2020 03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2020 05

町村官房長官が大幅株安に疑問を呈す

kage

2008/02/06 (Wed)

昨日の米国株式市場の大幅下落を受けた本日の日本株式市場は日経平均株価が646.26円安(-4.70%)という大暴落に見舞われました。昨日のエントリーでもご紹介したように個々の企業業績を見ると最高益を更新する絶好調な会社が少なくない中、「なぜこれほど株価が下がるのか分からない」と町村官房長官が発言したそうです。

経済は総じてしっかり、なぜこれほど下がるか疑問=株安で官房長官

東京 6日 ロイター:町村信孝官房長官は6日午後の定例会見で、株価が大幅下落したことについて、「経済のファンダメンタルズは総じてしっかりしており、なぜこれほど下がるのかわからない」と述べた。6日の日経平均株価は米リセッション懸念を手がかりに大幅続落。646円安の安値引けとなった。株安の背景について町村官房長官は、米サブプライムローン(信用度の低い借り手向け住宅ローン)問題で米経済が相当影響を受けるなどの解説があるが、要因分析できるポジションにないと答えた。


<<ブログランキング参加中>> にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ 人気ブログランキング FC2ブログランキング
大逆風の中、日本株の将来を信じて投資を継続している個人投資家の一人としては今回の官房長官の発言を聞いて「何をのんきなことを」と恨み言のひとつも言いたくなります。しかし、あえて深読みするとここで政府の責任ある立場の人から「緊急事態だ」とか「これは大変だ」という発言があるとマーケットには逆効果になることも往々にしてありますので、わざとこのような発言をされたのだと信じたいところです。

それではなぜこれほど株価が下落してしまうかというと、本日のロイターの報道によるとヘッジファンドの売り仕掛けが大きな原因のひとつになっているようですね。

「米株安で投資家のリスク許容度が低下した面もあるが、業績不振銘柄を中心にヘッジファンド等のカラ売り注文も多い」(準大手証券エクイティ部)という。市場からは「週末にオプションSQを控えていることもあり、売り仕掛けの材料が揃(そろ)っている状況だ。金融緩和や景気対策の効果が出るには時間がかかるため、先行して悪化する経済指標は売り材料にされやすい」(SMBCフレンド証券株式ストラテジストの中西文行氏)との声が出ている。(ロイターより)


世界中を大混乱の渦に巻き込んでいるサブプライムローン問題の嵐の中、日本の株式市場における売買主体である外国人投資家は身動きが取れず、個人投資家の多くも様子見に徹しているためヘッジファンドの目論見通りに相場が操られてしまうわけですね。現在の日本株式市場には株価や各種指標を見る限り常識では考えられないレベルにまで売り込まれたバーゲンセールの超目玉銘柄が数多く存在しているのですが、それでも国内の機関投資家や個人投資家からの買いが入らないためヘッジファンドのやりたいようにやられてしまうという寂しい現状があります。

それでは国内からの買いが入らない根本的な要因がどこにあるのかと考えると、確かに投資に対する理解が乏しいという国民性もその一つに違いはないとは思いますが、もっとも大きな理由は年金、医療、福祉、国の借金などの問題から国民自身が自国の将来に悲観的になっているという悲しい現実にあるのではないでしょうか?現在の日本の経済構造にしても絶好調を維持している企業はほとんど輸出企業ばかりで、給料は上がらないのに物価はドンドン上昇する現実の前では内需は盛り上がりようもありません。一方企業の立場に立ってみると、否応なくグローバルな競争に巻き込まれて商品のコストダウンを迫られ、株価下落で企業買収の危機も現実化する中で投資や配当が優先されて給料が後回しになってしまう実情もあります。これらの責任の一端は間違いなく政治にあるのではないでしょうか?

政治が果たすべき役割の一つとして私が考えるのは、例えば日本がこれから目指す国家像を「金融立国」とか「環境立国」といった分かりやすいイメージで国民に提示し、その実現に向けた具体的な政策を断行していくことです。しかし昨今の道路特定財源や空港外資規制などの対応を見ると、「わが国は半鎖国状態を続けたまま道路建設立国を目指します」と宣言しているように思えてきて悲しくなります。一方で国民にも確実にパラダイムシフト(社会的価値観の大胆な移行)が求められているのだと思います。現在は高度成長時代ではなく、バブル絶頂期でもないのですから、いつまでも道路や新幹線を地元に持ってくる政治家が選ばれるような選挙を続けていると結局は自分自身の首を絞めることになることを深く認識すべきです。今は1,500兆円を超える国民の金融資産があるために財政破綻は何とか回避できています。逆に言うと何とかなっている今の内に政治も国民も思考のハンドルを大きく切る必要があるといえるのではないでしょうか?



関連記事

この記事へのコメント

kage

お問い合わせ

弊社は貴サイト様のアクセスUPのお役に立つと確信した上でご連絡申し上げましたアトムシステム販売と申します。

今回、御紹介するサービスは、貴サイト様の御希望のランキングサイトの順位を短期間に10位以内に上昇、維持させる事が出来るものです。
サービス料金は 4週間 ¥70,000円 となります。
また、お試しとして 1週間 ¥19,800円 のコースもございます。
上記サービスのご利用によって、貴サイト様のアクセスUPが出来、新規顧客様の獲得、ひいては売上の向上のお役にたてると確信をしております。
まずはお試しいただき、手ごたえを実感していただきたいと思います。

アトムシステム販売 担当:岩瀬
050-7505-5647
090-5323-0009
atomhanbai@yahoo.co.jp

Posted at 18:41:47 2008/02/13 by アトムシステム販売 担当:岩瀬

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック