2017 09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 11

シティが日興シティ信託銀行を売却

kage

2008/11/29 (Sat)

NHKの7時のニュースを見ていたらシティグループが傘下の日興シティ信託銀行を売却する方針であるとの報道がありました。シティはすでに日興コーディアル証券では希望退職の募集を開始しており、日本におけるビジネスのリストラが今後拡大していく可能性が高いようです。

日興シティ信託銀 売却の方針

金融危機で経営が悪化しているアメリカ最大手の銀行の「シティグループ」は、日本にある傘下の「日興シティ信託銀行」を売却する方針を固めました。日本円で4兆円余りに上る公的資金の受け入れで経営再建を目指すシティグループの日本の事業にも、金融危機の影響が広がり始めました。関係者によりますと、シティグループは、資産運用会社から資産管理業務などを受託する日興シティ信託銀行を売却する方針を固め、週明けにも譲渡先を決める入札が実施される予定です。今のところ、入札には複数の大手信託銀行が参加する見通しだということです。アメリカ最大手の銀行のシティグループは、日本では持ち株会社の「日興シティホールディングス」を通じて日興シティ信託銀行などの金融事業を展開していますが、金融危機で経営が悪化したため、全世界で5万人に上る人員削減を計画し、450億ドル、日本円でおよそ4兆2千億円に上る巨額の公的資金の受け入れで経営再建を目指しています。日興シティ信託銀行の売却は、金融危機の影響がシティグループの日本の事業にも広がり始めたことを示しています。(NHKオンラインより)


<<ブログランキング参加中>> にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ 人気ブログランキング FC2ブログランキング
個人投資家と日興シティ信託銀行とはあまり縁がないと思われるかも知れませんが実は深い縁があります。例えば私に直接関係ある部分でいえば、さわかみ投信・ありがとう投信・セゾン投信などの複数の独立系投信の受託会社(資産の保管・管理を行う会社)に日興シティ信託銀行が指定されています。また私が保有する年金積立インデックスファンド海外新興国株式など日興アセットマネジメントが設定した投資信託の受託会社にも日興シティ信託銀行が指定されています。報道によると今回は円満に売却が進行するようなので特に心配する必要はないようですが、投資信託における受託会社は私たちの大切な資産を預かってもらっている会社ですからその動向には常に注意を払っておきたいものですね。正直私の中でも投資信託の受託会社は販売会社や投信会社と比べて影が薄くなりがちですが、経営破綻ともなれば解約が一時的に制限されたり強制解約になるなどさまざまな弊害が想定できますので気を付けたいと思います。

あと取り越し苦労かも知れませんが、日興コーディアルグループのリストラ拡大をみると同グループに発行済株式の1/4超を握られているマネックス証券の今後が顧客の一人として気になります。以前にも書きましたがもしこの1/4超の株式が売りに出されてマネックス証券として歓迎しない買い手が現れた場合を想定すると私たちが受けるサービスの混乱も予想されますので、日興コーディアルグループのリストラがマネックス証券にどのような影響を与えるのか、今後の動向に注目を続けたいと思っています。



関連記事

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック