2020 04 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2020 06

ネット証券業界の現状

kage

2008/02/01 (Fri)

以前にもご紹介したとおり、マネックス証券に口座を開設するとJ.P.モルガン社とTIW社のアナリストレポートが読めます。昨日付で公開されたJ.P.モルガンのマネックス・ビーンズ・ホールディングスに関するレポートをチェックしていたところ、中に主要ネット証券の委託売買代金シェアが掲載されていました。これはネット証券業界の現状を知る上で大いに参考になると思いますので、以下にその一部をご紹介させていただきたいと思います(レポートには過去4年分のデータが掲載されていましたが、ここではジョインベスト証券が集計に加わって以降の1年9ヵ月分を抜き出しています)。

リテール委託売買代金に占めるオンライン証券のシェア

 

06/4-6

7-9

10-12

07/1-3

4-6

7-9

10-12

松井

10.6%

10.4%

10.3%

9.0%

8.1%

7.8%

8.3%

楽天

 14.8%

15.5%

14.6%

13.9%

13.8%

13.3%

14.3%

SBIイー・トレード

 30.7%

33.4%

32.5%

31.6%

35.0%

36.3%

38.7%

マネックス

 7.6%

6.8%

6.7%

7.1%

5.8%

 6.7%

 6.7%

カブドットコム

 6.7%

 6.6%

6.3%

6.2%

6.0%

5.9%

6.1%

ジョインベスト

 0.1%

0.8%

1.3%

2.0%

2.8%

3.4%

4.1%


<<ブログランキング参加中>> にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ 人気ブログランキング FC2ブログランキング
このデータを見てまず分かるのはイー・トレードが着々と寡占化に向けて歩みをすすめていることです。また新規参入のジョインベストも魅力あるキャンペーンを武器に確実にシェアを伸ばしていますね。その影響を受けたためか、他の4社は多かれ少なかれシェアを落としています。下落率で比較すると松井がもっとも大きく、次いでマネックスとなっています。単純に比較はできないとは思いますが現在の薄型テレビやDVDレコーダーなどのデジタル家電の市場では、最低でもトップ2に食い込めなければ採算が合わない(=生き残れない)という激しい競争が繰り広げられています。もしこのままイー・トレードが委託売買代金シェアの過半数を占めるような状態になり、ジョインベストが引き続き採算を度外視したようなキャンペーンで体力勝負を挑んで来るとなると、淘汰されてしまうネット証券会社が出てくることも十分に予想されるのではないでしょうか?

このデータで大きくシェアを落とした形になっている松井やマネックスも、もちろん個々に起死回生の秘策を練っていることと思います。個人的に興味があるのは松井では投資信託の取り扱い開始であり、マネックスでは海外ETFの取り扱い準備ですね。ただ両社ともすでに他社が提供しているサービスの後追いでは起死回生にはつながらないと思います。どうせやるなら、私たちがアッと驚くような独自色を打ち出して欲しいものです。例えば松井なら、信用取引を使いこなすアクティブユーザーが多いという特色を生かして、ヘッジファンドの報酬体系のように「当初お約束した運用成績を下回った場合は信託報酬を一切いただきません」というような完全成功報酬制の投資信託はいかがでしょう?マネックスには他社がまだ実現できていない欧州系ETFの取り扱いをぜひ実現していただきたいものです。すでにユーロ建てMMFを取り扱っているので他社と比べてハードルは低いと思うのですがいかがでしょう?さらにぶっちゃけていえば、イー・トレードのように何でも手がける総合サービスとはあえて一線を画し、思い切りニッチ(すきま)を狙ってしぶとく生き残るという手もあります。いずれにせよ競争のない業界には発展はありませんので、ネット証券各社には今後も切磋琢磨を繰り返して私たちにより良いサービスを提供し続けていただきたいものです。

以上、リテール委託売買代金に占めるオンライン証券のシェアを見て思うところを書き連ねて来ましたが、もちろんこのデータだけで安易に全体の流れを推測するのは危険です。今回のレポートにはPER、口座数、売買代金、売買件数などの比較もありますのでマネックス証券に口座を持ちネット証券業界の現状について興味をお持ちの方はご覧になってみてください。



関連記事

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック