2020 03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2020 05

SBIファンドバンクが明日から営業開始

kage

2007/11/13 (Tue)

相互リンクさせていただいているrennyの備忘録SBIファンドバンク #3というエントリーで知ったのですが、半年以上も前に設立が報道されて以来まったく動きが見えなかったSBIファンドバンクがいよいよ明日より営業を開始するそうです(SBIファンドバンクについては当ブログでも半年以上前の報道時にこちらのエントリーでご紹介しておりました)。

明日から営業開始ならイー・トレード証券のサイトにも何かしら案内があるのではないかと思って探してみると、トップページにSBIホールディングスのリリース投資信託における「手数料革命」を目指すSBIファンドバンク株式会社の営業開始についてへのリンクがありました。SBIファンドバンクが提供するサービスの詳細についてはぜひリンク先のリリースをご確認いただきたいのですが、私としては下記のサービスにもっとも魅力を感じました。

1.大幅なポイント還元の実施
・買付手数料:購入時の手数料の50%をポイント還元
・信託報酬:信託報酬のうち販売会社取り分の20%をポイント還元(但し、信託報酬0.9%(税前)以下の場合は対象外)
・ポイント交換:旅行などのサービスやグルメ商品等と交換可能な他、現金との交換も予定
・ポイント還元対象投資信託数:約130本(当初)


<<ブログランキング参加中>> にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ 人気ブログランキング FC2ブログランキング
ただリリースを読んでいてちょっとした不安も出てきました。それが下記の注意書きです。

実際に取引を開始しポイント還元サービスをご利用いただくためには、SBIファンドバンクでの会員登録の他に、仲介業者であるSBIファンドバンクを通じて新規にSBIイー・トレード証券での口座開設及び、当社子会社でポイントサービスを提供するSBIポイントユニオン株式会社が運営するサービスサイト「EGサテライト」上での会員登録が必要となります。また、ポイント交換は「EGサテライト」上にて行うことが可能です。詳細はHPよりご確認下さい。


私が引っかかったのは上記文中の「新規に」という部分です。この表現を素直に読むと既存のイー・トレード証券ユーザーはSBIファンドバンクのサービスをそのまま使えないのかという一抹の不安が沸いてきます。そういえば投信スーパーセンターの営業開始時にも先に日興コーディアル証券で特定口座を開設していた人は投信スーパーセンターで特定口座が利用できないという話しを聞いたことがありました。これは投信スーパーセンターやSBIファンドバンクはあくまでも証券仲介業であり、仲介先の証券会社では一人で複数の特定口座を開設することができないために起きるトラブルです。現在の口座をそのまま使えて、保有中の投信もそのままでSBIファンドバンクのサービスが使えるのが理想なのですが、そのあたりはどうなるのでしょうか?私の心配が杞憂に終わることを祈りながら明日の営業開始を待ちたいと思います。



関連記事

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック