2020 02 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2020 04

円建て住宅ローンの悲劇

kage

2008/10/22 (Wed)

本日の朝日新聞の報道によると、今回の金融危機でデフォルト(債務不履行)寸前にまで追い込まれているアイスランドでかつて一世を風靡した円建て住宅ローンを利用した人が大変な事態に陥っているそうです。

ローン返済、突如倍増 アイスランド、円建て人気裏目

家や車のローンの毎月の返済額が急に倍になる――。悪夢みたいな話がアイスランドでは現実になっていた。

レイキャビクの高校教師、アウスディスさん(47)は2年前にアパートを買った。子供が5人なので広めの約200平方メートル。そのローン返済額が今年初めは月11万4千クローナだったのに今は22万クローナなのだ。

実は資金を「日本円」で借りた。それがつまずきのもとだった。

バブル経済で同国通貨クローナは金利が高いうえ、返済額が物価の上昇率に応じて変わる独特の制度もある。それに比べ円はずっと低金利だし、この国のインフレにも振り回されない。返済は円での定額を毎月のレートでクローナに替えて払う。「為替の変動が多少あっても割安」になるはずだった。

ところが、この春ごろから下落気味だったクローナは金融危機で暴落。ついに1クローナが約1円と年初のほぼ半分の価値に落ちてしまった。(後略)(全文はこちらをご覧ください)(朝日新聞より)


<<ブログランキング参加中>> にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ 人気ブログランキング FC2ブログランキング
欧州で円建て住宅ローンが流行していることについては当ブログでも約2年前のこちらのエントリーでご紹介していますが、当時はユーロを筆頭とした欧州通貨が非常に強く、反対に日本円は世界最弱通貨の道を一人で歩んでいる状況でしたので、極端な例でいえば借りたあと一切返済を行わなくても為替変動の影響で自動的に残高が減っていくという欧州側のローン利用者にとっては夢のような状態でした。それが今回の金融危機で環境が180度転換してしまったわけです。

投資の世界で「リスク」はパフォーマンスが上下に振れる幅を表しますので、私たち個人投資家は大儲けの可能性と大損の可能性は表裏一体であることを身に染みて理解しています。つまり円建て住宅ローンは2年前の夢のような状況や今回の悪夢のような状況を演出できるくらい為替リスクが高かったということを証明しているといえます。この事実からメリットの大きい金融商品はそれと同等のデメリットがある(=ローリスク・ハイリターンはあり得ない)という原理原則を私たちは改めて肝に銘じなければなりませんね。

以下余談ですが、昨日のテレビ東京系の経済情報番組「ワールド・ビジネス・サテライト」で米国の債券運用の大家であるビル・グロス氏がインタビューで「日本の通貨と債券は大変魅力的である」と答えていました。これに欧米の金融危機の影響がますます深刻になり利下げ圧力が高まることを合わせて考えれば私はやはり日本円の意外高(1ドル=80円割れに再チャレンジ)があるように思えて仕方ありません。そう考えると今回の金融危機がある程度落ち着くまでは外貨建て投資には消極的にならざるを得ません。為替との相性が最悪の私の予想が果たしてどうなるのか、私自身も興味津々です。



関連記事

この記事へのコメント

kage

まさに天国から地獄ですね。
日本人も高金利通貨の暴落で痛い思いをしていますが、現地の方もお気の毒です。
欧米はまだまだ深刻でしょうから、円が一段と独歩高になりそうな気配ですね。
円をもっておく時期かもしれません。

Posted at 19:33:29 2008/10/22 by gochiny

この記事へのコメント

kage

おやじダンサーさん。こんばんは。

通貨というものは、難しいですね。
低金利でも、円高になりますし。

Posted at 22:29:22 2008/10/22 by どらやきや

この記事へのコメント

kage

gochinyさん

コメントありがとうございます。

あえて大げさな表現をすればそろそろ為替システム自体を大きく見直す時期に来ているのかも知れません。例えば世界共通決済用通貨の創設とか米ドルの金(Gold)交換復活とか。

どらやきやさん

コメントありがとうございます。

今は各国経済の信用力の方に注目が集まっているのだと思います。これは信用力の高い債券は利回りが低くても買われるのと同じですね。

Posted at 23:27:49 2008/10/22 by おやじダンサー

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック