2020 02 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2020 04

米国債保有、中国が首位に

kage

2008/11/19 (Wed)

本日の日本経済新聞の報道によると米国発の未曾有の金融危機の嵐が世界中を吹き荒れる中、中国が米国債の保有高を積み増し、日本を抜いて首位に立ったとのことです。

米国債保有、中国が首位に 9月末、日本は2位転落

米財務省が18日発表した9月の国際資本統計によると、中国が日本を抜いて世界最大の米国債の保有国になった。国・地域別の米国債保有残高は9月末時点で中国が5850億ドル(約56兆8800億円、香港は含まず)。日本は5732億ドルにとどまった。

米国発の金融危機にもかかわらず、中国は米国債への投資を拡大。米財政赤字が膨らむ中、米中の経済的な相互依存関係の深まりを示した。

9月末の中国の米国債保有残高は前月に比べ436億ドル増加。日本は128億ドル減った。3位は英国で3384億ドル。海外全体では前月に比べ1106億ドル増え、2兆8605億ドルとなった。(日本経済新聞より)


<<ブログランキング参加中>> にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ 人気ブログランキング FC2ブログランキング
皆さんご承知のとおり外貨準備高総額では日本はずいぶん以前に中国に抜かれていましたが、外貨準備のほとんどを米国債にぶち込むという異常なポートフォリオを組む日本と違って中国はある程度保有通貨の分散を実践していましたので米国債の保有高だけで見ればこれまで日本が世界一だったのです。米国経済や基軸通貨・米ドルへの信任が失われつつある現状を考えれば米国債をたくさん保有していることが必ずしも良い結果を生むとは限らないという現実もありますが、経済面から見た世界の枠組みは確実に変化していることを実感させられるニュースであることは間違いないと思います。

東西冷戦時代に青春時代を送った私にしてみれば中国が世界最大の米国債保有国になったという事実に時代の変化を感じずにはいられません。それにしても中国くらいのしたたかな国であれば「今回の金融危機は米国から経済の覇権を奪う絶好のチャンスである」くらいに考えているのかと思っていましたが、最大の得意先である米国を支えることが結局は自国の利益になることを冷静に判断しているところはさすがだと思いました。米国発の金融不安が瞬く間に世界的な金融危機に発展する現状からも分かるとおり、経済のグローバル化がここまで進展した以上は経済面ではすでに世界が一蓮托生状態になっているように見えます。従って、かつての日本のバブルのように一部の国だけが経済成長を謳歌することは事実上不可能と思われますので、結果はどうなるか分かりませんが中国の判断はおそらく正しいのだろうと思います。

このようにすでに国境が意味を持たなくなっている経済面から世界を眺めてみると、政治面や軍事面から見た世界観との大きなギャップを痛感します。身近な例でいえば日米安全保障条約についてもその意義につい再検討して良い時期にきているように感じます。もちろん安全保障問題は非常に微妙な問題を多く含んではいますが、先入観を捨てて現状における最適な解を模索する必要があるように感じます。これは政治面でも同じです。本格的な少子高齢化時代を迎えた日本では高度経済成長時代と同じ仕組みの年金や医療制度が維持できないことは誰にでも分かることです。また中央省庁を中心とした中央集権体制にも無理が出てきていることも誰の目にも明らかです。今回の金融危機で私たち個人投資家は世界経済の変化のスピードがドンドン加速していることを痛感しました。自然界では環境の変化に順応できない生物は淘汰されます。経済界でも環境の変化に対応できない企業は淘汰されます。中国の大きな変化を見るに付け国家についてもこの原則は同じなのではないかと痛感しています。政治や軍事の観点から「世界平和」を考えると実現するのは困難であるように感じますが、経済面からは見ればすでに全世界が協調して経済成長を目指すしかないことが共通の認識になっていますので環境の変化は相当前を進んでいるように思えます。



関連記事

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック