2020 04 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2020 06

REITが経営破綻

kage

2008/10/09 (Thu)

サブプライムローン問題に端を発する今回の金融危機で銀行の貸し渋りが起こり、資金繰りが急激に悪化した新興不動産企業に経営破綻が相次いだことは記憶に新しいところですが、不動産業界を襲う大逆風はついにREITにまで及んできたようです。

ニューシティが民事再生手続きを申し立て、負債総額1123億円

ニューシティ・レジデンス投資法人(8965)が9日引け後、東京地裁に民事再生手続き開始の申し立てを行い、受理されたと発表した。負債総額は8月31日現在で約1123億6500万円。世界的な金融市場の混乱や信用収縮の中、ニューシティの事業運営も影響を受け、不動産関連の新規融資、資金調達や借入金のリファイナンス、保有資産の売却などが円滑に進まなくなった。10月末までに取得予定の試算の決済資金と、10月に返済期限の到来する借入金の返済資金について調達のメドが立たない状況となったため、民事再生手続きの申し立てを行った。なお、ニューシティは、資産運用をシービーアールイー・レジデンシャル・マネジメントに委託し、運用効率の向上を図ってきた。(株式新聞ニュースより)


<<ブログランキング参加中>> にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ 人気ブログランキング FC2ブログランキング
この記事にあるとおり、一般的なREITは自己資本の他に借入金でも不動産物件を買い入れています。これは仕組みとしては株式の信用取引や為替証拠金取引(FX)と同様にレバレッジを掛けたビジネスモデルといえます。ですから外部環境が急激に悪化すると市場から強制退場を命じられることになります。このようにREITにも経営破綻の可能性があることは頭では理解していたつもりでしたが、正直現実になるとは思っていませんでした。最近たびたびご報告しているとおり、コツコツと東証REIT指数連動型上場投信に猫パンチ投資を繰り出している私にとってこのニュースは間違いなくネガティブサプライズです。

実は今日も東証REIT指数が最安値を更新したため、性懲りもなくまた猫パンチ投資を繰り出してしまいました。しかも買い付け数は前回の倍の4単位です。

SBI081009

明日の東証REIT指数はこのニュースに反応して最安値更新となるかも知れません。しかしREITを取り巻く状況の悪化を再認識した今となっては安易に押し目買いを入れず、もっと長い視点でゆっくりと追加購入を続けて行こうと考えています。



関連記事

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック