2020 06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2020 08

マネックス証券の米国上場ETF・株式の遅延原因が明らかに

kage

2008/07/31 (Thu)

この問題が発生して以来、頻繁にマネックス証券のサイトをチェックするのが日課となってしまいましたが、先ほど「米国上場ETF・株式の取扱い開始時期の遅延について」と題する新たな情報が開示されていることを確認しました。なお詳細はこちらからご確認ください。

米国上場ETF・株式の取扱い開始時期の遅延について

米国上場ETF・株式の取扱い開始時期につきまして、6月30日付けの最新情報にて、7月半ば以降とお知らせいたしましたが、遅延しており、お客さまには大変ご迷惑をおかけしておりますことお詫び申し上げます。

今般取扱い開始予定の米国上場ETF・株式では、お客さまの利便性向上の為、マネックス証券のログイン後画面から米国株取引画面に再度ログインすることなく、直接取引画面に遷移する機能(シングルサインオン)の実装を予定しております。

今般の取扱い開始時期の遅延は、当機能の作動が当社の期待する水準まで達していないことによるものであり、これらの最終的な調整・修正に時間を要していることから生じております。

サービス開始時期は現在8月中を予定しておりますが、確定次第、あらためてご案内いたします。


<<ブログランキング参加中>> にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ 人気ブログランキング FC2ブログランキング
これにより遅延の原因がマネックス証券内のシステムの信頼性問題であることが明らかになりました。ネット証券にとって自社システムの信頼性に不安があることを明らかにすることがいかにダメージが大きいかは十分に理解できますが、この理由であればこれまで曖昧な説明で延期を続けて来た方がむしろ顧客の不信感を拡大してしまったことによるダメージは大きかった思います。マネックスファンとして、マネックス証券に関係ない理由があるのではないかと無理矢理好意的な推測をしてきた私も正直ガッカリです。

なお上記リンクから原文をご確認いただければお分かりのとおり、今回は新サービスで取り扱う予定の内容が一部明らかになっています。

取扱い銘柄
・ニューヨーク証券取引所(NYSE Arcaを含む)、アメリカン証券取引所、ナスダック証券取引所に上場する米国ETF54銘柄
・米国の株価指数の他、新興国を含む世界各国の株式指数、株式以外の資産を対象とする債券、不動産、コモディティの指数等、バラエティ豊富な資産に連動
・ダウ工業30種平均株価を構成する個別株式30銘柄
・本邦初となるバンガード運用の米国ETF銘柄の取扱いも準備中

手数料
・取引手数料は業界最低水準の一約定につき25.2米ドル(税込)
・売買は1株(口)単位から可能

取引方法
・ニューヨーク現地時間9時30分から16時まで、リアルタイムに取引可能
・口座開設から取引までウェブ上で完結


バンガード社のETFの取り扱いを準備していることが明記されたのは嬉しいですが、具体的な内容が明らかになるまでは喜ぶのは先にしておきます。



関連記事

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック

kage

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

マネックス証券海外ETF遅延の理由が公開!
おやじダンサーさんのサイト「[http://oyajidancer.blog22.fc2.com/ おやじダンサーのひとりごと]」にマネックス証券の海外ETF遅延の理由が公開されてました。 以下のように安定したシステムの提供が出来ていないからという事で、非難の嵐も説明をしたことで少しは収まる...

2008.07.31 (Thu) | 道産子投資道(インデックス投資&海外ドラマの日々)

マネックスから米国上場ETF・株式の取扱い遅延の原因について発表がありました
我々の声が届いたのか?本日HP上で遅延理由の説明と、今後取扱い予定の商品概要につ

2008.07.31 (Thu) | レバレッジ投資実践日記

マネックスがバンガードを含む米国ETF54銘柄を業界最安手数料で提供準備中!
マネックス証券のウェブサイトに「米国上場ETF・株式の取扱い開始時期の遅延について」というお知らせが掲載された。

2008.08.01 (Fri) | ホンネの資産運用セミナー