたりします。100グラムの豆腐と100グラムの白米ではどちらがカロリーが高いでしょう?また50グラムの赤身の肉と50グラムのお菓子ではどちらが太りやすいでしょう?極端な偏食は言語道断ですが、炭水化物や糖分など、控えたい食物の代用としてタンパク質中心の食事に置き換えることはダイエットに有効だと思いますよ。糖質や脂質のカロリーとタンパク質のカロリーは同じで単位であっても多少性質が異なるものだと理解していますが間違っていますか?(タンパク質は消化する時にカロリーを消費すると聞いたことがありますが・・・)

何はともあれ、ダイエットに限らず何事も極端にならずに控えめがよろしいようで。

追記:全体の比率は低いもののお米にも食物繊維が含まれています。ただ一粒ずつの含有量は少なくてもお米は日本人の主食だけにトータルの摂取量はかなりの量となり炭水化物の摂取を減らそうとしてお米の量を減らすと深刻な食物繊維不足に陥ってしまう可能性があります。ダイエット効果を維持しつつ健康増進も考えるなら発芽玄米が良いでしょう。ちなみに私は発芽玄米はに大麦を混ぜて食べています。

関連記事

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック