2020 03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2020 05

iPod nanoの品質問題

kage

2005/09/29 (Thu)

少し前からネット上で話題となっていたiPod nanoの品質問題について、アップル社から公式コメントが出ました。

アップル、iPod nanoの欠陥を認める--無償交換へ

Apple Computerが、同社の新しい音楽プレイヤー「iPod nano」の欠陥を認め、ひび割れの影響を受けやすい液晶画面の搭載されたモデルについては無償で交換することを明らかにした。



液晶画面がひび割れやすいとなると、画面の材質に問題があると考えるのが普通ですが、アップル社のコメントによると製造上の理由だとのこと。ベンダー側の品質管理に問題があったそうですが、完成品を落として割れた状態で出荷してしまったのか、はたまた液晶画面の取り付けが不安定で割れやすくなったのか、素人の私にはよく分かりません。 液晶画面がひび割れやすいというiPod nanoの不具合が、アップル社のコメントどおり出荷済みの0.1%以下の割合なら、例えばクレームには個別に対応して、真実は闇に葬ってしまうことだってできたはずなのに、欠陥を認めて無償交換に応ずると表明した姿勢は素直に評価して良いと思います。

ただ、こちらもネット上で話題になっている「液晶画面が傷つきやすい」といわれる問題と今回の不具合は別だとのこと。このあたりがちょっと気になります。

「傷が気になるようなら、すでに多数出回っているiPod nano用のケースを利用して欲しい」というアップル社関係者のコメントも、世界一品質に対する評価が厳しい日本市場で素直に受け入れられるかどうか心配です。下手をすればXboxのDVDディスク傷付き問題で「傷は入っても再生に問題はない」とコメントしてユーザーから総スカンを食ったマイクロソフトの二の舞となる可能性も否定できません。

そもそもポータブルオーディオ機器はラフにあつかわれがちですが、iPod nanoのセールスポイントである薄く、軽く、安くはいずれもさらに扱いが手荒になることを意味しています。「好事魔多し」ということわざもあります。絶好調の時こそ念には念を入れた慎重さが求められます。

人気blogランキングに参加しています
人気blogランキングへ

関連記事

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック