2020 02 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2020 04

クレディセゾンが銀行を買収?

kage

2008/07/29 (Tue)

先週金曜日のセゾン投信定期積立経過報告で、「セゾン投信が特定口座に対応するためにセゾングループと縁の深いマネックス証券を買収してはどうか」という夢物語を書きましたが、本日の夕刊フジの報道によると、どうやら林野社長は証券会社より先に銀行が欲しいようです。

クレディセゾン、銀行買収か…総合金融グループ化へ

女性に人気の独立系のクレジット会社、クレディセゾン(東京、林野宏社長)が銀行を買収し、インターネットバンキング事業に乗り出すとの観測が金融界に浮上している。買収先の候補としては「あおぞら銀行傘下のあおぞら信託銀行」(金融関係者)の名前が取りざたされている。貸金業法改正などでカード業界に逆風が吹くなか、クレディセゾンが総合金融グループ化を推し進めれば、金融界での存在感がより増すことになる。(後略)(全文はこちらでご確認下さい)(ZAKZAKより)


<<ブログランキング参加中>> にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ 人気ブログランキング FC2ブログランキング
この記事にあるように、もし本当にクレディセゾンが総合金融グループ化を目指すのであれば、次は証券会社という発想が出てきても不思議ではありません。セゾン投信の中野社長が運用会社の独立性を守りたいと考えておられることは重々承知しておりますが、もし総合金融グループの一員となれるのであればそのポジションを活用しない手はありません。つまりグループ内の銀行・証券会社・投信会社がそれぞれ分担して得意な分野を請け負い、お互いの連携を強化してシナジー効果を発揮していただければ顧客満足度は間違いなく向上するはずです。具体的なイメージとしてはSBI証券と住信SBIネット銀行の関係に投信会社を加えたような形で、お互いの間で資金の移動がフレキシブルに行えれば利便性は格段に向上すると思います。さらにもし仮にマネックス証券をグループ内に引き入れることができるのであれば、バンガード社との関係が深いという共通点を生かして、バンガード社のファンドで構成するバランスファンド「新マネックス資産設計ファンド」をセゾン投信が設定すれば、大いに個人投資家の注目を集めること請け合いです。このようにグループ全体でバンガード社のファンドの取扱額が増えれば信託報酬値下げの近道にもなりますので、この一個人投資家の戯言をぜひ前向きにご検討いただければ幸いです。



関連記事

この記事へのコメント

kage

あおぞら銀行は事業成績いいんでしょ。なんでクレディセゾンみたいなゴミ会社とグループ化する必要があるの?

Posted at 04:01:34 2010/08/22 by

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック