2020 03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2020 05

嫌な予感が的中

kage

2007/11/14 (Wed)

昨日のエントリーでご紹介したとおり、本日より投資信託の手数料革命を目指すSBIファンドバンクが営業を開始しました。しかし祈りもむなしく、昨日のエントリーで触れた嫌な予感が的中してしまいました。以下、サイトに掲載されたよくあるご質問から抜粋します。

Q. 私は、既にSBIイー・トレード証券で口座を開いていますが、ファンドバンクで口座を開くことは可能ですか?

A. 申し訳ございません。SBIイー・トレード証券との取り決めにより、既にSBIイー・トレード証券に口座をお持ちのお客様は、弊社を通じて新たに口座を開くことはできないことになっております。


<<ブログランキング参加中>> にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ 人気ブログランキング FC2ブログランキング
SBIファンドバンクが証券仲介業である以上仕方のないこととはいえ、ネット証券最大の顧客数を誇るイー・トレード証券だけに既存の口座と関連付けを可能とするなど、早急に何らかの対策をお願いしたいものです。取り扱い商品の中に魅力的なもの(ノーロードで信託報酬が0.777%の海外株式インデックスファンド:STAMグローバル株式インデックス・オープンなど)があるだけに本当に何とかしていただきたいと思います。どうしても不可能な場合は既存口座を一旦解約することも考えなければならないかも知れません。

追記:残念ながら会員登録のページに以下の記述がありました。

ご注意:ポイント進呈対象者の条件等について

SBIファンドバンク(以下「当社」)のポイント進呈サービスの対象となるには、当社のサービスサイト(以下「当サイト」)を通じてSBIイー・トレード証券に口座を開設していただくことが前提となります。既にSBIイー・トレード証券に口座をお持ちの方が、ファンドバンク会員及びEGサテライト会員にご登録をいただいても、当社のポイント進呈の対象とはなりませんのでご注意ください。

なお、既にSBIイー・トレード証券に口座をお持ちの方は、当サイトを通じて口座を開設することはできません。当サイトで改めて口座開設をご希望の方は、既にお持ちのSBIイー・トレード証券の口座を廃止していただくことが必要となります。


追追記:SBI資産設計オープンを構成するSTAMグローバル株式インデックス・オープンなどのインデックスファンド6種類は普通にイー・トレード証券で購入できるようですね。これらのファンドはSBIファンドバンク経由で購入してもポイント還元の対象外なのでそれほどSBIファンドバンクの口座開設にこだわる必要もないような気がしてきました。それにしてもSBI資産設計オープンの中身をバラ売りするとはなかなか良いアイディアですね。やる気になれば自分に最適なアセットアロケーションでオリジナルの資産設計ファンドを組み立てられますから。



関連記事

この記事へのコメント

kage

サイト管理者さま

『IPO2.0』というホームページを企画・運営させて頂いておりますエグナーズと申します。

投資に関するブログ専用のランキングをトップページに設けました。
みなさまのブログの更新情報をいち早く他のかたへお伝えしたり、投資に関心がある方同士をブログでつなぐお手伝いを
したいと考えています。
登録・参加は全て無料です。フォーム入力後すぐに始めることができます。
今なら1位をねらう事も可能です。
是非ご登録ください。

■サイト名
IPO2.0
■URL
http://ipo-x.com/
■ランキング登録ページ
http://ipo-x.com/modules/yomi/regist_ys.php?mode=new

宜しくお願いいたします。



Posted at 15:24:33 2007/11/15 by エグナーズ

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック