2020 02 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2020 04

ジョインベスト証券が専用バランスファンドを設定

kage

2008/01/24 (Thu)

マネックス証券マネックス資産設計ファンドで先鞭を付けた自社専用のローコスト・バランスファンドの分野にSBIイー・トレード証券がより低コストの住信-SBI資産設計オープン(愛称:スゴ6)をぶつけて来たことは記憶に新しいところですが、本日のロイターの報道によると今度はジョインベスト証券が下記のような画期的なバランスファンドで殴り込みをかけるようです。

中央三井アセット、「ジョインベスト・グローバル・バランス・ファンド」を3月3日設定

東京 24日 ロイター:中央三井アセットマネジメントは、ジョインベスト証券専用ファンド「ジョインベスト・グローバル・バランス・ファンド(愛称:投資生活)」を3月3日に設定する。ファンドの詳細は以下のとおり。


<<ブログランキング参加中>> にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ 人気ブログランキング FC2ブログランキング

設定上限額:300億円
分類:追加型株式投資信託/国際株式型(一般型)
投資先
・中央三井日本株式マザーファンド
・中央三井外国株式マザーファンド
・中央三井外国債券マザーファンド
信託期間:無期限
手数料:なし
信託報酬
・純資産総額のうち100億円以下の部分:純資産総額に対し年率0.63%(税込み)
(委託0.315%、販売0.2625%、受託0.0525%)
・純資産総額にうち100億円超の部分:純資産総額に対し年率0.525%(税込み)
(委託0.2625%、販売0.21%、受託0.0525%)
信託財産留保額:0.2%
ベンチマーク: ・中央三井日本株式マザーF:TOPIX(東証株価指数)
・中央三井外国株式マザーF:MSCIコクサイ指数(円ベース)
・中央三井外国債券マザーF:シティグループ世界国債インデックス(除く日本、ヘッジなし・円ベース)
受託銀行:中央三井アセット信託銀行
販売会社:ジョインベスト証券
概略:ファミリーファンド方式、年1回決算


信託報酬の低さもさることながら、このファンドのもっとも画期的なところは純資産総額が100億円を超えると信託報酬を減額することを明記している点です(ただし減額は100億円超の部分にのみ適用されるようですから、おそらく按分で計算するのだろうと思われます)。これまで純資産総額が増えるに従って販売業者の取り分が増えるファンドは数多くありましたが、顧客に還元する仕組みを取り入れた点は高く評価すべきだと思います。

この新ファンドはREITを組み入れていない点や純資産総額が増えると信託報酬が下がる仕組みを採用したことから、おそらくターゲットはセゾン・バンガード・グローバルバランスファンドなのだろうと思います。両者の違いは国内債券の有無ですが、この分野には信託報酬がかからない個人向け国債という選択肢がありますので、あえて組み入れないという判断も十分にありなのではないかと思います。

このように顧客の利益になる形で競争が激化することは大歓迎です。しかし親会社が証券界のガリバーと称される野村證券であり、利益を度外視したような戦法で攻めてくるジョインベスト証券の動向には戦々恐々としているネット証券も多いのではないでしょうか?ただでさえ世界同時株安の影響で日本の株式市場がクラッシュしてしまい、各社とも手数料収入の大幅な減少が予想される時期ですから体力勝負を挑まれると苦しい会社も多いと思います。逆に言えばここがジョインベスト証券の攻めどころともいえるわけで、キャンペーンに釣られて口座を開設した私にとっては次の一手が楽しみです。私の希望としては親会社のシステムをそのまま流用して海外ETFを特定口座扱い可能な形で購入できるようにしてくれれば嬉しいですし、他社に対してもインパクトがあると思うのですが。



関連記事

この記事へのコメント

kage

こんにちは
これは低コストですね。
しかも中央三井のマザーファンドを使っているってのもいい感じ。

Posted at 23:15:10 2008/01/25 by staygold

この記事へのコメント

kage

staygoldさん

コメントありがとうございます。

私のように積極的に新興国に投資している人間にとっては新興国を組み入れないジョインベストの方が良いのかも知れません。しかし今回の円高株安のような局面では国内債券がもっともパフォーマンスが高いという現実を目の当たりにするとセゾンも捨てがたいところがあります。いずれにせよ現時点では詳細の発表待ちですね。

Posted at 00:38:50 2008/01/26 by おやじダンサー

この記事へのコメント

kage

私もこの投信を始めようと思っています。
あと、年金積立エマージングインデックスファンドも興味がありますが、どう思われますか?
中国・インドが伸びると思うなら、寄与率の高いアクティブファンドの方が良いのでしょうか?
投信の初心者で質問ばかりですみません。
私もブログやってます。寄ってみてください。
http://414301.blog19.fc2.com/

Posted at 18:16:28 2008/06/08 by らくちん

この記事へのコメント

kage

らくちんさん

ご質問ありがとうございます。

私のような投機家の意見を参考になさることはあまりおすすめできないのですが、「投資生活」については個人的にこれからの日本株投資に妙味を感じるため短中期的には良い選択ではないかと考えます。しかし長期的には日本株の比率の高さに不安を感じます。

年金積立インデックスファンド海外新興国株式については一般的に非効率とされる新興国の株式でインデックス運用を行うことに私自身は否定的な気持ちを持っています。組入銘柄は玉石混淆で、組入国にはインフレや原油高に耐えられそうにない国も含まれていますので。しかしながらアクティブ運用も諸刃の剣です。私が保有しているHSBCブラジルオープンのように、選択を誤れば運用成績がベンチマークを大きく下回ることもありますから。私は過去の失敗経験から自分自身の投資判断を疑っているところがありますので、キャッシュバックキャンペーンを利用して年金積立インデックスファンド海外新興国株式も少し買ってみようかと思っています。

Posted at 19:48:21 2008/06/08 by おやじダンサー

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック

kage

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ジョインベスト・グローバル・バランス・ファンド #1
JUGEMテーマ:ビジネス もう既に幾つかのブログでご紹介されていますが、ジョインベスト証券が専用の資産分散型バランスファンドを販売するようです。 中央三井アセット、「ジョインベスト・グローバル・バランス・ファンド」を3月3日設定 2008年 01月 24日 17:1...

2008.01.26 (Sat) | rennyの備忘録