2017 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 09

三井住友ニューチャイナファインド全数売却

kage

2007/10/18 (Thu)

突然ですが本日、マネックス証券で保有していた三井住友ニューチャイナファンドを、きれいさっぱり、一口残さず、耳をそろえて、売却しました。

NewChina

これまでずっと中国投資に強気を通していた私がなぜこのような行動に出たかといいますと、その理由はズバリ今日が決算前に売却できる最後の日だったからです。三井住友ニューチャイナファンドの過去の分配実績を見ると、好調な運用成績に支えられてか結構大きめの分配が行われています(ちなみに前回は2,400円でした)。つまりこのまま保有を続けると、10月22日の決算日にはこの高値圏で多額の分配金が再投資されることになるわけです。さすがの私もこの水準での再投資にはちょっと二の足を踏むわけで、今回の思い切った決断につながりました。

<<ブログランキング参加中>> にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ 人気ブログランキング FC2ブログランキング
投資信託を使いこなしておられる方ならよくご承知のとおり、複利効果の大きい分配形式の順番は「無分配>分配金再投資>分配金受取」となります。以前私は当ブログで「イー・トレード証券の投資信託は分配金再投資ができないものが多いのが不満である」と書いたこともありますが、現在の中国株のように保有していて怖くなるくらいの急上昇を見せられると、「チャイニーズエンジェルが分配金受取で良かった」と思えてくるから不思議ですね。あと恥ずかしながら今年の日本株の運用成績がまだマイナスなので、この利益で穴埋めをしたかったという隠れた理由があるのは内緒です(分配金でもらうと株の損失と相殺できませんから)。

それにしても昨日のインドの株式への海外資金流入抑制策といい、今日の中国の本土と香港の両方に上場する中国企業の株式の交換を可能にする構想といい、両国は株式市場の過熱を冷ますためには手段を選ばない姿勢を鮮明にしていますね。おかげで今日の上海株は大幅下落となり、昨日の流れを受けていったんは最高値を更新したインド株も引け間際になって急落して大幅なマイナスで終わっています。中国に関しては下記の報道にもあるとおりインフレ抑制のためにも手段を選ばない姿勢も鮮明にしていますので、中国やインドへの投資はしばらくの間、追加・撤退の判断が難しくなりそうですね。

中国、インフレ抑制のため金融政策を引き締める方針=国家発展改革委員会

北京 18日 ロイター:中国国家発展改革委員会(NDRC)の朱之キン副主任は18日、インフレ抑制のため金融政策を引き締めるとの方針を明らかにした。記者団に語った。同副主任は、中国の経済政策にとって物価上昇を抑制することが優先課題だ、との認識を示した。


これまで中国超偏重ポートフォリオで突っ張ってきましたが、今回一部利益確定を実行して肩の荷を少し下ろしてホッと一息というのが偽らざる心境です。新興国投資は自分の欲や暴落の恐怖などが入り交じったプレッシャーとの戦いという面もありますので、一時引き上げた資金は優先的にロシア・東欧とブラジルの補完に回してリスクの分散を図りたいと思います。同じ新興国間での分散だと効果は薄いかも知れませんが多少の気休めにはなると信じています。



関連記事

この記事へのコメント

kage

はじめまして。投資信託は、シティバンクの軍配と、世界のサイフを買っています。素人で買いました。で、次に、どこか、とおもってたら、このニューチャイナファンドが気になりましたが、全部売却されたのですね。いまから、100万円位を購入って、素人がするものではないのでしょうか。アドバイス聞かせてくだされば有難いです。

Posted at 21:10:02 2007/10/27 by オリーブ

この記事へのコメント

kage

オリーブさん

コメントありがとうございます。ただご質問につきましてはオリーブさんの投資目的やリスク許容度などが不明ですので的確なアドバイスができないことを何卒ご了承ください。

三井住友ニューチャイナファンドについては私もすでに買い戻しを始めており、決してファンドの先行きに悲観的になっているわけではありません。だからといって「今から100万円分買って良いか」と聞かれても胸を張ってYesとはとても答えられません。ここからの中国への新規投資はそれほどにハイリスクであることはぜひご理解いただきたいと思います。リスクを承知の上でそれでも新興国投資をお望みであれば、最初はブラジル、ロシア、インド、中国に分散投資するいわゆるBRICsファンドを選ぶのが無難ではないかと思います。

以上、あまり参考にならない意見で申し訳ありません。

Posted at 08:14:56 2007/10/28 by おやじダンサー

この記事へのコメント

kage

アドバイスありがとうございます。目的としましては、自分の年金作りに役立てようかと、思っています。中々、知らないものが、手を出さないほうが、いいのかと、思いつつ。シティーバンクに関してはなにか、コメントありますか?漠然としていて、すみません。

Posted at 14:39:04 2007/10/29 by オリーブ

この記事へのコメント

kage

オリーブさん

投資目的は年金の補完とのことですが、オリーブさんの年金加入状況や残りの支払期間が不明ですと具体的なアドバイスはできかねますので一般論でお許し下さい。

一般的に年金の補完目的であればセゾン投信やマネックス資産設計ファンドのような長期投資に適した投資信託を毎月コツコツと積み立てるのが最も失敗の少ない方法と言えます。また積み立てを行っている期間はなるべく分配金の少ないファンドを選ぶと複利の効果を最大限発揮できて有利です。

シティバンクのサービスにについては申し訳ありませんが詳しくは分かりません。ただ日興コーディアルグループの吸収合併により、積極的にシナジー効果を狙った新しいサービスを行う可能性には大いに期待できると思います。

以上、今回もあまりお役に立てない回答で申し訳ありません。

Posted at 01:24:30 2007/10/30 by おやじダンサー

この記事へのコメント

kage

丁寧なアドバイス有難うございました。
初歩の私には十分なアドバイスです。これからも、ブログ、参考にさせていただきます。ありがとうございました。

Posted at 08:52:06 2007/10/30 by オリーブ

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック