2017 09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 11

急反発した株式市場を見て思ったこと

kage

2008/10/15 (Wed)

かつて日本は皮肉を込めて「もっとも完成された社会主義国家」と評されたことがありましたが、世界中の大手金融機関に次々に巨額の公的資金が投入されている現状を見るにつけ、「東西冷戦で勝ったのはどっちの陣営だったっけ?」と資本主義を信じて金融危機の直撃を受けた個人投資家の一人としては皮肉のひとつも言いたくなります。かつての日本の先例でもお分かりのとおり、公的資金=国民の税金ですから、公的資金が注入された大手金融機関は国民の血税で助けられ、その一部(条件によっては全部)が国民の所有物となったわけです。もし今後の再建プランも日本の先例に従うのであればさらなる利下げが行われることになり、国民は本来受け取れていたはずの利息を返上するという形で新たな負担を求められることになります。かつて同じことを経験して来た(低金利については現在も犠牲を強いられている)日本国民としては同情の念を禁じ得ませんが、国民の所有物となったからには国民が責任を負わされるのは当然のことで、それこそが社会主義国家の本来の姿であるといえます。

<<ブログランキング参加中>> にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ 人気ブログランキング FC2ブログランキング
と思い切り皮肉をぶつけたところで改めて世界経済のこれからを予測してみると、今回の措置はあくまでも応急措置であり実体経済の悪化がどのくらいの規模で現れてくるかによってさらなる追加措置が求められてくることは想像に難くありません。つまり欧米に対する利下げ圧力はこれから先ますます高まることが予想され、以前にも書いたとおり今回の金融危機の震源地である米国などはかつての日本並みにゼロ金利+量的緩和にまで踏み込まざるを得ないかも知れません。幸か不幸か現時点では原油価格を筆頭とする商品価格が軟調に推移しているため各国とも利下げを行いやすい環境にあります。これに対して日本は事実上利下げカードは最後の1枚しか残っておらず(0.25%カードを2枚とも使ってしまうとゼロ金利に戻り、ゼロ金利政策解除は失敗でしたと認めることになるので日銀の面子が丸つぶれになる)、簡単に協調利下げに参加することはできません。このような状況を考えると為替との相性が最悪のド素人の私には現在の為替水準がまだ円独歩高のほんの入り口に過ぎないように思えてきます。今はやっと円キャリー取引が押し上げたお化粧の部分が剥げ落ちただけで、これから各国の実体経済悪化を織り込みに行くのだとしたら、株価がバブル後最安値にチャレンジしたように為替も1ドル=80円割れに再チャレンジすることになるのではないでしょうか?

昨年まで続いた日本を除く世界的な株高の一因となったのは、超低金利の円を借りて外貨で運用する円キャリー取引であったといわれています。それが今回は世界中が一斉に利下げに動き流動性をジャブジャブ供給することになるのですからその副産物として生まれるバブルは想像を絶する規模になるのかも知れません。すなわちそれは次回のバブルが崩壊した時の破壊力も想像を絶する規模になる危険性を秘めていることになります。もし新たなバブルが発生しなくても早晩基軸通貨としてのドルの信認問題が新たな波乱要因として浮上することになると思いますので、私たちは今回の金融危機の行く末を十分に見極めて、次回の危機への教訓としなければなりませんね。



関連記事

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック