2020 06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2020 08

オリックスとセゾンが統合交渉

kage

2008/08/05 (Tue)

ちょうど一週間前のエントリークレディセゾンが銀行を買収?でクレディセゾンが総合金融グループ化に向けて銀行買収に動いているという報道をご紹介しましたが、本日の日本経済新聞の報道を見ると林野社長の構想はさらに壮大だったようです。

オリックスとセゾンが統合交渉、個人・法人を網羅 資産11.5兆円

オリックスとクレディセゾンの大手上場ノンバンク2社が経営統合交渉を進めていることが4日、明らかになった。来年秋の実現を目指す。リースや不動産など法人ビジネスを得意とするオリックスと個人向けカード大手セゾンが補完し合う組み合わせで、実現すれば総資産で約11兆5000億円と群を抜く規模の「総合ノンバンク」になる。貸金業法改正や景気低迷で国内の金融環境は厳しさを増しており、業界再編の動きが加速しそうだ。

両社はセゾン株式の12%弱を保有する筆頭株主であるみずほフィナンシャルグループをはじめ、主要な金融機関に経営統合の考えを伝えたもようだ。来月の基本合意を目指して最終調整を進めている。みずほ側の同意を前提に、統合に関する条件を詰める。(日本経済新聞より)


<<ブログランキング参加中>> にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ 人気ブログランキング FC2ブログランキング
いきなり飛び出したオリックスとクレディセゾンの経営統合のニュースには私も驚かされましたが、確かに記事にあるとおり法人に強いオリックスと個人に強いクレディセゾンであれば統合によるシナジー効果は大きそうです。さらにオリックス+クレディセゾンという圧倒的存在の登場は業界内における合従連衡の動きをますます加速させることは間違いないでしょう。最近当ブログでは何かと困難に遭遇しているマネックス証券のセゾングループ入りを熱望して来ましたが、傘下に証券会社を抱えるオリックスとの経営統合が実現すればその望みは夢に終わる可能性が高くなります。しかし昨日のエントリーにも書いたように、金融業界においては銀行・証券会社・カード会社などのサービスを包括する総合金融サービス化の流れがこれからますます大きく強くなっていくと思われますので、ネット証券業界もいずれ再編・淘汰の嵐に飲み込まれるのではないかと想像します。であれば一足先に固定ファンの多いマネックス証券を傘下に迎え入れておき、オリックスとの経営統合後にオリックス証券とマネックス証券も経営統合させるという案も面白そうです。私自身がマネックスファンであるために無理矢理このような妄想を膨らませてしまいますが、金融業界大再編の流れの中でセゾングループとの関係の深いマネックス証券を他の勢力に取られて良いのかどうかをぜひ林野社長にはお考えいただければ幸いです。



関連記事

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック